旅行・お出かけ

関西が誇る黄金の海へ行こう!ススキの名所5選【2019年版】

関西・奈良でおすすめのススキ名所「平城宮跡」

今回は「関西でおすすめのススキの名所」についてです。

ススキといえばそこら中で見れる花ですが、群生地の名所で見ると絶景に化けます。
夕暮れに風で黄金のススキが波打つ様子は、まるで「ナウシカ」の世界です!
秋のコスモスや紅葉にも負けない光景が見れるので、10~11月の旅行やお出かけにおすすめですよ。

この記事には関西でおすすめのススキの名所をピックアップして

  1. ススキ情報(見頃・開花情報など)
  2. アクセス

を紹介しています。
ちなみに順不同で、おすすめ順とかではありません。

ススキとは|開花期は9~10月。関西の見頃は10月~11月

関西のおすすめススキ名所

分類:イネ科ススキ属

開花期:9月~10月

花言葉:活力、心が通じる

ススキは十五夜(中秋の名月)に飾られるなど、日本の秋を象徴する植物で、秋の七草の一つでもあります。
山から高原、野原、空き地、道端などなど日本中で広く見られますね。

開花期は9月~10月で、開花後は白っぽい色から銀色、金色っぽい色へと変化。
開花から1ヶ月後くらいが金色っぽくなってくる時期で、10月~11月ごろが見頃とされています。
関西でも見頃は10月~11月ごろの場所が多いです。

またススキにも花言葉があります。(そもそも花と思ってなかったからビックリした)
「活力」は焼け野原からでも生えだすススキの強い生命力から、「心が通じる」は真っ直ぐな立ち姿から由来しています。




関西でおすすめのススキの名所5選+1

関西のおすすめススキ名所

1.岩湧山(いわわきさん)|大阪府河内長野市

関西・大阪のススキの名所「岩湧山」

岩湧山」は大阪府河内長野市にある山です。
標高は897mで天気がいい日には淡路島まで見渡せます。
行楽シーズンにハイキングに訪れる方が多く、様々なハイキングコースを楽しめるのが魅力です。
秋には山頂一帯にススキの草原が広がり、ススキの波打つ姿を見ることができます。

滝畑ダムから紀見峠駅まで初心者用としてしっかり歩きやすく整備されたコースがあるので、そこを歩くのがおすすめです。
ススキの絶景も山頂付近でしっかり見ることができます。
所要時間は4時間ほど。撮影などもするなら5時間ほど見ておけばいいと思います。
滝畑ダム方面、紀見峠駅方面のどちらからでも入れますが、滝畑ダム方面から入って紀見峠駅方面に抜けるのがおすすめ。
バスは本数が少ないですが、紀見峠駅を通る電車の本数はそこそこあるので、帰りを考えると便利ですよー(*’ω’*)

基本情報・アクセス

見頃情報:10月中旬~11月中旬

開花情報:Twitter検索(岩湧山 ススキ)

時間:24時間自由

定休日:なし

料金:無料

住所:大阪府河内長野市滝畑

TEL:0721-53-1111(河内長野市環境経済部産業観光課)

公式サイト:なし

地図:

アクセス:
→近鉄・南海河内長野駅よりバスに乗車。「滝畑ダム」下車後、山頂まで徒歩約1時間30分
→南海紀見峠駅より徒歩約2時間

駐車場:なし。河内長野駅や林間田園都市駅周辺のコインパーキング利用がおすすめ

2.砥峰高原(とのみねこうげん)|兵庫県神崎郡

関西・兵庫のススキ名所「砥峰高原」

砥峰高原」は兵庫県神崎郡神河町にある高原。
村上春樹さん原作の映画「ノルウェイの森」、大河ドラマ「平清盛」「軍師官兵衛」の撮影が行われたことで有名です。

秋には約90haものススキの草原が広がり、その規模は西日本有数。
毎年9月に「観月会」、10月に「ススキまつり」のイベントが行われます。

公共交通機関でのアクセスでは10~11月に寺前駅から直通バス(有料)が運行。
予約が必要なので、事前に電話をしてください。

基本情報・アクセス

見頃情報:9月下旬~11月上旬

開花情報:かみかわライブカメラTwitter検索(砥峰高原 ススキ)

規模:約90ha

イベント:
【観月会】2019年9月14日(土)
【ススキまつり】2019年10月20日(日)

時間:24時間自由

定休日:なし

料金:無料

住所:兵庫県神崎郡神河町川上砥峰高原

TEL:
→0790-34-1001(神河町観光協会)※水曜休み
→0790-31-8100(とのみね自然交流館)※月曜休み

公式サイト:かみかわ観光ナビ

地図:

アクセス:10月~11月のススキの見頃にJR寺前駅から直通バス運行※要予約

駐車場:100台・例年9月中旬ころから「自然保護管理料および駐車場代」500円/1台が必要

3.曽爾高原|奈良県宇陀郡

関西・奈良のススキの名所「曽爾高原」

曽爾高原」は奈良県宇陀郡曽爾村にある高原。
奈良県と三重県の間に位置しています。

春から夏には新緑の爽快な風景を見ることができますが、特に人気があるのが秋のススキ。
高原をススキが覆い、夕暮れの金色のススキが波打つ様子はまさに絶景です。

日没後にお亀池周辺で「曽爾高原山灯り」が開催。
約200個の燈籠が飾られ、幻想的な風景が楽しめます。

公共交通機関のアクセスは名張駅からのバス利用となりますが、本数はそこまで多くありません。
バスの時間を事前にしっかり確認しておきましょう。

基本情報・アクセス

見頃情報:9月下旬~11月下旬

開花情報:Twitter検索(曽爾高原 ススキ)

規模:約40ha

曽爾高原山灯り:2019年9月14日(土)~11月24日(日)日没~21時

時間:24時間自由

定休日:なし

料金:無料

住所:奈良県宇陀郡曽爾村太良路

TEL:0745-94-2106(曽爾村観光協会)

公式サイト:曽爾村観光協会

地図:

アクセス:
→名張駅より三重交通バス「山粕西行」乗車。「太良路」下車後、徒歩約55分
→名張駅より三重交通バス「曽爾高原行」乗車。「曽爾高原」下車後、徒歩約20分(10/1~11/30のみ)

駐車場:150台・800円/1日




4.葛城高原|奈良県御所市

葛城高原」は奈良県御所市にある葛城山の山頂付近に広がる高原。
5月半ばごろに咲く「一目百万本」とも言われるツツジの名所として有名です。
実はススキの名所でもあり、秋には一帯がススキの大海原になります。

アクセスは葛城ロープウェイで、他のスポットに比べると容易。
ロープウェイの乗り場までは御所駅からのバスになります。

山上には「国民宿舎 葛城高原ロッジ」があり、食事や入浴、宿泊などができますので、一日楽しむこともできますよ。

基本情報・アクセス

見頃情報:9月中旬~10月下旬

開花情報:葛城高原ロッジ(今日の葛城高原)Twitter検索(葛城高原 ススキ)

時間:24時間自由

定休日:なし

料金:無料

住所:奈良県御所市櫛羅

TEL:0745-62-5083(葛城高原ロッジ)

公式サイト:葛城高原ロッジ

地図:

アクセス:近鉄御所駅から奈良交通バスにて「葛城ロープウェイ前」まで乗車。「葛城登山口駅」から葛城山ロープウェイにて「葛城山上駅」まで乗車。下車後、徒歩約15分。

駐車場:約120台・1,000円/1台
※駐車場は葛城登山口駅のみ。駐車後はロープウェイを利用

5.生石高原(おいしこうげん)|和歌山県海草郡・有田郡

関西・和歌山のススキの名所「生石高原」

生石高原」は和歌山県北部の長峰山脈にある高原。
関西随一とも言われるススキの名所として有名です。

秋になると生石高原は一面ススキで覆われ、さながらススキの海となります。
夕方に空もススキも黄金に染まる様子はまさに絶景です。

また生石高原は星空鑑賞の名所でもあるので、昼から夜までたっぷり楽しむこともできますよ。

アクセスはやはり車がおすすめ
駐車場は190台と多めではあるものの、秋の休日などは混み合うこともあります。

公共交通機関を利用する場合はJR海南駅からオレンジバスの「登山口行」に乗り、終点「登山口」にて紀美野町コミュニティバス小川線に乗り換え。
「小川八幡」下車後、近くの登山口から生石高原まで歩きます。
2時間ほどかかりますので、歩く場合は気合を入れていきましょう。

基本情報・アクセス

見頃情報:9月下旬~11月上旬

開花情報:紀美野町公式サイトTwitter検索(生石高原 ススキ)

規模:約13万㎡

時間:24時間無料
※山の家 おいし:9時30分~16時30分

定休日:なし

料金:無料

住所:和歌山県海草郡紀美野町中田899-29

TEL:073-489-3586(山の家 おいし)

公式サイト:紀美野町観光協会

地図:

アクセス:JR海南駅からオレンジバス「登山口行」乗車。終点下車後、紀美野町コミュニティバス乗車。「小川八幡」下車後、登山コースを徒歩約2時間。

駐車場:約200台・無料

+1.青山高原|三重県伊賀市

三重県は関西ではないので+1扱いで。

さて「青山高原」は三重県伊賀市から津市にかけて広がる高原で、室生赤目青山国定公園の中心にあります。
関西の軽井沢とも言われる見晴らしのいい高原のドライブコースです。

また青山高原には国内最大級の風力発電の風車群があり、巨大な風車が立ち並ぶ様子は圧巻。
秋には高原に広がるススキと風車群の共演が楽しめます。

青山高原へは車でのアクセスがおすすめで、起伏のなだらかな高原で気持ちの良いドライブが楽しめます。
車以外では駅から歩くしかないようで、2時間以上かかります(^_^;)
いい運動にはなりますが、やっぱり車にしとくのがおすすめです(笑)

基本情報・アクセス

見頃情報:9月下旬~10月下旬

開花情報:Twitter検索(青山高原 ススキ)

時間:24時間自由

定休日:なし

料金:無料

住所:三重県伊賀市勝地

TEL:
→0595-52-5202(伊賀上野観光協会 青山支部)
→0595-52-4117(青山高原山頂小屋(16時まで))

公式サイト:津市観光協会公式サイト レッ津ゴ~旅ガイド

地図:

アクセス:JR西青山駅もしくは東青山駅より徒歩約120~160分

駐車場:無料(7ヶ所あり)




おまけ|気軽に行ける関西のススキの名所

ここまで紹介してきたススキの名所は登山が必要だったり、アクセスが困難なところばかりです。
そこで規模などは落ちるものの、アクセスが比較的容易でススキも楽しめるスポットを紹介します。

若草山|奈良県奈良市

若草山」は奈良県奈良市の奈良公園の奥にある芝生に覆われた山です。
奈良市で観光したことがある人なら、見たことある人や登ったことがある人も多いかと思います。

標高342mと低山で、気軽にハイキングが楽しむことができ、秋にはススキを楽しむことができます。
夕焼けや鹿と合わせて撮ったり、奈良市を背景にススキを撮れるスポットです。

山ではありますが、麓から山頂までは30~40分とそれほどかかりません。
普段運動しないぼくが登ってみると結構疲れましたが、歩きやすい服装と靴なら大丈夫です。

また若草山からの夜景が民間の夜景愛好家団体により「新日本三大夜景」に選定されていますが、徒歩だと17時に出れなくなるので、車が必要になります。
夜景とススキの共演も楽しめますよ(*’ω’*)

基本情報・アクセス

見頃情報:10月下旬~11月下旬

開花情報:Twitter検索(若草山 ススキ)

時間:9時~17時(開山時間)
※新若草山ドライブウェイ8時~23時

定休日:なし

料金(入山料):中学生以上150円、小学生80円

住所:奈良県奈良市雑司町

TEL:0742-22-0375(奈良公園事務所)

公式サイト:奈良県公式ホームページ

地図:

アクセス:
→JR奈良駅・近鉄奈良駅から奈良交通バス「春日大社本殿行」乗車。終点下車後、山麓まで徒歩約5分。山頂まで徒歩約30~40分
→JR奈良駅・近鉄奈良駅から市内循環バスに乗車。大仏殿春日大社前下車後、山麓まで徒歩約12分。山頂まで徒歩約30~40分

若草山頂駐車場:約50台・無料※新若草山ドライブウェイは有料

平城宮跡|奈良県奈良市

関西・奈良でおすすめのススキ名所「平城宮跡」

平城宮跡」は710年に藤原京より遷都された平城京の中心だった宮跡。
「古都奈良の文化財」として世界遺産に登録されており、近年着々と整備が進んで観光地化してきています。

平城宮跡のススキですが、朱雀門周辺にて見ることができます。
広範囲にというわけではありませんが、朱雀門と一緒に撮ったり、平城宮跡の中を通っている電車と一緒に撮ったりもできます。

今回1番気楽にアクセスできるスポットです(*^^*)

基本情報・アクセス

見頃情報:10月~11月

開花情報:Twitter検索(平城宮跡 ススキ)

時間:9時~16時30分(施設によって違います)
※散策は自由にできます。

定休日:なし

料金:無料

住所:奈良県奈良市二条大路南3-5-1

TEL:0742-36-8780(平城宮跡管理センター)

公式サイト:平城宮跡歴史公園

地図:

アクセス:
→近鉄大和西大寺駅より徒歩約20分
→JR奈良駅・近鉄奈良駅から「学園前行」バス乗車。「朱雀門ひろば前」下車スグ。
→JR奈良駅・近鉄奈良駅から「ぐるっとバス」乗車。朱雀門ひろばターミナル着後、スグ。

駐車場:
【交通ターミナル駐車場】42台・200円/1時間・9時~23時
【平城宮跡資料館駐車場】20台・無料・9時~17時
【遺構展示館駐車場】100台・無料・9時~17時
【東院庭園駐車場】32台・無料・9時~17時




まとめ|関西のススキはいいぞ

関西のおすすめススキ名所
  1. 岩湧山(大阪)
  2. 砥峰高原(兵庫)
  3. 曽爾高原(奈良)
  4. 葛城高原(奈良)
  5. 生石高原(和歌山)
  6. 青山高原(三重)
  7. 若草山(奈良)
  8. 平城宮跡(奈良)

以上、8ヶ所(5選+3)のススキの名所を紹介しました。

どこも壮大な山や高原が舞台ですので、良い気分転換になりますよ!
ですがその分アクセスしにくい場所が多くなっています。
おまけ以外だと葛城高原が一番マシですかね(゜゜)

ちなみにどのススキの名所も自発的に開花情報の発信はしていません。(管理をしてないと思われ)
TwitterなどのSNSで事前に確認しましょう。
目安としては10月中旬~下旬頃に行けば大体のスポットで見頃かと思います。

どこもおすすめなのは夕暮れの一面のススキが黄金の大海原に見える時間帯です。
「岩湧山」などは暗くなると下山が危なそうなので、あまりおすすめできませんが、安全に楽しめるところで是非!

そんな感じで終わりです!
秋のお出かけの参考になれば、嬉しいです(*^^*)

読んでいただき、
ありがとうございました(*’ω’*)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です