映画・動画

【ネタバレあり映画感想】カイジ 人生逆転ゲーム|あらすじとフル動画を無料視聴できるサービスも紹介

映画「カイジ 人生逆転ゲーム」のネタバレ感想と無料視聴フル動画を紹介

「カイジ 人生逆転ゲーム」は2009年に公開された映画。
福本伸行先生原作のコミック「賭博黙示録カイジ」が原作となっており、藤原竜也主演で実写化されました。

友人の借金の連帯保証人になったため、多額の借金を背負ったカイジが一発逆転を狙って命がけのギャンブルに身を投じていきます。

この記事では映画「カイジ 人生逆転ゲーム」のあらすじと感想に加え、フル動画で無料視聴できる動画配信サービスを紹介していきます。

ネタバレ映画感想「カイジ 人生奪回ゲーム」のあらすじとフル動画を無料視聴する方法
【ネタバレあり映画感想】カイジ2 人生奪回ゲーム|あらすじとフル動画を無料視聴できるサービスも紹介2011年公開の映画「カイジ2 人生奪回ゲーム」のネタバレありの感想です。あらすじと感想に加え、フル動画を無料視聴できる動画配信サービスも紹介しています。...

見逃し配信バナー

映画「カイジ 人生逆転ゲーム」をフル動画で無料視聴できる動画配信サービス

映画「カイジ 人生逆転ゲーム」のネタバレ感想と無料視聴フル動画を紹介(C)2009 「カイジ」製作委員会

映画「カイジ 人生逆転ゲーム」を配信している動画配信サービスは以下の通りです。

動画配信サービス カイジの配信 無料体験期間
U-NEXT 31日間
Hulu 14日間
Amazonプライムビデオ 30日間
dTV 31日間
ビデオパス 30日間
TSUTAYA TV 30日間
ビデオマーケット 初月

※◯=見放題、△=レンタル、×=配信なし
※配信情報は2020年1月時点

上の各動画配信サービスには無料体験期間が設けられており、無料体験期間中に解約すれば、お金は一切かかりません。

おすすめなのは見放題対象になっている動画配信サービス。
特におすすめなのは「U-NEXT」です。

  1. 新作動画・見放題動画数が最多
  2. レンタルで利用できる600Pプレゼント
  3. 動画だけでなく、雑誌の読み放題サービスもあり

とサービスが充実しています。

U-NEXTを利用したことがある方は、他の動画配信サービスの無料体験期間を利用して、「カイジ 人生逆転ゲーム」を無料でフル視聴しましょう(・∀・)

U-NEXTを無料体験する

ネタバレあり|映画「カイジ 人生逆転ゲーム」のあらすじと感想

映画「カイジ 人生逆転ゲーム」の内容を最初から結末まで感想を交えながら紹介していきます。

リョウタ
リョウタ
ここからガッツリネタバレあるからね!

ベンツを凹まし、ギャンブルクルーズへ

自堕落な生活を送るカイジ(藤原竜也)の日常から映画はスタート。スクラッチくじに一喜一憂し、コンビニバイトを不真面目にこなし、カップルに因縁をつけられます。

鬱憤を晴らすように、路上に停まっていた高級車を蹴り飛ばしていると、悪徳金融社長「遠藤(天海祐希)」のベンツも凹ましてしまい、捕まってしまいます。

遠藤からカイジが借金の保証人になった友人が逃げたことを告げられ、借金を払うように迫られます。

返す当てがないカイジは拒みますが悪徳金融に通用するわけもなく、途方に暮れます。

そこで借金返済クルーズ「エスポワール」の話を持ちかけられます。上手く行けば一晩で借金チャラという話に引かれ、カイジはエスポワールに乗ることを決断。

危険なギャンブルが始まっていきます!

リョウタ
リョウタ
怪しさ満点だけど、追い詰められたら信じるもんなのかね

エスポワールで限定ジャンケン

エスポワールにはカイジと同じように借金を抱えた大勢が集められていました。

そこにクルーズを仕切る帝愛グループの利根川(香川照之)が現れ、行われるゲーム「限定ジャンケン」の説明が始まります。

限定ジャンケンの参加には1つ100万円の星を3つ、計300万円分購入する必要がある、ということが明らかになりますが全員無一文。そこで300万円は帝愛グループからの「貸し出し」という形になりますが、そこは悪徳金融、1分1割の暴利が付いています。

限定ジャンケンはグーチョキパーのカードを各3枚ずつ計12枚を使った星の奪い合い。
勝利条件は制限時間30分以内に星3つを保有して、カードを使い切ればOK。
借金チャラです。さらに星を多く獲得したプレーヤーは4つ目以降、1つにつき100万円での買取になります。

借金がチャラになる上、大金を得ることができる可能性がある、勝てばリターンが大きなゲームです。

ちなみにこの限定ジャンケンの説明時に当時有名だった「勝たなきゃゴミだ!」というくだりが出てきます。負けたときの処遇を明らかにしない利根川に借金軍団が反発したとき、利根川が吠えました。

リョウタ
リョウタ
正直、ちょっと刺さった(笑)

この演説に感化され、借金軍団が奮起、限定ジャンケンが始まりました。次々にジャンケンが行われる中、カイジは船井という参加者に「全部アイコにしてカードを消化し、ゲームに勝とう」と持ちかけられます。
全てアイコなら星は減らずにカードは消化できるので、必ず勝てる策です。
カイジは船井の策に乗りますが、結果星を2つ奪われていまいます。アイコを続け、安心させたところでカイジを騙し討ち。示し合わせてカードを出すので、リスク無く船井はカイジに勝利し、カイジは星1つ、カード1枚が手元に残りました。

絶望的な状況ですが、この後カイジは石田というおっさんと手を組み、船井を騙すことに成功。船井から星3つを奪い、見事勝利!と思ったところで、石田のおっさんのポケットから未消化のカードが…。
石田のおっさんは一転敗北。地下での強制労働送りに、カイジも石田のおっさんを見捨てることができず、一緒に地下に送られることになりました…。

リョウタ
リョウタ
人がいいんだか、なんなんだか

ちなみに映画の限定ジャンケンは原作コミックの限定ジャンケンよりも、シンプルに改変されています。ゲームの面白さだけだと、コミックの方が抜群に面白いと思いますが、映画の尺に収めるために、変えたんじゃないかと思います。

リョウタ
リョウタ
ガチで作ると限定ジャンケンだけで1本分になるんでしょうね…

地下強制労働からブレイブメンロードへ|悪魔的なビールも

帝愛の焼印を腕に付けられ、逃走防止にマイクロチップも埋め込まれ、地下の強制労働に送られます。

厳しい肉体労働を課せられ、ボロボロになるまで働くものの極わずかな給料(1ヶ月9,100円!)…。
それでも借金返済を目指して蓄えようとするものの、給料日に出店するお店の誘惑と班長の甘言に負け、ビール・焼き鳥・ポテチと使い込んでしまいます…。

リョウタ
リョウタ
悪魔的だぁ…!!ってビール飲むシーンもCMで流れてたよね
リョウタ
リョウタ
あと班長役の松尾スズキさんが最高!「カイジく~ん(笑)」

このままだと死ぬまで地下で強制労働という状況でカイジは一発逆転を狙って、石田のおっさん、地下労働仲間・佐原(松山ケンイチ)とともにブレイブメンロードに挑戦します。

ブレイブメンロードは高層ビルを鉄骨で橋渡した道を渡りきれば1000万円というゲーム。
落ちれば確実に死ぬという状況だったので、参加メンバーは全員尻込み。
そこでカイジは靴に縦線を書き、鉄骨にある中心線を合わせながら歩けば渡れると提案し、全員のクリアを目指します。

全員果敢にチャレンジするものの、やはり実際に超高所の鉄骨を渡るのは簡単ではなく、次々に落下。石田のおっさんもカイジに自分の1000万円引換券を託し、落ちてしまいました…。

リョウタ
リョウタ
カイジが動揺しないように、悲鳴も出さずに落下したシーンは感動的!

カイジと佐原はなんとか鉄骨を渡りきり、ブレイブメンロードクリア!と安心し、佐原がビル内部へのドアを開けた時に外と中との気圧差で突風が発生。佐原は吹き飛ばされ、落下してしまいました。

利根川とEカード決戦

ブレイブメンロードをクリアしたものの、借金の棒引きで1000万円はほぼなくなり、石田のおっちゃんの分は無効と言い渡されます。

カイジは石田のおっさんの娘にお金を渡すため、一獲千金か地下の強制労働逆戻りを掛けて、利根川とEカードで戦います。

Eカードは皇帝、市民、奴隷のカードを使ったゲームで、皇帝は市民に勝ち、市民は奴隷に勝ち、奴隷は皇帝に勝つという力関係。
カードは市民を4枚ずつ、皇帝と奴隷をどちらか1枚を選んで勝負をします。
皇帝側が圧倒的に有利なことから、奴隷側のレートが10倍。カイジは一攫千金を狙うため、奴隷側を選びました。

ゲームは3回勝負で、カイジは良いところ無く、利根川に敗北してしまいます。

あっけなく2回敗れ、手持ちのお金も底をつきますが、カイジは利根川のイカサマを見破ります。そこでカイジは遠藤に5000万円を借り、3回戦に挑戦。

利根川のイカサマはカイジの脈拍をカイジに埋め込まれたマイクロチップで測り、カイジが奴隷のカードを出すタイミングを見ることでした。
カイジは脈拍を乱すため、自分の頭を鏡に打ち付け、出血させます。

さらに飛び散った血をカードに付ける策を使い、利根川を揺さぶり、見事勝利。
カイジは5億円を獲得し、利根川は地下送りとなりました。

リョウタ
リョウタ
最終的にEカード戦ってほぼ心の中の声と顔のゲームだよね(笑)

最後に遠藤さんに苦労したお金のほとんどを回収され、残ったわずかなお金も石田のおっちゃんの娘に渡して、映画は終了しました。

リョウタ
リョウタ
映画冒頭のベンツを凹ました修理代まで請求されてて笑う

映画「カイジ 人生逆転ゲーム」感想まとめ

映画「カイジ 人生逆転ゲーム」のネタバレ感想と無料視聴フル動画を紹介(C)2009 「カイジ」製作委員会

事前にはあまり良い評判を聞いていませんでしたが、個人的には結構面白く見れました。

各ゲームでカイジは頭を使って攻略法をひねり出し、奇跡ではなく、自分の力で勝利を手繰り寄せるというところがいいですよね。

限定ジャンケンで使われた船井をハメた策を伏線にして、最後のEカードで利根川をハメたところはめっちゃ良かったんじゃないかと。

カイジの原作ファンや藤原竜也の演技が合わない人が批判してるっぽいですね。

  • 「ブレイブメンロードの渡り方がすり足の方がいいんじゃないか?」
  • 「そもそも石田のおっさんはなんでブレイブメンロードについてきてんだ?」
  • 「Eカード戦の利根川あんなにわかりやすく目線外してたらダメだろ(笑)」
  • 「というかEカードのすり替え動作、あんなにわかりやすくやる?」
  • 「映画なのに心情描写をセリフで言いすぎじゃない?」
  • 「やっぱ藤原竜也って映画俳優っていうか演劇っぽいなぁ」
  • 「松山ケンイチやっぱり華ある」
  • 「吉高由里子可愛い…」

などなど色々と思うところはありますが(笑)

個人的には力強いワードや演技も嫌いじゃないので、トータル楽しく見れました(・∀・)

続編やファイナルゲームも見に行くと思います。

上で紹介した動画配信サービスだと無料体験で見ることができますので、この「カイジ 人生逆転ゲーム」を見てみてください!

見逃し配信バナー見逃し配信バナー

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA