ガジェット

【初心者向け】ミラーレス一眼カメラの選び方とおすすめ3選!

初心者向けミラーレス一眼カメラの選び方とおすすめ

今回は「初心者におすすめのミラーレス一眼カメラ」についての記事です。

この記事では

  1. 一眼レフとミラーレス一眼カメラの違い
  2. 初心者にミラーレス一眼カメラをおすすめする理由
  3. ミラーレスカメラの選び方
  4. おすすめのミラーレス一眼カメラ

を紹介していきます。

一眼レフとミラーレス一眼カメラの違い

f:id:nemuneco-r:20180715225930j:plain

まずは一眼カメラとミラーレス一眼カメラの違いについてです。

光学ファインダーにレンズから入る光を反射させるための鏡(ミラー)のあるかないか。

これが一番大きい違いです。

f:id:nemuneco-r:20180715101749j:plain

Canon公式HPより引用

一眼レフでは入ってきた光をミラーで反射し、ペンタプリズムを通って光学ファインダーで写りが確認できます。
そして撮影時にシャッターを切ると、鏡が上がってイメージセンサーに光が行く仕組みです。

一方、ミラーレスではセンサーに直接光を当てて、液晶モニターや電子ファインダーで写りが確認できます。

これによって、ミラーレスは

  1. 軽い
  2. サイズが小さい

というメリットを手に入れました。

初心者にミラーレスがおすすめな理由

f:id:nemuneco-r:20180715230057j:plain

 

ミラーレスの

  1. 軽くい
  2. 小さい

という2点はかなり大きいメリットです。

ミラーレスではなく、一眼レフを最初に買って、

  • 重くて大きいから持ち歩かなくなった。
  • 結局ミラーレスやコンデジを買いなおした。
  • もうスマホでいいや。

という人は何人もいます。重くて大きくても最初は持ち歩くのですが、だんだん面倒になってきます。

  • 重たいなー
  • かさばるなー
  • これに替えのレンズも持つってマジ?

こんな風に考えだすと、置物への道を走り出しています。
良くて旅行のお供です。

一眼カメラはエントリーモデルでも5万円前後と大きい買い物。
重くて大きいから、カメラを持ち歩かなくなる、というのは本当にもったいないことです。

お金の問題だけでなく、カメラは本当に楽しい趣味になります。
いずれ一眼レフへ移行するにしても、まずはミラーレスでカメラの楽しさを感じるのがおすすめです(*^^*)

またミラーレスでは設定を変えるとリアルタイムにモニターで反映されるというメリットもあります。
一眼レフだと撮ってみないとイメージ通りに撮れたかわかりません。
撮る前に確認できる分、初心者にはミラーレスの方が使いやすいと言えるでしょう。

ミラーレスカメラの選び方|一番は見た目が大事!

f:id:nemuneco-r:20180715230216j:plain

ぶっちゃけて言うと、ミラーレスの機能はどんどん高性能化しているので各社の違いも少なくなってきています。

その中でも選ぶ目安になる項目がいくつかあります。

  1. サイズ・質量
  2. 価格
  3. 見た目
  4. センサーサイズ
  5. モニター
  6. 手ブレ補正
  7. 連写速度

以上7つを順に紹介していきます。

1.サイズ・質量

繰り返し書いていますが、ミラーレスの最大のメリットは「小さくて軽いこと」です。

初心者のうちは手軽に使えることを重視するのがおすすめ。

持ち運びやすく、バッグでもかさばらないサイズのミラーレスを選びましょう。

2.見た目|持っててうれしい、楽しいカメラを選ぼう

見た目!とにかく見た目が大事です!
正直、これ以外の要素はそこまで違いがありません(笑)

持っててうれしい!楽しい!かわいい!というカメラを選びましょう。

見た目で選んでしまってもそんなに支障はありません。

3.価格|エントリー機は5万円~

あと重要なのは価格です。

各社のラインナップは

  1. エントリー
  2. スタンダード
  3. ミドル
  4. ハイエンド

だいたいこんな感じです。

初心者向けはもちろんエントリー機で5万~8万円くらいの価格帯となっています。
本格的に始めるなら、もう1つ上のスタンダード機(10万~15万くらい)を視野に入れてもいいでしょう。スタンダード機なら機能が十分なので、将来ミドルに買い替えた時にサブ機としても十分使えます。

エントリー機とスタンダード機の違いとしては、連写やオートフォーカスの速さなど、細かく見ると色々ありますが、どれだけ本格的にカスタムできるかが大きいです。

エントリー機はボタンやダイヤルを減らして、簡単に操作・撮影ができます。
一方、スタンダード機はより本格的に自分で設定変更が可能です。

予算やこれから本格的に始めるかどうかで選ぶといいでしょう。

ちなみにぼくはエントリー機から始めて、フルサイズへと買い替えました(・∀・)

その他の目安

  1. サイズ・質量
  2. 見た目
  3. 価格

の3点が重要ですが、これだけだとあまりにザックリしているので、その他の目安も紹介します。

  1. センサーサイズ
  2. 手ブレ補正
  3. 連写速度・オートフォーカス
  4. モニター

以上3点を目安にするといいでしょう。

ちなみに画素数はそれほど気にする必要はありません。
よっぽど大きく引き伸ばして印刷する予定でもなければ、どれでも大きな違いはわかんないです。
もちろん画質にこだわるなら画素数が多いものがいいですが、大きく変わらないなら無視してもOKです。

1.センサーサイズ

イメージセンサーのセンサーサイズはなるべく大きいものを選びましょう。

暗い場面での撮影で差が出てきます。
センサーが大きい方が光を集めやすく、暗い場面でも明るい写真を撮ることができます。

初心者向けのミラーレスカメラのイメージセンサーは

  1. マイクロフォーサーズ
  2. APS-C

この2種類になります。

大きさだけで比較すると、APS-Cの方が大きいです。

各イメージセンサーの特徴は

【マイクロフォーサーズ】

  • ボディとレンズがコンパクト
  • レンズのラインナップが多い
  • 画質は劣る

【APS-C】

  • センサーサイズが大きいので画質が優位
  • 光の取り込み量が多いので、夜景撮影向き
  • 各社のラインナップが多い(オリンパス・パナソニック以外はAPS-C)

APS-Cの方が画質がいいといっても、SNSに投稿するレベルなら気にならない範囲です。

  • コンパクトな方がいいなら「マイクロフォーサーズ」
  • 夜景撮影もたくさんしたいなら「APS-C」

といった決め方でもいいでしょう。

センサーサイズでは「マイクロフォーサーズ」「APS-C」のさらに上に「フルサイズ」が存在しますが、価格がグッと上がります。

マイクロフォーサーズやAPS-Cでも十分綺麗な写真が撮れますし、本格的にカメラにハマってから、欲しくなったらフルサイズに買い換えるのがいいでしょう。

2.手ブレ補正

手ブレ補正が重要な場面は夜景撮影です。
暗くなると光を取り込む時間が必要になるので、シャッタースピードが長くなります。
その分、手ブレをするリスクが上がってしまいますので、手ブレ補正が重要になってきます。

手ブレ補正は

  1. レンズ内で補正
  2. ボディ内で補正

大きく分けてこの2種類です。

レンズとボディのどちらの補正が効くのかは結構難しいです。
ただボディ内補正がかかるカメラなら、レンズ内補正がかかるレンズと相互補完的に使える場合もあるので、選ぶならボディ内補正がかかるカメラがいいでしょう。

またボディ内補正がかかるカメラなら、オールドレンズなどレンズ側に手ブレ補正機能が付いていないカメラでも補正がかかって便利です。

まぁエントリー機ではほぼレンズ対応ですが(^_^;)

3.連写の速さ・オートフォーカス

連写の速さは動くものを撮影する時に重要になります。

お子さんやペットなどの動物をたくさん撮影するなら、気にしたほうがいいでしょう。
逆に風景写真を撮るなら、必要な場面は限られるので、それほど気にしなくても大丈夫です。

また動くものを撮影する上ではオートフォーカスの速さと精度も重要になります。
しかし数字で測れない基準なので、フォーカス範囲や速度などを仕様や口コミで確認しましょう。

4.モニター

ミラーレスカメラの背面には液晶モニターが付いていますが、現行のカメラはほぼモニターが動くカメラです。

動くモニターがあると
ハイアングル・ローアングルの写真が撮りやすい
というメリットがあります。

動くモニターには

  1. チルトモニター
  2. バリアングルモニター

の2種類があり、それぞれ特徴があるので紹介していきます。

【チルトモニター】

  • モニターが上下に動かせる
  • モニターを回転させて自撮りできる機種もある
  • 縦構図の時はあまり役に立たない

【バリアングルモニター】

  • モニターを上下左右に動かせる
  • 縦構図でも見やすい
  • ビデオカメラの様にモニターを開いて使える
  • ヒンジがチルトに比べて壊れやすい

今のミラーレスカメラにはどちらかのモニターがついています。
チルトでもモニターが180°回転して自撮りができる機種、できない機種がありますし、バリアングルでも機種によって開き方が違うので、しっかり確認しましょう。

実際にカメラを使い出すと、地面スレスレから写真が撮ることもあるので、縦構図でも使いやすい「バリアングルモニター」の方が使いやすいです。

またモニターがタッチ液晶になっていて、液晶をタッチすることでピントを合わせるなど、操作ができるカメラもあります。
スマホに慣れている方ならタッチ液晶モニターのカメラの方が使いやすいでしょう。

 

おすすめのミラーレス一眼カメラ

f:id:nemuneco-r:20180715230506j:plain

ここからは各社のエントリー機の比較とおすすめのカメラを紹介していきます。

ただスタンダード機相当の機種が値下がりしてきているので、機能的には混在する形です。

おすすめのエントリー機|OM-D E-M10 Mark3

まず今回比較した機種の表が以下になります。

機種 オリンパス

OM-D E-M10 MarkⅢ

Canon

Eos Kiss M

富士フィルム

X-T100

ソニー

α5100

パナソニック

LUMIX
DC-GF10/GF-90

平均価格
(価格ドットコム調べ)
本体:5万8,043円

レンズキット:5万9,393円

ダブルズームキット:7万4,800円

本体:7万1,750円

レンズキット:8万2,218円

ダブルズームキット:9万4,431円

本体:5万365円

レンズキット:6万1,057円

ダブルズームレンズキット:7万3,600円

本体:4万5,973円

パワーズームレンズキット:5万2,022円

ダブルズームレンズキット:6万1,679円

ダブルレンズキット:7万2,454円
サイズ(幅×厚み×高さ/mm)・重さ 121.5×49.5×83.6・410g 116.3×58.7×88.1・387g 121×47.4×83・448g 109.6×35.7×62.8・283g 106.5×33.3×64.6・270g
センサー マイクロフォーサーズ APS-C APS-C APS-C APS-C
手ブレ補正 ボディ内対応
(5軸/4段)
レンズ対応 レンズ対応 レンズ対応 レンズ対応
連写 約4.8コマ/秒 約7.4コマ/秒 約6コマ/秒 約6コマ/秒 約6コマ/秒
オートフォーカス
画素数 約1605万画素 約2410万画素 約2424万画素 約2430万画素 約1600万画素
モニター チルト・タッチ対応 バリアングル・タッチ対応 3軸チルト・タッチ対応 チルト・タッチ対応 チルト・タッチ対応
スマホ連携 Wi-Fi Wi-Fi、NFC、Bluetooth Wi-Fi、Bluetooth Wi-Fi、NFC Wi-Fi

以上と各機種の機能などを踏まえて、ぼくがおすすめするミラーレスカメラ・エントリー機はオリンパスの「OM-D E-M10 MarkⅢ」です。

スタンダード機が値下がりしてきて、ダブルズームレンズキットで7万円台という安さになったミラーレスです。
特に手ブレ補正がボディ内補正で、上位機種と同等なほど強力。
オートフォーカスもAFエリアが広く、精度が高いです。

またアートフィルターが人気で、様々なフィルターで印象的な写真を手軽に取ることが可能。
カメラ内でライブコンポジット(星や車のライトの光跡を合成して線で撮る)や2枚の写真を重ね合わせる多重露光など、高機能です。

気になるのはAF追従時に連写が4.8コマ/秒と少し少ないこと。

とはいえ風景や人物写真では十分ですし、夜景でも手ブレ補正が強力なので、三脚なしでも綺麗な写真が撮れますよ(・∀・)

次点はEos Kiss MとX-T100

次におすすめなのはCanonの「Eos Kiss M」。

各機能のバランスが取れており、ボディは小さいですが右手でしっかりグリップできる持ちやすい形をしているので、使いやすいカメラとなっています。

またオートフォーカスは検知範囲く、瞳に正確にピントを合わせる瞳AFが搭載されており、液晶にタッチするとスグにピントが合う優れもの。
連射速度もAF追従で7.4コマ/秒と、エントリー機では十分です。

欠点としては価格が比較的高いことと充電がUSB充電に対応していないことです。モバイルバッテリーなどで充電ができないので、予備のバッテリーが必須となります。
またレンズのラインナップが少なめで、将来的に増えるかも不透明なのも不安材料ですね。マウントアダプターを使えば、使えるレンズが70本以上増えるので、あまり考えなくてもいいかもですが。

E-M10 MarkⅢが連写に不満があるので、子供やペットなど、動くものを撮ることが多いなら、Eos Kiss Mを選ぶのがいいでしょう。

おすすめのスタンダード機|α6400

スタンダード機は圧倒的にSONYの「α6400がおすすめです。

機能 α6400
平均価格
(価格ドットコム調べ)
本体:11万1,031円

パワーズームレンズキット:12万1,355円

ダブルズームレンズキット:13万4,513円

高倍率ズームレンズキット:15万198円

サイズ(幅×厚み×高さ/mm)・重さ 120×59.7×66.9・403g
センサー APS-C
手ブレ補正 レンズで対応
連写 約11コマ/秒
オートフォーカス
画素数 約2420万画素
モニター チルト・タッチ対応
スマホ連携 Wi-F、NFC、Bluetooth

0.02秒の高速AFや高速・高精度な「リアルタイム瞳AF」「リアルタイムトラッキング」機能搭載などなど、スタンダード機には高機能過ぎる機能がぶち込まれています。
連写は11コマ/秒となかなかの速さで、瞳AFは犬猫にも対応。
モニターはチルトながら、上方向に180°回転するので、自撮りもしやすいです。

気になるのはファインダーが左上端にあること。
個人的にはちょっと好みじゃないですが、これは意見が分かれるところです。

フルサイズに買い替えたりした後でもサブ機として十分使えます。
エントリー機では満足できない、もうちょい行きたいならおすすめですよ。

まとめ|カメラがあると楽しいよ!

f:id:nemuneco-r:20180715230632j:plain

カメラは持っていて楽しい!うれしい!っていうのが大事です(*^^*)

とりあえずお伝えしたいのは、カメラは楽しいってことです!

スマホでの撮影も今はかなりきれいに撮れますが、やはり一眼カメラのほうが簡単にボケが強かったり、本格的な写真が撮れます。
自分のカメラでいろいろ設定して、イメージ通り・イメージ以上の写真が撮れたときはほんとにうれしいですよ(*^^*)

カメラを通して、色んな人と知り合えるのも魅力ですが、ぼくのような超人見知りで、なかなか知り合えなくても大丈夫です。
カメラがあれば、1人でどこかへ行くことへの抵抗も減りますよ(*’ω’*)
1人でも花や花火を撮りに行きますし、観光地へフラフラっと行くようになりました。
1人でも寂しくないですよ(笑)

カメラと一緒に買うといい周辺機材とアクセサリーもまとめましたので、こちらもあわせて読んでいただけると嬉しいです(*^^*)

カメラ機材・アクセサリ
【初心者向け】カメラと一緒に買うべき周辺機材とアクセサリカメラを買ったら必要になる、もしくはあると便利な機材とアクセサリをまとめました。 カメラ購入後スグに必要なもの、後々でOKなものに分けて紹介しています。...

そんな感じでおわりです!
読んでいただき、
ありがとうございました(*’ω’*)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA