和歌山の絶景

和歌山の工場夜景「ENEOS和歌山製油所(旧東燃ゼネラル石油)」夜景写真やアクセスなどを紹介!

和歌山の工場夜景「ENEOS和歌山製油所(旧東燃ゼネラル石油)」

本記事は和歌山の工場夜景「ENEOS和歌山製油所(旧東燃ゼネラル石油)」の記事です。

ENEOS和歌山製油所は和歌山県有田市にある製油所で、関西でも有名な向上夜景スポットです。

リョウタ
リョウタ
FF感があります!

この記事ではENEOS和歌山製油所(旧東燃ゼネラル石油)の夜景写真やアクセスなどを紹介していきます。

ENEOS和歌山製油所(旧東燃ゼネラル石油)の夜景写真と基本情報

和歌山の工場夜景「ENEOS和歌山製油所(旧東燃ゼネラル石油)」

ENEOS和歌山製油所は、かつて東燃ゼネラル石油和歌山工場という製油所でした。どちらかというと東燃ゼネラル石油という名前のほうが有名かもしれません。

東燃ゼネラル石油がJXエネルギーに吸収合併され、JXTGエネルギーに。JXTGエネルギーがENEOSに社名変更され、現在のENEOS和歌山製油所となりました。

リョウタ
リョウタ
ネットで調べた時には東燃ゼネラル石油という名前で多く出てきました

このENEOS和歌山製油所は工場を近くの山の中腹から、割と近い距離で見下ろせます。

上のGoogleマップのストリートビューの場所が夜景スポットです。

リョウタ
リョウタ
当日、現場の写真撮るのを忘れました!

上記の場所に来ると、木がなく、工場の方向が開けており、近未来的な工場夜景が見られます(*’ω’*)

和歌山の工場夜景「ENEOS和歌山製油所(旧東燃ゼネラル石油)」
リョウタ
リョウタ
FF感!!!!

ただし写真は同じ場所から撮影するので、変化をつけるのが難しく感じました。

和歌山の工場夜景「ENEOS和歌山製油所(旧東燃ゼネラル石油)」アップしてみた

また、夜景スポットから少し坂を上がったところに、ちょっと斜めに撮れる場所がありましたが、そんなに変化はつけれませんでした。

和歌山の工場夜景「ENEOS和歌山製油所(旧東燃ゼネラル石油)」斜めから撮った写真です

ちなみにネット上では、この場所より上から撮ったと思われる写真も見かけましたが、この場所より上は立入禁止になっていました。

リョウタ
リョウタ
カメラマンのマナーが悪かったようです。



ENEOS和歌山製油所(旧東燃ゼネラル石油)夜景スポットへのアクセス

アクセスまとめ
  • 大阪方面から車:海南ICから約20分
  • 白浜・串本方面から車:有田南ICから約25分
  • 電車:JR初島駅から徒歩約21分
  • 地図:

夜景スポットへは車でアクセスがおすすめ

ENEOS和歌山製油所を見下ろせる夜景スポットへは車でのアクセスがおすすめです。

大阪・和歌山市方面から行く方は「海南IC」から、白浜・串本方面から行く方は「有田南IC」からそれぞれ20~25分程度で到着できます。

ただ、夜景スポットへアクセスするための道は狭く、車は軽自動車~普通車サイズでないと厳しいでしょう。

リョウタ
リョウタ
大きな車はやめといた方がいいと思います。

また夜景スポットも駐車場があるわけではなく、車を端に寄せて駐車する形です。

現場で見た限り、駐車できそうなのは5台前後だと思います。

電車で行く方はJR初島駅から徒歩

車では行けないという方は、JR初島駅から徒歩で行くことも可能です。

初島駅から夜景スポットまでは徒歩で約21分と、歩けない距離ではありません。

ですが狭い道に車が往来するので、少々危険です。
特に夜間は視界が悪いので、懐中電灯を持つなど、なるべく安全を確保しながら行くようにしてください。

リョウタ
リョウタ
懐中電灯で、早めに自分の位置を車に知らせて!



まとめ|ENEOS和歌山製油所(旧東燃ゼネラル石油)の工場夜景はFF感満載だぞ!

以上、ENEOS和歌山製油所(旧東燃ゼネラル石油)の工場夜景について紹介しました。

他の関西の工場夜景と比較すると、割と近めで撮影できる工場夜景スポットです。

リョウタ
リョウタ
ぼくは24-70mmと70-200mmのレンズで撮影しました!

デート向きとは言えないかもしれませんが、写真撮影が趣味な方にはおすすめです。

工場夜景スポットがそんなに多くないですし、ENEOS和歌山製油所(旧東燃ゼネラル石油)には、ぜひ行ってみてください!

そんな感じで終わりです!
読んでいただき、
ありがとうございました(*’ω’*)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA