レビュー・紹介

おすすめGoPro(ゴープロ)レンタルサービス4社を比較!それぞれの特色を詳しく紹介

おすsめGoPro(ゴープロ)レンタルサービス比較

旅行やアウトドアなどで、一眼カメラやミラーレスでは撮れない写真や動画を撮れるGoPro(ゴープロ)
近年とても人気があるカメラなので、気になる方も多いかと思います。

しかし購入するとなると、安い機種でも3万円ほどかかってしまいます。
しかも、いざ買ってみてほとんど使わないとなったらスゴくもったいないですよね。

そこで便利なのがレンタルサービスです。

レンタルサービスなら買うよりずっと安く押さえられますし、使う時だけ借りればいいので、管理やメンテナンスの手間もありません。

この記事ではおすすめのGoPro(ゴープロ)のレンタルサービス4社を比較・検証していきます。

比較するのは以下の4社。

  1. Rentio(レンティオ)
  2. rentry(レントリー)
  3. モノカリ
  4. KARICO(カリコ)

この4社を選定した理由は、GoProだけでなく周辺アクセサリーとのセットがあるサービスだからです。

DMMいろいろレンタルなど他にもGoProのレンタルを行っているサービスはありますが、同等の周辺アクセサリーを足していくと完全に金額オーバーするので除外しました。

それぞれのサービスに特徴があるので、ご自身に合ったサービスを選ぶ参考になれば嬉しいです(*’ω’*)

ちなみにそれぞれのサービスではGoPro以外のレンタルも行っています。

そもそもGoPro(ゴープロ)とは

おすすめGoPro(ゴープロ)レンタル比較

GoProはアクションカメラと言われるジャンルのカメラです。
自転車やスノボなどアクションスポーツの動画撮影で使われます。

例えばGoProで撮影すると

 

この投稿をInstagramで見る

 

GoProさん(@goprojp)がシェアした投稿

こんな写真や

 

この投稿をInstagramで見る

 

GoProさん(@goprojp)がシェアした投稿

こんな写真が撮れますよ!

頑丈で防水性があり、手のひらに収まるくらい小型のカメラなわりに高画質・高精細な動画や写真が撮れるとあって、旅行やイベントなどにおすすめのカメラです。

GoPro(ゴープロ)のアクセサリーは必要?

下で紹介する4社にはGoProとアクセサリーのセットがあると書きましたが、そもそもアクセサリーは必要なのでしょうか。

結論から言うと、ある方が便利なのは間違いありません。

各社のセット内容は大体似通っていて、本体と以下のアクセサリーが入っています。

  1. 防水ハウジング(サービスによっては本体に付属)
  2. 3way(アーム/グリップ/三脚)カメラアーム(※モノカリは自撮り棒)
  3. 予備バッテリー
  4. microSD(サービスによっては本体に付属)

microSDは言わずもがな、旅行などでは予備バッテリーは必須ですし、3wayアーム(自撮り棒)があると色々撮影しやすいです。
また水中撮影の予定がなくても、万が一の水没に備えて防水ハウジングがあると保険になります。

本体だけでレンタルしてもいいのですが、ある程度アクセサリーを揃えておくのがおすすめです。

GoPro(ゴープロ)レンタルサービス4社を比較

おすすめGoPro(ゴープロ)レンタル比較

Rentio(レンティオ)|TVCMも公開する大手!

おすすめGoPro(ゴープロ)レンタル比較

Rentio(レンティオ)はこの4つのサービスの中で唯一TVCMを打っているサービスです。
メディアの掲載も多く、16万件以上の貸出実績もあり、高い評価を受けています。
商品はすべて毎回動作確認とクリーニングを行っているので安心です。

保証については商品に無料の保証プランが付いています。
過失がない場合はレンティオが負担。
過失がある場合も最大2,000円の請求のみと、万が一の場合にも安心の内容です。
※修理が不可能な場合は実費負担になります。

レンタル価格はカリコには劣るものの、モノカリと同程度。
初回利用者はLINE@に登録すると10%クーポンを配布しています。(2019年12月31日まで)

もちろん貸出・返却時の送料は無料。
借りるときは自宅かホテル、返却はコンビニでできるので、とても使いやすくなっています。

またGoPro以外にも1,000種類以上の商品をレンタルしている大手です。
実績も豊富で利用者からの評価も高くなっています。

大手で安心してレンタルしたいという方におすすめです!

【公式サイト】Rentio(レンティオ)

rentry(レントリー)|セットが豊富

おすすめGoPro(ゴープロ)レンタル比較

rentry(レントリー)は種類豊富にカメラのレンタルを行っているレンタルサービスです。

GoProでは多彩なセットを用意。

  1. 初心者セット
  2. 水中撮影セット
  3. 星空撮影セット
  4. スキー・スノーボードセット
  5. 自転車・バイクセット
  6. スタビライザーセット

と用途に合わせたアクセサリーが付属したセットが用意されています。

ただレンタル料金は少しお高め。
他サービスと比べて大体+1,000円となっています。

貸出・返却時の送料は無料。
コンビニで返却可なので、使い勝手がいいです。

保証内容は過失なしの場合はレントリー負担。
過失ありの場合は利用者負担となっています。
負担金額は最大本体料金です。

レントリーは多彩なセットで、他にはないアクセサリーが用意されています。
他では借りれない物もあるので、自分に合う用途のセットがある方におすすめです。

【公式サイト】rentry(レントリー)

モノカリ|空港受取・当日レンタルが便利!

おすすめGoPro(ゴープロ)レンタル比較

モノカリ

  1. 2泊3日からレンタル可能
  2. 空港受取可能
  3. 新宿店舗で当日レンタル可能

と他のサービスにはない独自のサービスが魅力です。

他のサービスでは3泊4日からのレンタルになっている分、2泊3日は短期間レンタルをしたい方には嬉しいポイントです。

さらに空港で当日に受け取れるので、他のレンタルサービスと比べると実質+1日分お得になります。
GoProの場合はレターパックですので、それほどかさ張りません。

また新宿店舗では当日レンタルも可能で、最短2時間後には新宿店舗で受け取ることができます。

価格はカリコには劣るものの、レンティオと同等。
新宿店舗限定ですが、当日レンタルの1泊2日だと支払う金額は最安値です。

貸出・返却時の送料は無料。
他と少し違うのは、返却はレターパックなので、郵便局からという点です。

保証はレンティオと同等で、過失なしの場合はモノカリが負担。
過失ありの場合は修理費2,000円が上限となっています。
状態があまりに酷い場合や修理が不可能な場合は実費。

空港受取や短期のレンタルをしたい方にはおすすめです。

【公式サイト】モノカリ

KARICO(カリコ)|単純に安いぞ!

おすすめGoPro(ゴープロ)レンタル比較

カリコは他サービスと比べて単純に安いです。

例えばGoPro HERO7 Black本体を比較すると

  1. レンティオ:3泊4日 8,980円(microSDなし)
  2. レントリー:3泊4日 9,980円(microSDあり)
  3. モノカリ:3泊4日 8,980円(microSDあり、防水ハウジングあり)
  4. カリコ:3泊4日 7,981円(microSDなし、防水ハウジングあり)

となっています。
もしmicroSDを別でレンタルしても+480円で、モノカリよりも500円以上安くなります。

その分、保証はどうなの?と思いますますが、無料で安心保証が付いています。
内容は過失なしの場合はカリコが負担。
過失ありの場合は上限3,000円の利用者負担となります。
状態があまりに酷い場合や修理が不可能な場合は実費。

貸出・返却時の送料は無料。
返却はコンビニからできるので、スゴく使いやすくなっています。

最安値と言っても、サービスが悪いわけではない、お得なサービスです。

【公式サイト】KARICO(カリコ)

まとめ|GoProレンタルサービスは特色で選ぶといいぞ

おすすめGoPro(ゴープロ)レンタル比較
  1. 大手で安心なのは「【公式サイト】Rentio(レンティオ)
  2. セットが多彩なのは「rentry(レントリー)
  3. 配送・短期レンタルにメリットが多いのは「モノカリ
  4. 安いのは「KARICO(カリコ)

とそれぞれ特色があるサービスです。

単純に価格で考えるとカリコになりますが、自分の考えや用途に合ったものを選ぶようにしましょう。

上でも書きましたが、GoProのレンタルは買うよりお得ですし、お試ししたい方にもおすすめです。

ぜひGoProのレンタルサービスを便利に使ってくださいね(・∀・)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です