旅行・お出かけ

大阪の神社|大阪天満宮の基本情報まとめ|時間、アクセス・駐車場、天神祭

大阪天満宮

今回は大阪市の神社「大阪天満宮」についてです。
日本三大祭「天神祭」が有名な神社ですね。

この記事では大阪天満宮の

  1. 基本情報
  2. アクセス
  3. 見どころ

について紹介していきます。

1.大阪天満宮の基本情報

大阪の神社|大阪天満宮
  • 祭神:菅原道真公
  • 創建:650年
  • 文化財:梅花殿、神楽殿、参集殿(府指定登録有形文化財)
  • 公式サイト:大阪天満宮

地域では「 天満(てんま)の天神(てんじん)さん」の愛称で親しまれている神社です。

孝徳天皇が難波長柄豊崎宮を作った際に、都の西北を守る神として大将軍社という神社を祀ったのが大阪天満宮の始まりになります。

御祭神は学問の神様「菅原道真公」ですので、受験シーズンにはたくさんの学生でにぎわいます。

毎年7月24・25日に行われる天神祭は日本三大祭・大阪三大夏祭りとして知られています。

参拝時間・拝観料

拝観時間:24時間拝観自由

受付時間(社務所):9時~17時

境内拝観:無料

ご祈祷

初穂料:

  • 個人:6千円(初宮詣の場合1万円)
  • 法人・団体:3万円~(要予約)

受付時間:9時~17時

受付場所:御守授与所

所要時間:受付から60分前後

その他、興味がある方は公式でご確認ください。
>>ご祈祷・ご祈願|大阪天満宮

2.大阪天満宮へのアクセス

大阪の神社|大阪天満宮

住所:大阪府大阪市北区天神橋2-1-8
TEL:06-6353-0025
地図:

車・駐車場情報

阪神高速1号環状線・北浜出口より約3分。
カーナビの住所設定は「大阪市北区天神橋1-18-19」としてください。

駐車場情報

  • 駐車料金:無料
  • 営業時間:9時~17時
  • 台数:30台

大阪天満宮境内に無料の駐車場があります。
大阪天満宮の「蛭子門」から入っていきます。

蛭子門は狭いので、初めて訪れるときには少し不安になるかと思います。
事前に場所の確認をしておきましょう。

ちなみに初詣やお祭りの際には利用できません。

その他、周囲の駐車場は以下のサイトが詳しいので、興味がある方は確認してください。
>>大阪天満宮の駐車場 【無料駐車場は?安い駐車場はどこ?】

公共交通機関

近くの駅:

  • 地下鉄谷町線・堺筋線「南森町駅」から徒歩約4分
  • JR東西線「大阪天満宮駅」から徒歩約4分

各駅からは天神橋筋商店街を歩くとわかりやすいです。

 

3.大阪天満宮の見どころ|天神祭

大阪の神社|大阪天満宮

天神祭(てんじんまつり)は日本各地の天満宮(天神社)で行われるお祭りです。
中でも大阪の天神祭は日本三大祭(他は京都の祇園祭、東京の神田祭)、大阪三大夏祭り(他は生国魂神社の生玉夏祭、住吉大社の住吉祭)の1つに数えられる盛大なお祭りです。

特に25日の本宮の夜は、大川(旧淀川)で行われる奉納花火には多くの観光客が訪れます。

View this post on Instagram

Osamu Kojimaさん(@osamu_windripper)がシェアした投稿

▼2018年夏に行った花火の旅行記

www.ryotawada.com

詳しくは天神祭総合情報サイトをご覧ください。

www.tenjinmatsuri.com

まとめ

大阪の神社|大阪天満宮
  • 御祭神は学問の神様「菅原道真公」
  • 受験生に人気
  • 夏には日本三大祭「天神祭」が行われる

夏には天神祭、受験シーズンには学生さんでにぎわう神社です。

特に夏の天神祭奉納花火は花火シーズンの口火を切る大きな花火大会です。
見たことない方は、ぜひ一度行ってみてください(*^^*)

そんな感じで終わりです!
読んでいただき、
ありがとうございました(*’ω’*)