ガジェット

旅行におすすめ!小型・軽量のカメラ用三脚|選び方とおすすめ三脚5選

おすすめの旅行用三脚

「旅行に持っていける、小型で軽量の三脚はどれを選んだらいいんだろう」と悩んでいませんか?

この記事で紹介する「旅行用三脚の選び方」を実践すると、あなたにピッタリな三脚を見つけることができます。

この記事では、旅行用三脚の選びのポイントを5つ紹介し、その上でぼくがおすすめする旅行用三脚もご紹介します。

初心者の最初の三脚にもおすすめの選び方ですよ。

旅行用三脚で重要なのは縮長と重量、高さ

旅行用三脚の選び方

旅行用三脚を選ぶ上で需要なポイントは

  1. 縮長(たたんだ時の長さ)
  2. 重量

この2点です。

なぜなら旅行では、カメラ用品以外にも着替えなどのたくさん荷物を持ち運びます。
できるだけコンパクトで軽い三脚があると、持ち運びに便利ですよね。

それに加え、ある程度の「高さ」がある三脚を選ぶようにすると、撮影がしやすくなります。
旅行先で塀や柵より三脚が低いから撮影ができなくなると、悲しいですよね(^_^;)
そういったことを防ぐためにも十分な高さがある三脚を選ぶようにしましょう。

旅行用三脚の選び方

旅行用三脚の選び方

次に旅行用三脚を選ぶポイントを5つ紹介します。

  1. 縮長(たたんだ時の長さ)
  2. 高さ
  3. 重量
  4. 耐荷重
  5. 価格

以上の5つです。

では順番に紹介していきます。

1.縮長(たたんだ時の長さ)

一番重要なのはこの縮長(ちぢみちょう)です。
縮長は三脚を畳んだ時の長さのことです。

縮長の目安は縮長60cm以下です。
これは飛行機の機内持ち込み可能なサイズで、60cmを超える三脚は持ち込みできません。

参考:機内持ち込み手荷物の注意点(三脚やライターなど) | ご旅行の準備 [国内線] | ANA

目安として60cmを提示しましたが、たたんだ状態で60cmというのは、まだまだ大きいです。
バックパック・リュックサックに入るサイズを選んでおくと、盗難・紛失のリスクが下がるので、できるだけ縮長が小さいな三脚を選びましょう。

2.重量

次は三脚の重量です。
当然、持ち運びには軽いほうが助かりますね。

それ以外にも、飛行機の手荷物機内持ち込みに重量制限に引っかからないよう、できるだけ軽い三脚があると助かります。
特にLCCを使う方は気をつけましょう。
春秋航空は5kgまでの重量制限と厳しくなっていますので、できるだけ軽い三脚を選びたいところです。

重さの目安は1.5kg以下
個人的には1.5kgくらいで限界です(^_^;)
あとで紹介するおすすめの三脚もすべて1.5kg以下にしています。
ぼくは1kgちょっとの三脚をカバンに入れて持ち運んでいますが、そこそこ重さを感じます。

2kgになると、かなり重いです。
以前2kgのPCを仕事用のカバンに入れていましたが、手がちぎれるかと思いました(^_^;)
旅行で長く持ち歩いたり、山登りをする人なんかは2kgだとかなりキツイですよ。

2-1.材質

重さに絡めて三脚の材質にも触れておきます。

三脚の材質は大きく

  1. カーボン
  2. アルミ

の2種類です。

材質として優れているのはカーボンになります。

一番の違いは軽さです。
同じ大きさの三脚なら、カーボンのほうが断然軽くなっています。

また振動吸収率がたかい、寒い場所ではアルミほど冷たくならないというメリットもあります。

ですがその分、価格が高いです。

最近ではリーズナブルなカーボン製も出てきているので、三脚はカーボン製が主流になっています。
材質としてはカーボンのほうが優れているので、お財布が許すなら、カーボン製を買うのがおすすめです。

ですが、旅行用の三脚はまだまだアルミ製が主流です。
後ほど紹介するおすすめも基本アルミ製になります。

ぼくはお財布が許さないので、アルミ製を使ってます(^_^;)

3.高さ

アイレベル(目線の高さ)以上の三脚を使うと、撮影が楽になります。
自分の目線よりも低い三脚だと、ファインダーを覗き込むには中腰の姿勢になる必要があります。
中腰の姿勢での撮影はなかなか厳しいです(^_^;)
ぼくは中腰だと足腰がプルプル震えてきます(笑)

また低すぎる三脚だと、
「あ、塀が下に入っちゃう…」
みたいな悲しいことがありえます(笑)

この高さなら絶対大丈夫!とはなかなか言えませんが、最低でも135cm以上はほしいところです。

4.耐荷重

耐荷重は「ここまでの重さの機材を載せても使用できる」という目安になります。
使用するカメラとレンズでどれだけの耐荷重が必要になるのかがわかると思います。

耐荷重については「自分の使用している機材の2~3倍の耐荷重の三脚」を使うといいと言われています。

ただし、この耐荷重は全メーカー統一された規格ではないので、直接比較するのは難しいです。

ということで、次に耐荷重以外で安定性の目安になるものを紹介していきます。

4-1.脚径

脚径は三脚の脚の太さです。

三脚の安定性の面では脚径が重要で、基本的には脚が太ければ太いほど、安定性は高まります。

大きさごとに分類すると

  • 20~25mm:小型三脚
  • 26~33mm:中型三脚
  • 34~42mm:大型三脚

このようになり、旅行用は小型に分類されます。
ミラーレスや一眼レのエントリーモデルなら小型三脚でも十分使用できます。

4-2.段数

段数も安定性の目安になります。

段数が少ないほど、安定性は高いです。
ですが、段数が少ないほど、携帯性は下がります。

三脚は3~4段が一般的ですが、旅行用三脚は携帯性を重視しますので、段数はさらに多いものもあります。

おすすめの旅行用三脚はこの5つ

旅行用三脚の選び方

独断と偏見で選んだおすすめの三脚が下の5つです。

メーカー manfrotto velbon slik SIRUI amazon
型番 MKBFRA4 UT-43 L100 T-005KX
+C-10S
ベーシック
価格 18,057円 15,932円 16,517円 9,480円 8,958円
縮長 41cm 26.8cm 41.7cm 33.5cm 31cm
高さ 144cm 154cm 154.3cm 139cm 135.5cm
重量 1.4kg 1.08kg 0.98kg 1.03kg 1.11kg
推奨耐荷重 4kg 2kg 1.5kg 4kg 3.6kg
最大脚径 22.5mm 24mm 20mm 22mm 23mm
段数 4段 6段 4段 5段 5段
材質 アルミ アルミ アルミ アルミ カーボン

以下で個別に三脚を紹介していきます。

Manfrotto befree MKBFRA4

持っているだけで満足できる、ブランド力があるメーカー「Manfrotto」の三脚です。

見た目もカッコいいし、耐荷重も4kgと十分です。

値段は他と比べ高い印象ですが、作りがしっかりしており、安定感も問題ありません。

値段で迷うなら、これにしておくのがおすすめです。
製品の作りが良いので長く使えるし、カッコいいので周りから「おっ」と思ってもらえますよ(*^^*)

created by Rinker
マンフロット
¥22,790
(2019/07/21 17:36:30時点 Amazon調べ-詳細)

Velbon ULTREK UT-43

驚異的な縮長が特徴の三脚です。
この縮長ならカバンの中にも十分入ります。

ロックの方式がウルトラロックという独自の方式で、ぼくは三脚を伸ばす動画を見てほしくなりました(*^^*)

慣れないと、伸ばした脚がしっかりロックされないこともあるようですが、かなりスピーディーに三脚の組み立てと片付けができるようになります。

もし耐荷重に不安があるなら、UT-43DⅡという型違いがあるので、そちらも比較してみてください。
耐荷重は3kgに上がりますが、価格と重さ、縮長も上がります。

SLIK エアリー L100

最も軽い三脚ですが、耐荷重が1.5kgと少し頼りない印象です。

とはいえ1kgを切る軽さは魅力的で、登山をする方など、できるだけ荷物を軽くしたい人におすすめです。

SIRUI T-005KX+C-10S

最もコスパのいい三脚です。

この三脚はセンターポールが外せるので最低高19.5cmとめちゃ低くなるのが魅力です。

耐荷重4kgはホントかな?と思います(^_^;)
最も高いところにすると不安があるので、高さに問題がない場所なら、センターポールを外すほうが安定します。

Amazon ベーシック

高さは135.5cmと紹介した中では物足りないです。

ですがカーボン製で耐荷重もあり、何より価格がやさしい三脚です。

まとめ|旅行にも三脚を持っていこう

旅行用三脚の選び方
  • 縮長、高さ、重量、耐荷重、価格を基準に選ぼう
  • 旅行用の三脚は縮長と重さが特に大事
  • 初めての三脚にもおすすめ

三脚を旅行に持っていくのは、重いし、かさばるしで結構面倒です。

ですが旅行にも三脚を持っていくと、撮れる写真のバリエーションが増え、旅行と写真がもっと楽しくなります。

紹介したポイントを検討して三脚を選ぶと、自分に合った旅行用の三脚を選べます。
面倒な方は今回紹介している三脚の中から選ぶと、軽くて運びやすくコスパのいい三脚が手に入りますよ。

そんな感じで終わりです!
読んでいただき、
ありがとうございました(*’ω’*)