仕事

働きながら転職活動をするメリットとデメリット

働きながらの転職活動メリット・デメリット

転職活動をする人には2種類のタイプがいます。

  1. 働きながら転職活動をする人
  2. 退職してから転職活動をする人

今回の記事では「働きながら転職活動をするメリットとデメリット」について紹介していきます。

「退職後に転職活動をするメリットとデメリット」については以下の記事で紹介しています。

www.ryotawada.com

グッドポイント

1.働きながら転職のメリット

1-1.お金の心配がない

安定した収入を得ながら転職活動が出来ることが、働きながら転職活動をする最大のメリットです。

転職活動には面接のための交通費など、何かとお金がかかります。
自炊をされている方は、外食が増えることにもなるので、普段の生活費に加え、大きな負担になってしまうでしょう。

お金に関する心配がないのは精神的にも楽です。
辞めてから転職活動をする場合は預貯金を切り崩すことになりますし、十分な預貯金ががないと、時間がたつにつれて焦りが出てきてしまいます。

安定した収入があると、転職活動が長引いても焦って転職せず、納得できるまで転職活動を続けられます。

1-2.職歴に空白期間ができない

転職活動をする上で職歴に空白期間があると、採用担当者に悪い印象を与える恐れがあります。
3ヶ月以上の空白期間があると採用率が落ちるとも言われていますので、できるだけ期間を空けないようにしたいところです。

働きながら転職活動をすると、当然そのリスクはゼロになります。

1-3.転職を思い直してもリスクゼロ

転職活動で色々な会社を見る中で、現職を続けようと思い直す方もやはり一定数います。

  • 今の会社の良さに気づく
  • 良い転職先が見つからない

など理由は様々ですが、働きながらならの転職活動だと、そのまま転職活動を終了するだけですのでリスクはありません。

1-4.転職先の出勤日が決まると、引き止められない

退職面接時に引き止めようがないものメリットです。
転職先の初出勤日が決まっていると、どれだけ引き止めたくても諦めるしかありません。
万が一、それでも引き止めようとする場合は、退職届を出してしまいましょう。
労働基準法によると、退職の2週間前までに退職届を出すことで、退職が可能になります。

転職先を決めずに辞めようとすると、少なからず引き止め交渉が始まり、退職までの期間が長引く恐れがあります。

2.働きながら転職のデメリット

2-1.時間・休みがなくなる

働きながらの転職活動は時間との戦いです。
退勤後や休日などのプライベートの時間の大部分を転職活動に当てることになります。
面接や企業研究など、時間はいくら合っても足りません。

疲れやストレスが溜まりやすくなるので、効率的な転職活動が必要になります。

2-2.現職との両立が大変

時間がないことにも通じますが、現職との両立は本当に大変です。

転職活動にしっかり重点を置きたいのですが、会社は転職活動など関係なしに仕事を与えてきます。
忙しさにかまけて、どちらも上手くいかない・中途半端になってしまう人がとても多いので、選択と集中が必要になります。

2-3.有給消化ができない恐れがある

有給休暇がたくさん溜まっているなら、すべては消化できない恐れがあります。

転職先の出勤日が決まっている場合、最終出勤日から初出勤日の前日までで有給消化に入ります。
もし有給がすべて消化できない場合は、その有給は捨てることになります。

有給をすべて消化したい場合は、なるべく早く上司に相談し、計画的に休んでいきましょう。

3.働きながら転職活動のポイント

3-1.転職活動は会社の人間に隠れて行う

転職活動がバレてしまうと、人間関係がギクシャクしたり、引き止めに合うなど、転職活動に支障が出る可能性があります。

当然、転職活動は退職が前提になりますので、辞めるつもりの人間に対していい感情を持たない人間もいます。
もちろん転職を応援してくれる人も出てきますが、転職活動の足を引っ張られる可能性がある以上、隠れて転職活動を行うべきでしょう。

3-2.相談する人を見つける

隠れて転職活動をすることは、精神的にも負担がかかります。

その時に相談相手がいるだけで、かなり気が楽になります。

相談相手と言っても、アドバイスをもらうことまでできなくても、自分の思っていることを吐き出せるだけでも、かなり助けになってくれます。

家族・友人・恋人などなど、信頼できる相手にだけは相談するようにしましょう。
本当に信頼できるなら、職場の人間でも大丈夫です。

3-3.有給休暇を活用する

可能であれば、有給休暇を取得しながら転職活動を行いましょう。

転職面接の時間帯はほとんどが日中を指定されます。
業務中に抜け出して面接を受けるのは、就業規則違反となるので、バレたら問題になる場合があります。

面接の時間帯が決まったら、すぐに有給を申請しましょう。

3-4.転職エージェントを利用

転職エージェントは時間がない中での転職活動するための強力な味方です。

  • 求人のピックアップ
  • 各種書類の作成・アドバイス
  • 面接時間の調整

などをエージェントが代わりにやってくれるので、効率的に転職活動を進められます。

転職エージェントは応募企業とのつながりがあるため書類添削や面接対策も効果的で、一人で就職活動を行うよりも転職成功の確率は上がります。

  • 給料
  • 残業
  • 有給休暇
  • 職場環境

など直接聞きにくいことも、転職エージェンを通して確認できますので、活用しない手はありません。

例えば、職場環境の問題で転職したものの、転職先でも同じことになる、ということも情報が少ない中で転職活動をすると起こってしまいます。
事前に職場環境や雰囲気を転職エージェントを通して聞いておくと、防げたかもしれません。

転職エージェントは無料で登録・利用ができますので、利用せずに転職活動している人は損をしていると言えるでしょう。

もちろん転職エージェントが合わないという人もいますので、利用してみて自分に合わなければ、エージェントの利用をやめればいいだけです。
無料なので、損はありません。
そのあと自分で転職サイトを利用し、転職活動をしていきましょう。

ですが、試しもせずに転職活動をしているなら、一度は利用するのが絶対におすすめですよ。

4.おすすめの転職エージェント

リクルートエージェントは登録者数、求人数、転職支援実績、顧客満足度が最大の転職エージェントです。

求人数は10万件以上で、その80%が非公開求人になっており、多数の求人から最適な紹介してもらえます。

キャリアアドバイザーが面談で強みを発見したり、書類の作成・添削、面接対策だけでなく企業への後押しもしっかり行ってくれます。
国家資格のキャリアコンサルタントの有資格者が多く、サポートがしっかり行ってくれるのも特徴です。

業界大手の1社として「リクルートエージェント」がおすすめです。


おわりに|働きながら転職活動するなら計画的に

働きながらの転職活動は、経済的・心理的なメリットがある反面、時間・体力的にはデメリットが強くなります。

働きながら転職活動を成功させるためには、計画的な転職活動をすることがとても大事になります。

転職活動で潰れてしまわないよう、適度に休息も取りながら効率よく転職活動を行いましょう。

業界未経験業界未経験