奈良の絶景

【2019年版】奈良の彼岸花名所「葛城古道・九品寺周辺」|見頃やアクセスなどを紹介

奈良の彼岸花名所「九品寺周辺」

奈良県御所市の葛城古道にある「九品寺(くほんじ)」は奈良時代の僧・行基によって開かれたお寺です。
九品寺周辺は彼岸花が咲き誇る名所でもあり、見頃には多くの見物客が訪れます。

この記事では

  1. 九品寺周辺の彼岸花情報(見頃や開花情報など)
  2. 九品寺へのアクセス
  3. 九品寺周辺での撮影マナーについて

などを紹介していきます。

見頃・開花情報は?葛城古道・九品寺周辺の彼岸花情報

奈良の彼岸花名所「九品寺周辺」

改めて九品寺は奈良県御所市、葛城連山の麓にある「葛城古道」の道中にあるお寺です。
宗派は浄土宗で、奈良時代の僧「行基」が開きました。

境内にある千体石仏群は圧巻です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

#御所市 #九品寺 #千体石仏 #奈良県景観資産 #奈良 #石仏 #前掛け

Kenjiタニーケさん(@kenji_tanyke)がシェアした投稿 –

彼岸花は九品寺境内には咲いておらず、九品寺境内の外・北東側の空き地や野原、田畑の畦に多く咲いています。

見頃は9月下旬ごろ。お彼岸の頃ですね。

公式で開花情報を出してるところはありません。
Twitterなどで各自検索して、リアルタイムな情報を得てから行くようにしましょう。

ちなみに九品寺周辺で咲いていますが、九品寺が管理しているわけではありません。
ということで九品寺からも開花情報は出ていません。
九品寺に彼岸花の問い合わせもしないようにしてください。
近年、無用な問い合わせが増えて迷惑しているようです。

彼岸花情報まとめ

見頃情報:9月下旬ごろ

開花情報:Twitter検索(彼岸花 九品寺)

時間:24時間自由

定休日:なし

料金:無料

住所:奈良県御所市大字楢原1188(九品寺)

TEL:なし

公式サイト:なし

地図:九品寺を表示




九品寺周辺での彼岸花撮影マナー悪化が問題化

九品寺周辺の彼岸花では撮影マナーの悪化に伴うトラブルの増加が問題になっており、地域住民から「もう無くそう」の声も出ているようです。

九品寺周辺の彼岸花は地域の方々が手をかけて育成されており、素晴らしい景観が守られています。
ですがSNSなどで人気が出て以降、多くの人が訪れるようになったこともあり、

  1. 花の踏み荒らしや
  2. 九品寺への無用な問い合わせ
  3. 駐車場トラブル

などなどの問題が増加。

踏み荒らしの結果、現在の彼岸花の規模はかつての半分程度になってしまい地域の方々の思いを踏みにじる結果になっています。

以下の記事に詳しく書かれていましたので、九品寺周辺の彼岸花を見に行くつもりがある方はぜひ読んでみてください。




九品寺周辺の彼岸花スポットへのアクセス

公共交通機関

公共交通機関で行く場合、電車の最寄り駅は「近鉄御所駅」もしくは「JR御所駅」になります。
2つの駅は徒歩でスグの場所にあるので、アクセスしやすい方を利用してください。

九品寺へは駅から徒歩で40分ほどかかります。

遠いと感じる方は御所駅の近くでレンタサイクルの利用も検討してみてください。
御菓子司 あけぼ乃」さんで貸し出ししています。
貸し出しはシティサイクル(1日700円)と電動アシスト自転車(1日1,200円)2種類ですが、起伏が多いので電動アシスト自転車がおすすめです。
>>御菓子司 あけぼ乃【奈良県自転車利用総合サイト】

近鉄御所駅からバスも出ていますので紹介します。
近鉄御所駅から御所市コミュニティバス「西コース内回り循環」に乗車し「楢原」バス停にて下車。
そこから徒歩約5分で九品寺周辺に到着します。
近鉄御所駅から楢原までは約19分、運賃100円です。
>>御所市コミュニティバス「ひまわり号」|御所市

または近鉄御所駅から奈良交通バス「葛城ロープウェイ前行」に乗車し、「櫛羅」バス停にて下車。
そこから徒歩約20分で九品寺周辺に到着します。
近鉄御所駅から櫛羅までは約10分、運賃200円です。
>>奈良バスなびWeb

大幅に歩く時間を減らせるので、なるべく楽して安く行きたい人にはおすすめです。
1時間に1本程度と本数は少ないです。
バスを利用する場合は時刻表を事前に確認しておきましょう。

サクッと到着したい人にはタクシーの利用がおすすめです。
近鉄御所駅から九品寺周辺までタクシーを利用すると

  • 所要時間:約6分
  • 料金目安:1,000円

となります。(ナビタイム調べ)

車・駐車場

車で行く場合、主要都市から九品寺までは

  1. 大阪市から49分(有料区間あり)~55分
  2. 奈良市から37分~59分
  3. 京都市から1時間24分(有料区間あり)~1時間45分

という感じです。

駐車場は九品寺の駐車場が利用できます。
駐車料金は無料で、駐車可能な台数は20台程度です。

彼岸花の見頃には混雑しますので、駐車場を利用するとしても早めに済ませましょう。
九品寺に参拝したい方の迷惑にもなってします。




九品寺周辺の彼岸花の写真(SNSより引用)




まとめ|九品寺周辺の彼岸花はいいぞ

奈良の彼岸花名所「九品寺周辺」

ということで九品寺周辺の彼岸花を紹介しました。

九品寺周辺の彼岸花の群生はまるで燃える赤い雲のようで、とても見事ですよね。
見頃にぜひ行ってみたい彼岸花のスポットです。

マナー悪化について触れましたが、地元住民の方々が大事に育ててくださっているスポットですので、マナーはきちんと守りましょう。

同じ葛城古道内に「一言主神社」という彼岸花の名所がもう一つありますので、そちらとセットで行くのがおすすめです。

休日一日かけて「葛城古道」を踏破するのもいい運動になりますよ(・∀・)

その他、関西の彼岸花の名所を下の記事でまとめていますので、こちらも読んでみてください。

そんな感じで終わりです!
秋の旅行やお出かけの参考になれば嬉しいです(*^^*)

読んでいただき、
ありがとうございました(*’ω’*)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA