旅行・お出かけ

なら燈花会2019ガイド|各会場とおすすめのまわり方、アクセスを紹介!

なら燈花会

こんにちは、リョウタです(*’ω’*)

毎年お盆時期に行われている、奈良の夏の風物詩「なら燈花会」を紹介します。

奈良公園周辺を会場に行われるライトアップのイベントで、奈良県内外から多くの人が訪れます。
ろうそくでのライトアップなので、幻想的で優しい雰囲気のおすすめイベントです。

この記事では「なら燈花会」の

  • 概要とアクセス
  • 各会場とモデルコース

を写真を中心に紹介していきます。

なら燈花会とは|2019年で21回目のろうそくイベント

なら燈花会|浮見堂会場

なら燈花会(とうかえ)はろうそくが奈良の街を美しく彩るイベントです。
1999年から始まり、2019年で21回目!
すっかり夏の風物詩です(*’ω’*)

興福寺・春日大社・東大寺・奈良公園などなど各観光名所にろうそくが灯ります。

ろうそくはひとつひとつボランティアの方々が手作業で火をつけられています。
ものすごい数のろうそくなので、大変な作業ですね…。
友達も学生時代にボランティアでやっていたそうです。

なら燈花会の開催期間・時間・場所・アクセスは?

なら燈花会

なら燈花会の開催時期と点灯時間

開催日時:2019年8月5日(月)~14日(水)

時間:19時~21時45分

なら燈花会は毎年上の日程で10日間だけ行われます。
特に土日開始や土日終わりを意識しているわけではなく、14日の盆入りでイベントを終了するように日程を組んでいるようです。

また全体の日程は上の通りですが、一部の会場では日程が異なります

東大寺鏡池会場:13・14日

春日大社参道会場:14日のみ

興福寺会場:10日間全て開催ですが、20時30分に消灯

全日程で全会場が点灯しているわけではありませんので、注意してください。

点灯は1日3時間弱とそれほど長い時間ではありません。
会場全体がかなり広いので、1日ですべて見たい方は、開始時間には会場入りしていないといけません。
すべての会場で点灯がある14日は全部回るのは不可能かも…。
少なくとも写真をたくさん撮る方は無理だと思います。

アクセス|駐車場に停めるのはほぼ無理!JR・近鉄の公共交通機関を利用しよう!

奈良県内外からたくさんのお客さんが来ていますので、駐車場の混雑はすさまじいです。

会場付近の駐車場は早い時間に満車になっています。

会場近くは交通規制も行われますので、公共交通機関を利用するのがおすすめです!

電車|会場に近いのは近鉄奈良駅!JR奈良駅前には少し点灯展示あります!

電車のアクセスに使える駅は

  1. JR奈良駅
  2. 近鉄奈良駅

の2つがあります。

会場に近いのは近鉄奈良駅です。
近鉄奈良駅からは「猿沢池と五十二段会場」と「興福寺会場」に徒歩すぐで到着できるので、選べるなら近鉄奈良駅がおすすめです。

JR奈良駅からは少し歩く必要があります。
猿沢池までは徒歩約15分です。
全然歩けます!ぼくはいつもJR奈良駅歩いてます!
JR奈良駅前には軽い点灯展示がありますので、全ての展示を見たい方はJR奈良駅から行くほうがいいと思います。

バス|JR奈良駅から徒歩がきついならバスを利用しよう!

徒歩がきつい方にはバスもありますのでご安心ください。

JR奈良駅・近鉄奈良駅のどちらからでもバスが出ています。

バスは

  • 春日大社本殿行
  • 市内循環
  • 高畑町行

に乗ると、会場方面に向かいます。

下車する時は

  • 氷室神社・国立博物館前(奈良国立博物館会場近く)
  • 大仏殿春日大社前(浮雲園地、春日野園地、東大寺近く)
  • 春日大社表参道(浅茅ヶ原、浮見堂近く)
  • 春日大社本殿下車(春日大社本殿近く)※春日大社本殿行のみ

で降りましょう。近くに会場がありますよ!

バス乗り場は

  • JR奈良駅は駅正面の「2番乗り場
  • 近鉄奈良駅は西北口から出た近くある「1番乗り場

になります。

駐車場

上でも書きましたが、会場付近の駐車場は早い時間に満車になります。

それでも車で行くという方は、穴場の駐車場の目星をつけておきましょう。
下に穴場の駐車場を紹介する他のブログの記事へのリンクを貼っておきます。
少し古いですが、参考にしてみてください。

まぁ交通規制もされるので、公共交通機関を使うのがいいと思いますよ!
交通規制図

【スポンサーリンク】

 

なら燈花会の会場とモデルコース|興福寺は早めに!

なら燈花会

ここからはなら燈花会の会場とぼくの回り方を紹介していきます!

順番は

  1. 興福寺会場
  2. 猿沢池と五十二段会場
  3. 浮見堂会場
  4. 浅茅ヶ原会場
  5. 春日大社参道会場(14日のみ)
  6. 浮雲園地会場
  7. 甍~I・RA・KA~会場
  8. 春日野園地会場
  9. 東大寺会場(13・14日のみ)
  10. 奈良国立博物館前会場

という順番で回ります。
ふら~っと回るだけなら1日で全部回れると思いますが、ぼくみたいに写真をたくさん撮る方は2日に分けないと厳しいです(^_^;)

 1.興福寺会場

なら燈花会|興福寺五重塔と東金堂

興福寺会場」ではお昼間でも超人気の興福寺でたくさんのろうそくに火が灯っていて、幻想的な雰囲気が醸し出されています。

上でも書きましたが、興福寺会場は20時30分に消灯と他の会場よりも消灯が1時間以上早いです。
ここを後回しにすると見逃す恐れがあるので、早めに行くようにしましょう。

2.猿沢池と五十二段会場

なら燈花会|猿沢池と五十二段会場 なら燈花会|猿沢池と五十二段会場

猿沢池と五十二段会場」は興福寺からスグの場所です。
上の写真で興福寺の五重塔が写っていることからもわかると思います。

会場名にもなっている五十二段の階段を下りるとすぐ猿沢池です。
グルっと回ってみましょう!

JR奈良駅から来る方は、ここが一番近い会場です。
この「猿沢池と五十二段会場」から見て、興福寺会場に行ってもあまり変わりません。

3.浮見堂会場

なら燈花会|浮見堂会場

次は浮見堂会場です。
ここはなら燈花会の中でも人気のスポットで、たくさんの人が集まっています。

会場はかなり暗いので、明るいレンズがないと写真を撮るのが難しいです。
なら燈花会は三脚禁止なので、手持ちですぐブレます(;・∀・)

なら燈花会|浮見堂会場

浮見堂会場ではボートで遊ぶこともできます。めちゃ人気で行列でしたよ。

カップルが多かったですねー。
邪魔するようにボートで爆走する男子を心の中で応援してました(笑)

4.浅茅ヶ原会場

なら燈花会|浅茅ヶ原

浅茅ヶ原会場」ではろうそくの点灯だけでなく、竹を使ったオブジェがとても素敵です!

なら燈花会|浅茅ヶ原

5.春日大社参道会場(14日のみ)

なら燈花会|春日大社参道会場

次は「春日大社参道会場」ですが、ここは14日のみの点灯なので14日以外に行かれる方は雰囲気だけ見てみてください。

春日大社では参道の燈籠に火が灯り、御本殿まで続きます。
ちなみにめっちゃ暗いので、参道で撮った写真はほぼブレてしまいました(^_^;)

なら燈花会|春日大社

御本殿では特別拝観(有料)が実施されていて、回廊内を見て回れます。
万燈籠も火が灯っているので、とても幻想的な雰囲気です。

なら燈花会|春日大社万燈籠

6.浮雲園地会場

なら燈花会|浮雲園地

春日大社参道会場から行くと、「甍会場~I・RA・KA~」が近いんですが、この「浮雲園地会場」から行くのがおすすめです。
なぜなら動線を考えるとその方が気分的にスッキリ回りやすいからです(笑)

▼こんなのもあります
なら燈花会|浮雲園地

入り口感がある。

なら燈花会|浮雲園地

7.甍~I ・RA・KA~会場

なら燈花会|甍会場

次は浮雲園地会場からの流れで「甍~I・RA・KA~会場」になります。

「甍~I・RA・KA~」とは奈良の国際コンベンション施設です。
国際会議開催にも対応する施設で、普段は会議やらイベントやらが行われています。

会場入り口前では屋台がたくさん並んでいるので、小腹がすいたらここでお祭り気分を味わいながら食事するのがおすすめです(*´ω`*)

なら燈花会|甍会場前の燈Cafe

甍会場の中庭に入るとカラフルにライトアップされた木やろうそくなどなど楽しい雰囲気です(*´ω`*)

なら燈花会|甍会場

会場内では生演奏ライブも楽しめます(*^^*)

なら燈花会|甍会場でのライブ

8.春日野園地会場

なら燈花会|春日野園地

春日野園地会場」が一番の見どころポイントで、なら燈花会の広告でよく使われています。
奥に東大寺大仏殿が見えるので、展示と一緒に写真に撮ってる人が多いです。

なら燈花会|春日野園地

春日野園地会場は人がとても多いですが、めっちゃ広いのでゆっくり見れますよ(*^^*)

9.東大寺会場(13・14日のみ)

なら燈花会|東大寺会場

「東大寺会場」は13・14日のみの点灯になります。
この2日間以外に行かれる方は、雰囲気だけ見てみてください。

東大寺が点灯する13・14日には夜間参拝が行われるので、大仏殿に入れます。
しかも無料。大仏殿に拝観したことがない人にもおすすめです。

なら燈花会|東大寺大仏殿

ちなみに東大寺大仏殿では8月15日夜に「万灯供養会」が行われます。
大仏様にたくさんの灯籠をお供えした供養会です。
時間は19時~22時で、有料になります。

10.奈良国立博物館前会場

なら燈花会|奈良国立博物館前

最後が「奈良国立博物館前会場です。

他の会場と違って博物館は洋館なので、他の会場とは少し違って見えます。

おまけ|JR奈良駅前と奈良県庁にも展示があります

JR奈良駅前と奈良県庁にも軽い点灯展示があります。
※行ってないので写真はありませんm(_ _)m

JR奈良駅前の展示は点灯時間に合わせてJR奈良駅からアクセスすれば、見られます。

奈良県庁の展示は全て回って時間があれば行くという感じでいいと思います。

まとめ|なら燈花会はいいぞ!14日は全会場で点灯している様子が見れます!

なら燈花会|春日野園地

ということで、なら燈花会はいいぞ!
基本無料(春日大社の特別拝観が有料)ですので、気軽に来られます。
お昼から観光して夜にまた回ってもいいですし、夜だけ来ても2~3時間たっぷり楽しめます!

14日は全会場が点灯しますので、全てを見たい方は14日に行くようにしましょう
ただし写真をたくさん撮る人は1日で全会場を回るのは不可能だと思います。
全会場を撮影したい方は2日に分けて行くのがいいでしょう

ちなみにカメラは三脚・一脚禁止です
昔、カメラマンが子どもの目を三脚で突き刺す事件があって以来、持ち込み禁止になっています。
ですが三脚を使っている、おっさん・おばさん・じいさん・ばあさんがいます。
いい大人ばかりがそういうことします。
今年も何組か見ました。
そういういい大人は注意しても無視か開き直る、最悪逆ギレしてくるので、三脚を折るか、池にでも突き落としましょう。
…冗談です(笑)
自分で三脚の持ち込みはしないようにしましょう。

なら燈花会は日没後に開催ですが、暑いです
熱中症にならないように水分補給はこまめにしましょう。
うちわやタオルもあるといいですね。

ホントにいいイベントなので、ぜひ行ってみてください(*^^*)

そんな感じでおわりです!
読んでいただき、
ありがとうございました(*’ω’*)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です