ガジェット

【2018年版】初心者におすすめのミラーレス一眼カメラ5選!

初心者向けミラーレス一眼カメラの選び方とおすすめ

今回は「初心者におすすめのミラーレス一眼カメラ」についての記事です。

この記事では

  1. 一眼レフとミラーレス一眼カメラの違い
  2. 初心者にミラーレス一眼カメラをおすすめする理由
  3. ミラーレスカメラの選び方
  4. おすすめのミラーレス一眼カメラ

を紹介していきます。

1.一眼レフとミラーレス一眼カメラの違い

f:id:nemuneco-r:20180715225930j:plain

もうミラーレス一眼カメラが一般化しているので、ここはざっくり説明します。

光学ファインダーにレンズから入る光を反射させるための鏡がない
これが一番大きい違いです。

一眼レフでは入ってきた光で反射し、ペンタプリズムを通って光学ファインダーで写りが確認できます。
ちなみにシャッターを切ると、鏡が上がってイメージセンサーに光が行きます。

ミラーレスではセンサーに直接光を当てて、液晶モニターや電子ファインダーで写りが確認できます。

f:id:nemuneco-r:20180715101749j:plain

Canon公式HPより引用

これによって、ミラーレスは

  • 重さが軽い
  • サイズが小さい

というメリットを手に入れました。

2.カメラ初心者にはミラーレスがおすすめ!

f:id:nemuneco-r:20180715230057j:plain

ミラーレスの軽くて、小さいというメリットはかなり大きいです。
一眼レフと比較すると軽くて小さいので、持ち歩きやすく、旅行にも持って行きやすい。

一眼レフを最初に買って、

  • 重くて大きいから持ち歩かなくなった。
  • 結局ミラーレスやコンデジを買いなおした。
  • もうスマホでいいや。

という人は何人もいます。
重くて大きくても最初は持ち歩くんですが、だんだん面倒になってきます。

  • 重たいなー
  • かさばるなー
  • これに替えのレンズも持つってマジ?

こんな風に考えだすと、置物への道を走り出しています。
良くて旅行のお供です。

一眼カメラはエントリーモデルでも5万円前後と大きい買い物です。
重くて大きいから、カメラを持ち歩かなくなる、というのは本当にもったいないことです。

お金の問題だけでなく、カメラは本当に楽しい趣味になります。
いずれ一眼レフへ移行するにしても、まずはミラーレスでカメラの楽しさを感じてください(*^^*)

3.ミラーレスカメラの選び方|一番は見た目が大事!

f:id:nemuneco-r:20180715230216j:plain

ぶっちゃけて言うと、ミラーレスの機能はどんどん高性能化しているので各社の違いも少なくなってきています。

その中で選ぶポイント

  1. センサーサイズ
  2. モニター
  3. 見た目

の3つを順に紹介していきます。

3-1.センサーサイズ|なるべく大きく!APS-Cのカメラがおすすめ

イメージセンサーのセンサーサイズはなるべく大きいものを選びましょう。

暗い場面での撮影で差が出てきます。
センサーが大きい方が光を集めやすく、暗い場面でも明るい写真を撮ることができます。

初心者向けのミラーレスカメラのイメージセンサーは

  • マイクロフォーサーズ
  • APS-C

この2種類になります。

各イメージセンサーの特徴は

マイクロフォーサーズ

  • ボディとレンズがコンパクト
  • 画質は劣る

APS-C

  • センサーサイズが大きいので画質が優位
  • 各社のラインナップが多い(オリンパス・パナソニック以外)

この2つのさらに上に「フルサイズ」があるのですが、価格がグッと上がるので、本格的にカメラにハマってからがいいでしょう。

3-2.チルト・バリアングルモニター|自撮りができるミラーレスカメラもあり〼

チルトモニター、バリアングルモニターというのが何かというと、液晶モニターが動くモニターであるということです。

動くモニターがあると
ハイアングル・ローアングルの写真が撮りやすい
という利点があります。

以下、それぞれのモニターの特徴です。

チルトモニター

  • モニターが上下に動かせる
  • 縦構図の時はあまり役に立たない
  • モニターを回転させて自撮りできる機種もある

バリアングルモニター

  • モニターを上下左右に動かせる
  • 縦構図でも見やすい
  • ビデオカメラの様にモニターを開いて使う
  • ヒンジがチルトに比べて壊れやすい

今のミラーレスカメラにはどちらかのモニターがついています。
チルトでもモニターが180°回転して自撮りができる機種、できない機種がありますし、バリアングルでも機種によって開き方が違うので、しっかり確認しましょう。

3-3.見た目|持っててうれしい、楽しいカメラを選ぼう

これ!とにかくこれが大事!!
これ以外の要素はあんまり違いがありません(笑)

持っててうれしい!楽しい!かわいい!というカメラを選びましょう。
見た目で選んでしまっても支障はありません。

ちなみに画素数は気にする必要はありません。
よっぽど大きく引き伸ばして印刷する予定でもなければ、どれでも違いはわかりません。

またレンズの数も気にする必要はありません。
時間が解決しますし、アダプターを使用することでも解決できます。

 

おすすめのミラーレスカメラ5選

f:id:nemuneco-r:20180715230506j:plain

タイトルに書いちゃってますが、ぼくはソニーが好きです。
カメラに限らずスタイリッシュなデザインの家電製品にゾッコンです(*^^*)
でもここでは、きちんと各メーカーのカメラも紹介していきます。

SONY|α5100

ソニーではこの「α5100」を推してます!

  • 重量:285g
  • センサー:APS-C
  • モニター:チルト式(自撮り可)/タッチパネル

モニターがタッチパネルになっていて、スマホ感覚で使えます!
モニターを見ながらピントを合わせたいところをタッチすると写真が撮れます。

また自撮り用にモニターを上方向に180°回すと自動で3秒セルフタイマーになります。
これが地味に便利。
カメラを片手で逆に持ってシャッター押すのはわりと面倒なんで(笑)

何も考えずに始めるにはおすすめの一台です!

富士フイルム|X-A5

  • 重量:361g
  • センサー:APS-C
  • モニター:チルト式(自撮り可)/タッチパネル

このカメラでおすすめなのはキットのレンズです。
電動ズームレンズなんですが、5cmまでの接写が可能。
通常、接写にはマクロレンズを購入する必要があります。
他のカメラについている標準ズームレンズの場合、近すぎるとピントが合いません。

それを考えるとかなりお得なレンズキットになります。

Canon EOS Kiss M

  • 重量:387g
  • センサー:APS-C
  • モニター:バリアングル式/タッチパネル(ピント調整のみ)

グダグダだったキャノンのミラーレスでやっといいのが出た!って感じです。

一番はAFが優秀です!
検知エリアが広いですし、動体にも強いので、簡単にきれいにピントがあった写真が撮れますよ。

バリアングル式のモニターなので、上下左右に動かせるのも便利です。

あと、これは電子ファインダーがついているので本格的に撮れます!
明るい場所だとモニターは反射して見づらくなることがありますが、電子ファインダーだとしっかり見て撮れるのでおすすめです。

Panasonic|Lumix GF10

  • 重量:270g
  • センサー:マイクロフォーサーズ
  • モニター:チルト式(自撮り可)/タッチパネル

このカメラはめちゃかわいいです!
カラーバリエーションが3種類。
男性でもブラックがカッコいいのでおすすめです(*^^*)

カメラ内で比較名合成なんかもできてやたら多機能。
フィルター機能も22種類とそんなに使うか!?ってほどです(笑)

個人的におすすめの機能は「撮影設定リセットボタン」です。
設定をどう変えたかわからなくなったら、これを押すと元に戻ります。
設定の戻し忘れは、何度もあるので、一発で全部戻るのはありがたいです。

ちなみにGF10とGF90は流通チャンネルが違うだけで仕様は同じです。

オリンパス||PEN E-PL9

  • 重量:380g
  • センサー:マイクロフォーサーズ
  • モニター:チルト式(自撮り可)/タッチパネル

個人的に一番かわいいと思う機種です!
いや、ほしいなー。

これはカメラの機能も平均的に高いんですが、
「カメラボディ内での手ぶれ補正機能」
がついています!

エントリーモデルではレンズ側に手ぶれ補正がついている場合が多いんですが、ボディ側にあるとレンズ側に補正がついてなくても手ぶれ補正がかかります。

「アドバンスフォトモード」では
星空の軌跡や車のライトを線で撮れる機能

2枚の写真を合成する多重露光
など、簡単にプロっぽい写真が撮れます!

またスマホだけでカメラ内の画像を閲覧・転送できるのも便利です。
だいたいのミラーレスではカメラ側でも操作しないといけないので、かなり手軽ですよ(*^^*)

まとめ|カメラがあると楽しいよ!ひとりでもさみしくない(笑)

f:id:nemuneco-r:20180715230632j:plain

カメラは見た目で入っちゃえばいいですよ。
持っていて楽しい!うれしい!っていうのが大事です(*^^*)

とりあえずお伝えしたいのは、カメラは楽しいってことです!

スマホでの撮影も今はかなりきれいに撮れますが、やはり一眼カメラのほうが簡単にボケが強かったり、本格的な写真が撮れます。
自分のカメラでいろいろ設定して、イメージ通り・イメージ以上の写真が撮れたときはほんとにうれしいですよ(*^^*)

カメラを通して、色んな人と知り合えるのも魅力ですが、ぼくのような超人見知りで、なかなか知り合えなくても大丈夫です。
カメラがあれば、ひとりでどこかへ行くことへの抵抗も減りますよ(*’ω’*)
ひとりでも花や花火を撮りに行きますし、観光地へフラフラっと行くようになりました。
ひとりでも寂しくないですよ(笑)

そんな感じでおわりです!
読んでいただき、
ありがとうございました(*’ω’*)