京都

京都の神社|北野天満宮の基本情報まとめ|時間・料金・アクセス・見どころ

京都「北野天満宮」

今回は京都の神社「北野天満宮」についてです。

この記事では北野天満宮の

  1. 基本情報
  2. アクセス
  3. 見どころ

を紹介していきます。

1.北野天満宮の基本情報

京都|北野天満宮
  • 祭神:菅原道真公
  • 創建:947年
  • 文化財:本殿、石の間、拝殿、楽の間(以上国宝)、その他重要文化財など多数

北野天満宮は「学問の神様」として知られる、菅原道真公を御祭神として祀られており、全国から受験生など多くの学生が参拝に訪れます。

菅原道真公をお祀りする全国に約1万2000社の天神社・天満宮の総本社であり、天神信仰の発祥の地です。
地域では「北野の天神さん」「北野さん」という愛称で親しまれています。

菅原道真公の月命日である、毎月25日は「天神さんの日」で知られている縁日です。
参道には多くの露店が立ち並び、日没から境内のライトアップも行われます。

参拝時間

楼門の閉門時間

  • 4~9月:5時~18時
  • 10~3月:5時30分~17時30分

※正月や梅苑・もみじ苑ライトアップ期間は夜間も開門。

社務所・授与所の受付時間:9時~17時

ご祈祷

受付時間:9時~16時30分

受付場所:本殿前受付「授与所」

詳細はこちらの公式サイトで確認してください。
>>ご祈祷 | 北野天満宮

宝物殿

国宝「北野天神縁起絵巻 承久本」をはじめ、北野天満宮に奉納された数多くの文化財が展示されています。

開館日

  • 縁日(毎月25日)
  • 観梅・紅葉シーズン
  • 1月1日、12月1日、4月10日~5月30日

開館時間:9時~16時

料金

  • 一般:500円
  • 中・高校生:300円
  • こども:250円

2.北野天満宮へのアクセス

京都|北野天満宮

住所:京都府京都市上京区馬喰町 北野天満宮社務所

Tel:075-461-0005

▼地図

名神高速道路「京都南IC」または「京都東IC」より約30分

駐車場

バス50台分:無料

自家用車300台分:無料

ただし毎月25日は閉鎖になります。
乗用車は第2駐車場に駐車可。

十分な駐車台数ですが、お正月や紅葉シーズンなどは混雑することもあります。
こちらのブログで周辺の安い駐車場を紹介しているので、参考にしてください。
>>北野天満宮の駐車場は無料!混雑状況と周辺の安い駐車場 | オススメの安い駐車場を紹介するサイト – オトパ

バス

最寄りバス停:北野天満宮前

JR京都駅から:約33分 230円

京阪出町柳駅から:約17分 230円

阪急河原町駅(四条河原町)から:約32分 230円

電車

京福電車:北野白梅町駅

北野白梅町駅から北野天満宮一の鳥居までは徒歩7分。

 

3.北野天満宮の見どころ|梅・紅葉の名所

京都|北野天満宮

北野天満宮には季節ごとに見どころがありますので、紹介していきます。

  • 春:梅
  • 初夏:青もみじ
  • 秋:紅葉

特に「春の梅」と「秋の紅葉」ではたくさんの参拝客で賑わいます。

春|梅|梅苑

開苑時期:2月上旬~3月下旬(日程は毎年変わります)

公開時間:9時

種類:白梅、紅梅、一重、八重など約50種類

本数:約1,500本

入苑料(茶菓子付)

  • 大人(中学生以上):800円
  • 小人(小学生以下):400円
  • 身体障害者大人:400円
  • 身体障害者子供:200円

梅花祭

梅花祭は毎年2月25日・菅原道真公の命日に行われる祭典です。

上七軒の芸姑さんが振るまう野点が人気です。

初夏|青もみじ

公開時期:5月上旬~下旬

入苑時間:9時~16時

入苑料

  • 大人(中学生以上) :500円
  • 小人(小学生以下) :250円
  • 修学旅行生:250円

秋|紅葉|もみじ苑

開苑時期:10月下旬~12月上旬
ライトアップ:11月中旬~12月上旬

入苑時間:9時~16時
ライトアップ:日没~20時

本数:約350本

入苑料(茶菓子付)

  • 大人:800円
  • 小人:400円

まとめ

京都|北野天満宮
  • 北野天満宮の御祭神は「菅原道真公」
  • 「学問の神様」なので受験生におすすめの神社
  • 毎月25日は縁日
  • 春の「梅苑」秋の「もみじ苑」は必見

金閣寺からわりと近い場所にあるので、金閣寺に行かれる方はぜひ行ってみてください(*^^*)

そんな感じで終わりです!
読んでいただき、
ありがとうございました(*’ω’*)