ガジェット

旅行に便利なモバイルバッテリー|Anker PowerCore Fusion 5000

モバイルバッテリー|Anker Powercore fusion5000

こんにちは、リョウタです(*’ω’*)

モバイルバッテリーについて、こういう悩みを持っている方はいませんか?

  • 旅行で荷物を減らしたい
  • モバイルバッテリーの充電を忘れる
  • モバイルバッテリーを忘れる

その悩みに対する最適解と言えるモバイルバッテリーを紹介します!
Anker PowerCoer Fusion 5000(以下Fuison 5000)」
です!

この記事では実際に買ってわかった「その理由」をこのFusion5000の「メリット・デメリット」も踏まえてわかりやすく紹介していきます。

Anker PowerCore Fusion5000の基本スペック

まずはFusion5000の基本スペックを簡単に紹介します。

PowerCore Fusion5000の基本スペック

  • サイズ:約7.2×7.0×3.1cm
  • 重量 :約189g
  • 入力 :5V/2.1A
  • 出力 :【コンセントに差してるとき】計2.1A
  •     【モバイルバッテリーとして使用】計3A
  • 容量 :5000mAh
  • その他:USBポート2つ
  •     microUSBポート1つ(バッテリー本体充電用)
  •     折りたたみのプラグ付き

ざっくりこんな感じです!
以下メリット・デメリットを紹介していきます。

Anker PowerCore Fusion 5000のメリット

まずはFusion5000のメリットを紹介していきます。

モバイルバッテリーと急速充電器のミックス!

Fusion5000の一番の特徴はモバイルバッテリーと急速充電器のいいところをミックスされているところ!

しかも
USBポート(差し込み口)が2つ!
1つの差し口でモバイルバッテリーとスマホ、もう一つUSBポートに差せる何かを充電できます。
(ぼくはワイヤレスヘッドセットをよく充電してます。)

これひとつあれば、旅行の荷物から急速充電器を2つ減らせますよ
そんなに持ってかないって人には充電器が増えるも同然。
スマホとモバイルバッテリー+もう一つ充電できるのは便利ですよ。

モバイルバッテリーの充電忘れ&忘れ物をしない

スマオのバッテリーがなくなり、充電をしようとモバイルバッテリーをつないでポチッと押してみると…
「あ、充電忘れた!!」
こんなこと、ありませんか?
ぼくはよくあります。
つい最近も高野山でモバイルバッテリーを充電し忘れていたため、スマホが死にました…。

ですが、このFusion 5000さえあれば大丈夫です。
こいつは急速充電器としてスマホをしたあと、自分を充電していきます。
急速充電器の役割を果たした後、自分を充電していくんですが、これを普段からメインで使っているとモバイルバッテリーの充電忘れがなくなります!

家に帰ったら、みなさんは何をしますか?
ぼくはスマホを充電器に差します。
最優先ではなくても、必ずこれします。
だいたい帰ったときにはバッテリーが死ぬ前なので。

Fusion5000を買ってからは、まずFusion5000をコンセントに差して、スマホにつないでいます。
スマホを充電するなら、Fusion5000を使うという状態なので、モバイルバッテリーの充電忘れがなくなりました。

これまではスマホの充電とモバイルバッテリーの充電が別々でした。
そうすると

  • コンセントは二口使う
  • 手間が多い
  • 朝出るときにモバイルバッテリーそのものを忘れる

ということが起きやすくなります。
(ぼくにはガンガン起きてた)

Fusion5000に変えてからは、スマホとセットでガッと外して、Fusion5000をカバンに入れちゃうので、モバイルバッテリーを忘れていくことはなくなりました。
ぼくは家ではスマホとつなぎっぱなしのことが多いので、スマホを忘れない限りモバイルバッテリーを忘れることはないですね。

心配なのは、

  • スマホの充電をする前に寝落ち

ということですね。
寝落ちパターンは下手するとスマホもFusion 5000も充電されずに朝を迎えます(笑)
気をつけましょうね!

急速充電にも対応

USBポート2口と本体のモバイルバッテリーの3つを充電するとなると、充電時間が気になります。
そこはFusion5000が急速充電にも対応しています!
まとめて充電しても大丈夫ですよ(*’ω’*)

Anker独自技術のPowerIQとVoltageBoostにより、スマートフォンを始め、タブレット端末、GPS搭載機器、ゲーム機やその他USB接続機器へのフルスピード充電を実現します(Qualcomm Quick Chargeには対応しておりません)。

引用元:Anker PowerCore Fusion 5000

持ち運びや家での普段使いに便利すぎ

大きさはクレジットカードとほぼ同じ大きさ(7.2cm×7.0cm)で、厚さが3.1cm。
ちょっと厚みが気になるので、パンツのポケットに入れられないやつも多いかと思います。
ですが、カバンやジャケットのポケットには問題ないですし、本体に折りたたみのプラグが付いてるので、電源がある場所ですぐに充電できます!

家で使うにもちょうどいい大きさで、二口のコンセントを両方塞いだりもしません。
実質、2口を3つ口にして使用することができます。
横並びにコンセントの差し口が並んでいるタップでも横の差し口を塞ぎません。
※あとで写真も上げます
(今はいろんな理由で上げられない/外出先とか、ホコリとかホコリとかホコリとか)

ちなみにmicroUSBポートも1つついていて、ここからFusion5000本体の充電ができます。

普段使いorサブにちょうどいい

Fusion5000の容量は5000mAhで、だいたいiPhone&スマホのフル充電1回と少し分です。
これ以上多くなっても、本体が大きくなって使いづらくなります。
普段使いにはちょうどいい容量ですね。

またメインで使わない人にもサブでの使用におすすめです。
急速充電器として使用しておくと、常にフル充電状態!
メインのモバイルバッテリーを充電し忘れても、こいつがあれば、1回分の充電は確保できます。
災害時にも大丈夫とまでは言えませんが、緊急時に役立つことは間違いありません。

AnkerはGoogle出身のエンジニアが設立したメーカー

これをメリットとしてあげていいのかわかりませんが、Google出身者が創設したメーカーです。
ぼくはこういうのに弱いです(笑)
Ankerグループは

  • モバイルバッテリー、急速充電器、スマホ・PC周辺機器
  • スマート機器(AlexaやGoogleアシスタント搭載機器)
  • スピーカー、イヤホンなどのオーディオ製品

などを作っています。

Ankerグループは「Empowering Smarter Lives」をスローガンに、モバイルライフ・パートナー ブランド「Anker」、オーディオブランド「Soundcore」、スマートホームブランド「Eufy」を日本で展開するハードウェアメーカーです。中核をなす「Anker」は米Google出身の数名の若者達によって2011年に創設され、最新テクノロジーを採用しながら、納得の価格と安心のサービスで高品質のスマートデバイス周辺機器を提案し、米国や日本、英国・ドイツをはじめとした欧州各国など世界のEC市場でベストセラーや売上1位を獲得しています。

引用元:Anker(アンカー)公式オンラインストア

アメリカだけじゃなく、日本や欧州でもEC売上1位獲得ってすごいですね~。
性能を考えるとかなり安いですからね!

ちなみに大阪のLABI1 なんばにもAnkerの製品は販売していなかったので、日本で購入するにはECオンリーだと思います。

Anker PowerCore Fusion 5000のデメリット

ここまでFusion5000はいいぞ!ということで話を進めてきましたが、ここが物足りないというところを書いていきます。

ガチでスマホを使い倒す人には容量5000mAhでは物足りない

上で普段使いにちょうどいいと書きましたが、ガチでスマホを使い倒す人には物足りないでしょう。

ぼくはスマホバッテリー満タン2回分で十分なんですが、スマホでツイ廃の方やスマホゲームをやり倒している人などなどスマホに依存している人はもっと大きい容量でなければつらいかと思います。

スマホで仕事をしている人にも足りないですよね。

そういう人は10,000mAh以上のモバイルバッテリーがおすすめです。
ankerでおすすめの容量別のモバイルバッテリーを併せて載せておきますね。

10,000mAh|Anker PowerCore10000

Amazonで一番人気のモバイルバッテリーです。
10,000mAhの容量で、Fusion5000よりも安く価格設定されています。
最もコスパが高いモバイルバッテリーと言えます。

20,100mAh|Anker PowerCore 20100

20,000mAhならこれがおすすめ。
USBポートが2口で、急速充電がついています。
仕事でスマホやタブレットを使用している人はこれ1つ持っていると充電の心配はありません。
性能とは関係ありませんが、大学教授でメディアアーティストの落合陽一さんもAnker PowerCore20100を使用しているようです。

>>落合陽一が毎日持ち歩く殿堂入り仕事道具7選 | mybest

厚さが3.1cmとそこそこ分厚い

厚さがあるというのは、結構使いづらいポイントです。

  • タイトなパンツのポケットに入れられない
  • 充電しながら、片手でスマホとFusion5000を両方持つのが難しい

ポケット問題は上で書いたように、分厚いのでパンツのポケットに入れづらいということです。
この問題はカバンやジャケットで対応すればいいのですが、カバンからだとコードの長さが必要になります。

また充電しながら使うときには、Fusion5000は分厚くて片手で持ちづらいです。
持てなくはないんですが、薄いモバイルバッテリーのほうが扱いやすいです。

まぁ充電しながらスマホを使うとスマホが熱を持つこともあるので、おすすめしてません。
充電しながら使わないなら、これらの問題はないんですがね(笑)

スターバックスのコンセントでは使えない!?※追記

Fusion5000はスターバックスのコンセントに差すことはできません。
少なくとも、ぼくが行ったお店4~5軒では使えませんでした。

本体が分厚いので、机の出っ張りに引っかかってプラグが差さりませんでした(-_-;)
スタバのコンセントはこの形なので、今のところすべてのお店で使えていません。
机の出っ張り下にコンセントがある机以外の形であれば使えると思いますが、まだ出会っていません。
スタバで休憩中にFusion5000を通しての充電はできなさそうです。

ちなみにドトールでは大丈夫でした(*^^*)

まとめ

PowerCore Fusion5000の基本スペック

  • サイズ:約7.2×7.0×3.1cm
  • 重量 :約189g
  • 入力 :5V/2.1A
  • 出力 :【コンセントに差してるとき】計2.1A
  •     【モバイルバッテリーとして使用】計3A
  • 容量 :5000mAh
  • その他:USBポート2つ
  •     microUSBポート1つ(バッテリー本体充電用)
  •     折りたたみのプラグ付き

メリット

  • モバイルバッテリーと急速充電器のミックス
  • モバイルバッテリーの充電忘れがなくなる
  • モバイルバッテリーを家に忘れなくなる
  • 旅行の荷物が減らせる
  • 急速充電に対応
  • 普段使い&持ち運びに便利
  • サブ&緊急用にもいい

デメリット

  • スマホを使い倒す人には容量が物足りない
  • 厚さ3.1cmでちょっと分厚い
  • スターバックスでの使用は無理っぽい

Anker PowerCore Fusion 5000はどういう製品なのかをザッとまとめさせていただきました!
長々となってしまいましたが、いかがでしたでしょうか?

今までモバイルバッテリーのみの製品を利用していましたが、急速充電器と合わさったこのFusion5000はかなり使い勝手がいいです!

Fusion5000を使うと、上でお伝えさせてもらったメリットを受けられますし、お値段もAmazonで2,999円(18/11/13現在) とかなりお買い得です。
買い替えだけでなく、買い足しでも十分メリットがありますので、ぜひこの機会に買ってみてくださいませ!