四国地方の絶景

日本のウユニ塩湖こと香川の絶景「父毋ヶ浜」アクセスや撮影方法などを紹介!

香川県の絶景「父母ヶ浜」

今回は香川県の絶景スポット「父毋ヶ浜」についての記事です!

父毋ヶ浜は日本の中でも屈指の絶景スポットで、テレビや雑誌など色んなメディアに紹介されています。
近年とても人気が出ていて、多くの観光客やカメラマンが押し寄せています。

ちなみに上の写真はぼくが撮りました!(*’ω’*)

この記事では

  1. 父母ヶ浜の写真映えする撮り方
  2. 父母ヶ浜へのアクセス
  3. 父母ヶ浜周辺のスポット

などを紹介していきます。

父母ヶ浜とは|日本のウユニ塩湖と呼ばれる絶景スポット

香川の絶景|父母ヶ浜|アクセス、撮り方、周辺スポット

父毋ヶ浜は日本のウユニ塩湖とも呼ばれています。
水面が鏡のようになって、空が写り込む画がウユニ塩湖と似ているからです。

本物のウユニ塩湖はこちら

…ぼくの写真と比較すると差が激しすぎますね(´;ω;`)ウッ…
でも父毋ヶ浜も本当に素晴らしい場所なので、他の人の写真もご覧下さい。

このように風がなくて、水たまりの水面が動かなければ、鏡のように水面が空を映します。

条件が揃えば誰でも簡単にいい写真が撮れるということもあって、とても人気のスポットです。

めっちゃ人いましたよ!平日なのに!

父母ヶ浜を綺麗に撮影する方法

父母ヶ浜で綺麗な写真を撮るのはそれほど難しくはありません。
必要な条件が揃って、撮り方さえ知っていれば、誰でも綺麗な写真が撮影可能です。

ここからは

  1. 綺麗に撮るために必要な条件
  2. 撮影方法

を紹介していきます。

必要な条件|干潮・日の入り・風がない日を選ぼう!

  1. 干潮
  2. 日の入り
  3. 風がない

この3点が大事です。
順に説明していきます。

1.干潮

干潮は必須の要素です。
海は常に波があるので、空が映り込むことはありません。
水面が動かない鏡面のようになるのは、潮が引いたところにできる水たまりだからです。

干潮時には大きな水たまりができるポイントがあります。
水たまりの場所は人がたかってるので、行ってみるとすぐに分かりますよ(*^^*)

2.日の入り

次の条件は日の入りです。

日の入りがいい理由は、マジックアワーに空の色がグラデーションになるからです。
早めに行けば、

  1. 青い空
  2. 夕焼けの赤い空
  3. マジックアワーのグラデーションになった空

それぞれの時間帯で水たまりに空が反射した姿を撮ることができます。

また日の入りは次のポイントである「風が少ないこと」が多い点も一つの理由です。

3.風がない

最後は風がないということです。

風があると水たまりに空は映りません。
波立つばかりです(^_^;)

風が吹いていても綺麗な夕焼けやマジックアワーの写真を撮れることができます。
ですが父母ヶ浜の魅力は半減してしまいます。

気象情報をよく確認して、父母ヶ浜に行きましょう。

撮影方法|低く構えて撮るべし

次に撮影方法です。

以下の2点を意識しましょう。

  1. カメラマンは低く構える
  2. モデルの人は水たまり近くに立つ

撮るときにはこの2点を意識すると、キレイに鏡面のような写真を簡単に撮ることができます。
モデルの方は水たまりに入ると水面が動いちゃうので、気を付けてくださいね!

1人でも大丈夫!寂しい写真にはなりません

香川の絶景|父母ヶ浜|アクセス、撮り方、周辺スポット

父母ヶ浜は香川県を代表する絶景スポットなので多くの観光客が来ています。

ですので1人で撮影をしていても、どうしても人が入ってきます。
ですが人が入ってくるのは悪いことではなく、広い父母ヶ浜の中でアクセントになってくれて、とてもいい感じの写真を撮ることができます。

撮影した写真で写り込んだ人が特定できる場合は写った人の許可が必要になりますが、逆光でシルエットになるため特定はほぼ不可です。
ということで許可は不要だと思われます。
参考:https://ec-houmu.com/shouzouken_uturikomi.html#i-4

一人で行っても寂しい写真にはなりませんよ!笑

 

父母ヶ浜へのアクセス|車がおすすめ!

香川の絶景|父母ヶ浜|アクセス、撮り方、周辺スポット

父母ヶ浜へは

  1. コミュニティバス
  2. うどん空港シャトル
  3. 周遊シャトルバス

の4通りでアクセス可能です。

1.コミュニティバス|月~土に運行(日祝運休)

コミュニティバスはJR詫間駅から運行しています。
仁尾線三豊総合病院行き」に乗ってください。

コミュニティバス概要
  • 所要時間:約24分
  • 料金:100円(お釣りの出ないように用意)
  • 2時間に1本程度の運行
  • 日曜日・祝日は運休

コミュニティバスは現在1日に6~7便が運行。
以前は6便だけでしたが、日の入りが遅くなる4~9月末の期間のみ臨時便が運行しています。
臨時便は父母ヶ浜始発で「仁尾庁舎」と「詫間駅」にのみ停車です。
19時40分発なので、撮影に夢中になり過ぎないように注意してください。

ちなみに詫間駅まではJR高松駅から特急または快速で約40分です。

2.うどん空港シャトル|高松空港発・琴平経由

高松空港からも「うどん空港シャトル」という空港シャトルバスが出ているので、飛行機で香川に行く方も簡単にアクセスできます。

うどん空港シャトルのルート
高松空港⇒琴平⇒三豊市役所⇒ゆめタウン三豊⇒父母ヶ浜
となります。

高松空港から父母ヶ浜までの運賃
大人2,000円、小人1,000円
です。

高松空港から父母ヶ浜までの所要時間は約1時間50分となります。

時刻表はうどん空港シャトルの公式サイトで確認できますので、利用される方は確認しておいてください。

3.周遊シャトルバス(ハーツシャトル)

父母ヶ浜を通る周遊シャトルバスの運行もしています。

周遊ルートは
JR詫間駅~紫雲出山~父母ヶ浜~高屋神社下宮~銭形砂絵展望台~琴弾公園~茶屋ガーデン前~JR観音寺駅~かんぽの宿
と回ります。
※休日のみ「詫間駅」と「父母ヶ浜」の間に「紫雲出山」に停車。

チケット料金

  • 大人1日乗り放題:1,000円
  • 子ども・障害者手帳をお持ちの方:500円
  • 未就学児(大人1名につき1名のみ):無料

となります。

時刻表は公式サイトにて確認して下さい。

4.車・駐車場|香川旅行の基本は車!

父母ヶ浜へのアクセスは車が最もおすすめです
香川県は公共交通機関がそれほど充実していないので、他の観光地に行くにしても、車がないと不便になってしまいます。

普段車を運転しない方もレンタカーを利用するのがおすすめです。

父母ヶ浜は国道沿いで、かなりわかりやすい場所にあるため、ナビですんなり到着できます。

駐車場は以下の場所にあります。

駐車場は基本的に無料ですが、右上の大型バス駐車場のみ有料です。
普通車の方は他の3ヶ所に駐車するようにしてください。

また左の駐車場の横に「ひむろ」というカフェがあるのですが、ひむろの駐車場に停めないように注意!
ひむろの駐車場は10台と多くありません。
ひむろさんに迷惑がかかるので、海水浴場側の駐車場を利用するようにしてください。

車で行くならなるべく早く!

車で父母ヶ浜へ行くなら、日の入り時刻直前ではなく、なるべく早く着くようにしましょう。

ぼくは平日の日の入り2時間前に父毋ヶ浜に到着したのですが、その時点でかなりの車が駐車されていました。

金曜だったとはいえ、平日で仕事してる人が多い時間なんですが…(^_^;)
おそらく土日祝だと、かなりの混雑が予想されます。

日の入りよりかなり前でも風がなければ美しい写真を撮ることが可能です。
普通に遊んでも楽しいと思いますので、混雑する前に、余裕を持って父母ヶ浜に行くようにしてください(・∀・)

Instagramに投稿した父母ヶ浜の写真

他にもインスタにアップしてますので、見ていただけると嬉しいです(*’ω’*)

おまけ|父母ヶ浜が目の前のカフェ「ひむろ」

父毋ヶ浜海水浴場には「ひむろ」さんという、めちゃくちゃおいしいかき氷を出すカフェがあります。

メニューはいろいろあるんですが、ぼくのおすすめは「ボイセンベリー」です。

香川の絶景|父母ヶ浜|アクセス、撮り方、周辺スポット

ベリー系らしく甘酸っぱくてとってもおいしいです!
ヨーグルトも入っているので、甘くてまろやかです。

店内もおしゃれでゆったり過ごせますよ(*’ω’*)

ひむろの店舗情報

 

まとめ|香川に行ったら父母ヶ浜に絶対行こう!

香川の絶景|父母ヶ浜|アクセス、撮り方、周辺スポット

以上、香川の絶景スポット「父母ヶ浜」について紹介しました。

実際に見る父母ヶ浜の鏡面の世界はホントに綺麗で感動的です。
行った直後からまた行きたいと思っています(・∀・)

写真好きでなくても一見の価値あり!
香川旅行でぜひおすすめしたい絶景スポットです。

また別の記事で紹介している「天空の鳥居」こと「高屋神社」が近くにあります。
車で約20~30分ほど(GoogleMap調べ)の距離なので、父母ヶ浜とセットで行くのもおすすめです。

香川県・高屋神社(天空の鳥居)
高屋神社/天空の鳥居|インスタ映え間違いなし!車で行けるが気をつけろ!こんにちは、リョウタです(*'ω'*) この記事では香川県で天空の鳥居と名高い「高屋神社」についての記事です。 高屋神社...

そんな感じでおわりです!
読んでいただき、
ありがとうございました(*’ω’*)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA