旅行記

【京都旅行記】城南宮の「しだれ梅と椿まつり」に行ってみた|2019年3月

城南宮のしだれ梅と椿

今回は2019年3月に行った、京都の神社「城南宮」への旅行記です。

城南宮は五社巡りの内の1社として知られていますが、梅の名所としても有名。梅の見頃期間には「しだれ梅と椿まつり」が城南宮内の神苑で開催されます。

今年初めて見に行ってきました(*’ω’*)

城南宮の梅情報

梅情報まとめ
  • 見頃情報:2月下旬~3月上旬
  • 開花情報:公式サイト
  • 規模:約150本
  • 種類:しだれ梅
  • しだれ梅と椿まつり:例年2月中旬~3月下旬
  • 梅が枝神楽:例年2月中旬~3月下旬
    →時間:平日10時、土日祝10時・15時
    →初穂料(梅の花守り特別授与):1,000円
    →観覧:無料
  • 時間:境内自由
    ※神苑:9時~16時30分(受付~16時)
  • 定休日:無休
  • 料金:境内無料
    ※神苑拝観料:大人600円、小中生400円
  • 住所:京都府京都市伏見区中島鳥羽離宮町7(地図)
  • TEL:075-623-0846
  • 公式サイト:城南宮

さらに詳しく知りたい方は以下の記事をあわせてお読みください。

京都の梅の名所「城南宮」見頃や開花情報、アクセスなどを紹介
【2020年】しだれ梅と落ち椿が美しい「城南宮」見頃やアクセス・駐車場情報を紹介!城南宮は京都市伏見区にある神社で、京都5社の一つです。平安遷都の際に都の南に国を守護する神社として創建されて以来、方除・厄除の神と仰がれ...

旅行記|城南宮「しだれ梅と椿まつり」に行ってみた

神苑に入る前に「梅が枝神楽」を見る

15時頃に城南宮に着きました。
城南宮へは大阪から竹田駅まで電車、下車後徒歩で約20分くらいで到着。

早速「しだれ梅と椿まつり」をやっている神苑に入ろうかと思いましたが

めっちゃ並んでいたので、とりあえず本殿へお参りすることにしました(^_^;)

すると15時15分頃に本殿横の神楽殿で「梅が枝神楽」が始まるとのことだったので、見てみることにしました。

「梅が枝神楽」とは梅の枝を冠にさした巫女さんが神楽を舞うイベントです。


巫女さん可愛い(*^^*)


神楽が終わったあと、希望者一人一人をお祓いしてます。(有料:1,000円)

期間中は毎日やっているようなので、時間が合う方は見てみるのがおすすめです。
公式サイトを見てみると、

  • 平日:10時
  • 土日祝:10時、15時

からやっているそうです。

神苑に入って写真を撮る

梅が枝神楽を見たあと、いよいよ神苑に入ります。
拝観料は大人600円、小・中学生400円です。

神苑内に入るとチラホラ花が。

これらはなんという花なんでしょうか(笑)

少し進むと、しだれ梅がたくさん咲いている場所に。

これだけしだれ梅がたくさんあると、めちゃハデですね!個人的に梅は地味なイメージがあったのですが、ここで覆りました。

しかし観光客もめちゃめちゃ多い(笑)

いい感じで写真を取れそうな場所には人が固まってしまいます。
まぁ仕方ないですね(^_^;)
平日でこれなら、土日祝はどれほど多いんでしょうか…。

以下写真です。

見どころのしだれ梅と落ちた椿の写真を撮る

この城南宮の見どころとして知られているのが、しだれ梅と落ちた椿を一緒に見れるポイントです。

ここでは多くの観光客・カメラマンが撮影していました。

落ちた椿だけでも絵になります(*^^*)

行ったのは夕方頃の時間でしたが、撮影方向は逆光気味。午前中のほうが、色はハッキリ出そうですね。

平安の庭~室町の庭を見学して終了

しだれ梅と椿のポイントを過ぎると、あとはゆっくりお庭を楽しみます。

椿がチラホラ。

▼平安の庭

平安の庭は紅葉がとても綺麗とのことです。

梅も数は少ないですが、咲いています。

▼室町の庭

▼楽水軒

楽水軒では別途300円でお抹茶と和菓子がいただけます。

こんな感じで、室町の庭で終わりです!

 

おわりに|城南宮のしだれ梅はハデ

ぼくにとって城南宮は梅のイメージを覆された場所になりました。

梅には地味だとか、良くて可愛いというイメージだったのですが、しだれ梅が立ち並ぶ様は華やかを通り越してハデでした(*^^*)

春は桜から写真を撮りに行くことが多かったのですが、来年以降は梅の名所にも積極的に行きたいと思います。

もし城南宮の梅を見たことがない方は、ぜひ一度、行ってみてください。
一見の価値ありです!

そんな感じで終わりです!
読んでいただき、
ありがとうございました(*’ω’*)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA