旅行・お出かけ

夏の北海道旅行におすすめ「小樽・積丹(神威岬)」|アクセスと観光スポットまとめ

夏の北海道旅行おすすめスポット「小樽・積丹(神威岬)」|小樽運河夜景

こんにちは、リョウタです(*’ω’*)

今回は夏の北海道旅行おすすめスポット「小樽・積丹(神威岬)」です!

それぞれのおすすめスポットと、アクセスを紹介します。

アクセス|神威岬への公共交通機関はバスのみ!車が無難よ!

f:id:nemuneco-r:20180905202207p:plain

まず札幌~小樽~神威岬それぞれのアクセスをそれぞれ整理して紹介していきます。

新千歳空港・札幌~小樽|新千歳空港から電車1本!札幌からだと高速バスも!

新千歳空港から小樽まではJRで乗り換えなしで行くことができます。
※時間帯によっては札幌で乗り換えが必要な場合もあります。

  • 片道料金:1,780円
  • 乗車時間:1時間25分

札幌から小樽までだと、電車と高速バスが利用可能です。

  • 電車:片道640円 乗車時間45分
  • 高速バス:片道610円 乗車時間58分

30円しか違わないですし、電車のほうが本数が多いので、電車がおすすめです。

車だと

  • 新千歳空港~小樽:約1時間15分(有料区間あり)
  • 札幌~小樽:50分弱

です。

札幌~積丹半島・神威岬|札幌からは車か高速バスの2択!

札幌から神威岬へは車か高速バスを利用して行くことができます。

高速バス|高速しゃこたん号

高速バスは高速しゃこたん号というバスです。
※2018年の運行は4月21日~10月21日までの期間限定

便は朝1本、夕方1本しかないので、実質朝の1本のみです(^_^;)

発着は

  • 9時15分:札幌駅前ターミナル発
  • 12時28分:神威岬着

で、乗車時間は3時間15分です!長いね(笑)

ちなみに神威岬から小樽・札幌方面へは13時42分のみです。

到着から13時42分のバスまでということを考えると、観光に使える時間は1時間強になります。

運賃は2,160円なので、レンタカーを借りることを考えればめちゃ安です!

札幌~神威岬への高速しゃこたん号まとめ

  • 札幌~神威岬の高速バスは朝夕1本ずつのみ
  • 乗車時間は3時間15分
  • 運賃は2160円
  • 観光に使える時間は1時間強
  • 期間限定:4月21日~10月21日

車|お金はかかるが、こっちがいいよ!

札幌から神威岬まで車で

  • 距離:110km
  • 所要時間:約2時間20分

うーん、運転だけで片道2時間以上かー(゜-゜)

ちなみに小樽~神威岬だと片道約1時間30分です。
※すべてGoogleMAP調べ

レンタカー代+高速代+ガソリン代を考えると、料金は高くなります。
しかし片道で1時間近く短縮できますし、何より時間に縛られないのが魅力です。

ということで個人的にはレンタカーがおすすめです!

神威岬~小樽|高速バスか路線バス

神威岬~小樽駅前は高速バスで2時間強です。

札幌からの高速しゃこたん号は小樽からでも乗れますし、そのほかにも路線バスがあり、それも2時間強で神威岬に到着できます。

高速しゃこたん号よりもっと早い時間帯のバスもあるので、小樽に宿泊してから神威岬に向かうと時間に余裕ができます。

夏ダイヤ時刻表ー北海道中央バス

また帰路も小樽へ路線バスが出ていますが、そちらは本数わずかです。

神威岬20/21 積丹線[北海道中央バス] [小樽駅前/札幌駅前バスターミナル方面] 時刻表 – NAVITIME

車なら小樽~神威岬間は1時間23分で 到着できます。

小樽の楽しみ方は散策!レンタサイクルもありです!

f:id:nemuneco-r:20180907231844j:plain

小樽は街並みがとてもきれいで歴史ある建物が多いです。
写真を撮りながら散策すると楽しいですよ。

小樽は坂が多いので、歩きやすい靴は必須です。

レンタサイクル

レンタサイクルもあります。
少し離れたところに行く場合や短時間でまわる場合に便利ですね。

また小樽海上振興公社以外は手荷物の預かりを無料で行っています。

夏期のみの営業している店もあります。
それ以外は寒くて使えないんですかね(笑)

ちゃりんこ・おたる

  • シティサイクル:1時間まで600円
  • ちょいのり:1~3時間1,000円
  • 半日:3~5時間1300円
  • 1日:5~8時間1,600円
  • のり放題(閉店まで):1,900円
  • 返却時間超過1時間ごと500円追加

※シティサイクル大人の値段です。

他にも電動アシストやスポーツバイク、車いすもあります。
それぞれ値段は違うので、気になる方はHPで確認してください。

  • 営業時間:8時~21時(夏季繁忙期)※夏季繁忙期以外は要問合せ
  • 定休日:無休※雨天・冬季は臨時休業の日もあり。要問合せ。
  • 公式サイト:ちゃりんこ・おたる HP トップページ

きたりん

  • A・Bタイプ:2時間まで900円
  • 4時間まで:1,300円
  • 閉店まで:1,800円(18時30分まで)
  • 超過料金1時間ごと400円追加

※Aタイプはコンパクト、Bタイプは普通のシティサイクルです。

電動自転車もあります。
価格は違うのでHPをチェックしてください。

COTARU

  • 1時間:600円
  • 2時間:1,000円
  • 3時間:1,200円
  • 5時間:1500円
  • 1日:1980円(※18年6月24日時点キャンペーン価格)

COTARUの取り扱いは電動自転車です!
ヤマハのPAにこだわって揃えています。
坂が多いのでこれは助かります!

価格も他店のシティサイクル並なのでありがたいですね。

配送・回収のデリバリーも無料で行っています。(※18年6月24日時点)
駅や指定エリア内のホテルにもデリバリー可のようです。

予約は必須のようです。
とはいえ当日予約可!
使うならここがおすすめですね。

小樽海上観光船

  • 2時間まで:500円
  • 1時間ごとに300円追加
  • 1日:2,000円

自転車の種類はHPに記載がないのでわかりませんが、おそらく普通の自転車でしょう。

ここが最安値ですが、場所は小樽運河を超えた小樽観光振興公社になります。
ちょっと遠いですね…。小樽運河だけの観光の人には無意味です。

ここは唯一手荷物の預かりを行っていません。

【スポンサーリンク】

 

小樽のおすすめ観光スポット|レトロな街並みが最大の魅力!

ここからは小樽のおすすめ観光スポットを紹介します。

小樽運河|小樽の顔!昼でも夜でもインスタ映え

f:id:nemuneco-r:20180626181205j:plain

小樽駅を出て、大きい通りをまっすぐ通ると小樽運河に到着します。
小樽といえばここっていうイメージあります。

きれいな運河の歩道の向かいにはレトロな倉庫が並んでいます。
デザイン色とりどりできれいですよ(*^^*)

f:id:nemuneco-r:20180626183155j:plain

運河クルーズもやっています。

料金は昼1,500円、夜1,800円

乗船時間は40分です。

otaru.cc

小樽運河中心部から少し北に歩くと北運河エリア

こちらには観光客は少ないようです。

船が係留されてていい雰囲気ですね(*^^*)

堺町通り商店街|観光客でいっぱい!小樽の魅力が目白押し!

f:id:nemuneco-r:20180626183433j:plain

レトロな街並みが続く通りです。
小樽は最低限、小樽運河とここを押さえればOKです!

おみやげ屋さんやおいしいスイーツのお店がたくさんありますよ( *´艸`)

f:id:nemuneco-r:20180626184313j:plain

北海道物産展でおなじみ六花亭と北菓楼のお店です。

仲良く並んでオシャレな建物ですなー。イートインもやってますよ(*^^*)

ちなみにルタオの写真はありません…。ごめんなさいm(__)m

f:id:nemuneco-r:20180626183310j:plain

堺町通り商店街の端に「メルヘン交差点」というメルヘンなことしか起こらない交差点があります!(嘘)

あと写真はないんですが、小樽硝子のお店「北一硝子」と「オルゴール館」の店内はとても素敵で、見るだけでも楽しめるのでおすすめです(*^^*)
(というか写真撮って良いのかわかんなかった)

北のウォール街|かつての金融街!レトロな建物は存在感抜群

小樽は金融業が栄えていたころにニューヨークのウォール街になぞらえ、「北のウォール街」と呼ばれていたそうです。

レトロな銀行の建築物が立ち並んでいます。
今はカフェやおみやげ物屋さんとして使用されています。

 ニトリ小樽芸術村|小樽の新名所!歴史ある建物でアートを楽しもう

北のウォール街の新名所!ニトリが運営しています。

  • 似鳥美術館(旧北海道拓殖銀行小樽支店)
  • ステンドグラス美術館(旧高橋倉庫)
  • 旧三井銀行小樽支店

この3つで構成されています。

2017年にグランドオープンしたばかりで、ぼくはまだ行ったことはありません。

ステンドグラス美術館は行ってみたいなー。

手宮線跡|鉄道ファン以外もぶらりしよう!

廃線になった国鉄時代の線路「手宮線」。
廃線になった線路ががっつり残ってるのはかなり珍しいらしいですね。

小樽駅正面の通りを小樽運河へ向かって歩いていく途中にあります。
さらっと写真を撮るだけも可ですし、少し散歩してみるのもいいですよ!

f:id:nemuneco-r:20180627004644j:plain

道路にまたがっております。

f:id:nemuneco-r:20180627004827j:plain

ゆったり散歩を楽しめます!

小樽三角市場|食事もおみやげもここでどうぞ!

ここは小樽駅からスグの場所です。

朝に来て朝ご飯、昼に来て昼ごはんでもよし!
帰る前におみやげを買うでもよしです!
海鮮系のおみやげを小樽で買うならここで買うべし!

ちなみに17時で終わりなので時間には注意してください。

f:id:nemuneco-r:20180626223353j:plain

神威岬|ダイナミックな岬と積丹ブルーで感動!

積丹のおすすめはこの「神威岬」一択です!

神威岬では自然の迫力と美しさが見てとれます。
遊歩道の「チャレンカの小路」をたどっていくと、海が広がり、「神威岩」が目の前に現れます。

海はの色は「積丹ブルー」と言われるほどに美しい色で透明度が高くなっています(*^^*)

神威岬はまさに絶景!
これを見ずして死ねない…!

【スポンサーリンク】

 

まとめ|神威岬では自然、小樽はレトロな街並みの美しさを堪能できます!

小樽|小樽運河

神威岬と小樽を観光するならこんな感じで回るのがおすすめです。
移動は車で想定しています。

11時頃に神威岬着
↓観光&昼食
14時頃小樽着
↓観光&夕食
19~20時小樽発

という感じです。そして札幌で夜食を食う(笑)

神威岬で昼食を食べない場合は、13時頃には小樽に到着して、昼食を食べるようにすればいいかと思います。

小樽観光については「小樽運河+堺町通り商店街」はマストであとは好みで足していってください。
ぼくは「小樽運河+堺町通り商店街」とニトリ小樽芸術村と北のウォール街に行けたらいいなー。
あとは時間と体力次第ですね!
ルタオでお茶もしたい!(一人やけど…)

小樽に一日取れば、この観光スポット全部行っても時間あまるかもです(笑)
小樽運河クルーズもできるし、ゆっくりカフェでお茶できますね。

小樽海上観光船「あおばと」に乗るのも楽しそうです!
>>小樽海上観光船「あおばと」 | 小樽海上観光船

小樽積丹のおすすめグルメについては、別の記事にて紹介します。

そんな感じでおわりです!
読んでいただき、
ありがとうございました(*’ω’*)