旅行記

【奈良旅行記】奈良の世界遺産・平城宮跡で夕景・夜景を撮ってみた|2018年10月24日②

奈良「平城宮跡の夕焼け」

こんにちは、リョウタ(@nemuneco_r)です(*’ω’*)

今回は下の旅行記の続きで、平城宮跡で撮った夕景と夜景の写真を紹介します。
前回までの記事で、平城宮跡をぐるっと回った後、まだ粘って夕景・夜景の写真を撮っていました。

奈良|平城宮跡にてせんとくん
【奈良旅行記】奈良の世界遺産・平城宮跡の見どころを歩く&撮るこんにちは、リョウタ(@nemuneco_r)です(*'ω'*) さて今回は「平城宮跡」です。 平城宮跡とは 「平城宮跡」...

今回は写真中心にを紹介させていただきますー(*´ω`*)

平城宮跡・朱雀門まわりの夕景

まずは東院庭園付近から朱雀門方面を見てみると、朱雀門とススキが見えました。

逆光気味でススキに光が当たってキレイだったので、撮ってみました。

望遠レンズで撮っています。

奈良・平城宮跡|朱雀門とススキ 奈良・平城宮跡|朱雀門とススキ 奈良・平城宮跡|朱雀門とススキ

ピントの位置をずらしているだけです(笑)

これは朱雀門の近くにあるススキがたくさん生えているところから。

ここも使ったレンズは望遠レンズです。

奈良・平城宮跡|朱雀門とススキ 奈良・平城宮跡|朱雀門とススキ 奈良・平城宮跡|朱雀門とススキ 奈良・平城宮跡|朱雀門とススキ

次は朱雀門付近にある踏切近くで撮ったススキです。

ここも望遠レンズを使っています。

奈良・平城宮跡|ススキ 奈良・平城宮跡|ススキ 奈良・平城宮跡|ススキ 奈良・平城宮跡|ススキ 奈良・平城宮跡|ススキ

朱雀門付近はこんな感じです!

平城宮跡・第一次大極殿の夕景

次は第一次大極殿です。

とは言っても、ほとんど同じ角度しか撮っていません(-_-;)

(他に人がいたり、歩き疲れてたり)

ここでは標準レンズと望遠レンズで撮っています。

奈良・平城宮跡|第一次大極殿の夕景 奈良・平城宮跡|第一次大極殿の夕景 奈良・平城宮跡|第一次大極殿の夕景 奈良・平城宮跡|第一次大極殿の夕景

これくらいになると大極殿がライトアップされました。

奈良・平城宮跡|第一次大極殿の夕景 奈良・平城宮跡|第一次大極殿の夕景 奈良・平城宮跡|第一次大極殿の夕景

夜もカッコいいですね!

奈良・平城宮跡|第一次大極殿と月

月も出てきてました。

満月っぽいですが、満月ではありません。

外から第一次大極殿の夜景を撮る

大極殿から大和西大寺駅に歩いてむかっていると、佐紀池で何人か大極殿に三脚立ててカメラを向けてる人たちがいたので、ぼくも撮ってみました。

使ったレンズは標準レンズ。

あ、三脚も必要です。

奈良・平城宮跡|佐紀池からの第一次大極殿と月 奈良・平城宮跡|佐紀池からの第一次大極殿と月

道路をはさんでいるので、普通に撮ると車が邪魔だなぁと思い、長時間露光でレーザーちっくにしてみました。

その場にいた方によると、月が上がるのが早いからいい構図で獲る時間があまりないとのことです。

この日は18時30分くらいまで撮ってました。

【スポンサーリンク】

 

平城宮跡で夕景・夜景を撮るときの注意点

夕景を取るためには日の入り時刻前後まではいないといけません。

そうなると車の人は駐車場に注意しないといけません。

園内には無料・有料の駐車場がありますが、無料の駐車場は17時で閉まります

のんびり夕焼けを見てたら車が出せないということになるかもです。

有料の駐車場(200円/1時間)だと23時まで出せますので、そこか周囲の有料駐車場に停めましょう。

>>平城宮跡公園内の駐車場-平城宮跡歴史公園

平城宮跡へのアクセス

平城宮跡へのアクセスを簡単に紹介します。

【電車】

  • 近鉄奈良線大和西大寺駅から徒歩約20分

【バス】

バスは奈良駅からの利用を想定してます。

路線バス

  • 平城宮跡(大極殿)まで:20分 240円
  • 朱雀門広場前(朱雀門側):10分 210分

ぐるっとバス(土日祝中心に運行)

  • 大極殿まで:約17分 100円
  • 朱雀門まで:約24分 100円

>>奈良観光に便利!ぐるっとバスのご案内//奈良公園・平城宮跡 アクセスナビ

まとめ|平城宮跡は閉園してからが本番

こんな感じで、結局夜まで平城宮跡にいました(笑)
藤原宮跡と間違えてきたわりに、めっちゃ楽しんじゃったなー。

夕方以降は人はかなり少ないです。
散歩してる人、走っている人くらいでしたね。
休日はもう少し増えるのかな?
無料駐車所の閉まる時間が17時なので、それも関係しているんでしょう。

大極殿や東院庭園などに入園できるのは16時までですが、夕方から日が落ちるまで大極殿をぼーっと見てると歴史を感じた気になれましたよ(笑)

機会があったら、日が落ちるまで楽しんでみてください(^^♪

そんな感じでおわりです!
読んでいただき、
ありがとうございました(*’ω’*)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA