大阪の絶景

インスタ映え抜群の飲み屋街「裏天満ちょうちん通り」一面のちょうちんを撮りに行こう

裏天満ちょうちん通り

この記事では大阪のインスタ映えスポット「裏天満ちょうちん通り(ウラテンマチョウチンドオリ)」をご紹介します。

裏天満ちょうちん通りは天通路の天井いっぱいにちょうちんが吊り下げられた飲み屋街。そのお祭りのような楽しい景観はインスタ映えするスポットとして、SNSでも人気です。

この記事では裏天満ちょうちん通りの概要やアクセスなどを写真をたくさん使ってご紹介していきます。

裏天満ちょうちん通りは天満駅近くの飲食店街

裏天満ちょうちん通りは裏天満の天満市場北側にある飲食店街。その飲食店街の通路に飲食店街の人たちの手作り提灯が1,000個以上吊り下がっています。日本でもこんなにたくさんの提灯が密集しているところは珍しいのでは。

天井一面にちょうちんが吊り下がった景観は日本というより東南アジアチックな印象です。昼でも夜でもお祭りのような雰囲気を楽しめる場所ですが、夜になるとよりノスタルジックになります。

ちなみに正式な表記が「裏天満ちょうちん通り」なのか「ウラテンマチョウチンドオリ」なのかはよくわかりません。

住所 大阪府大阪市北区8 池田町7-15 YOIDORE鯨
アクセス JR天満駅より徒歩約5分
駐車場 周辺のコインパーキング利用

ウラテンマチョウチンドオリはJR天満駅から

JR天満駅

ウラテンマチョウチンドオリはJR天満駅から徒歩約5分と駅チカ。車がなくてもアクセスが簡単です。

改札を出て右側に行き、駅を出てから、下の写真の通りに進んでいきます。

駐車場は周辺のコインパーキングを利用

ウラテンマチョウチンドオリには専用駐車場がないため、車で行くなら周辺のコインパーキングを利用します。

ぷららてんま」という商業施設と住宅が一緒になった施設の駐車場が264台収容できるので、ここを利用するのが確実です。

ウラテンマチョウチンドオリはぷららてんまの裏にあるので、迷うこともありません。

ウラテンマチョウチンドオリの写真

ではウラテンマチョウチンドオリで撮影した写真を紹介します。

お昼と夜にそれぞれ撮影したものを4枚ずつ撮影しているので、どちらの時間帯に行くかなど、参考にしてみてください。

ちなみに昼は手持ち、夜は三脚に載せての撮影です。裏天満ちょうちん通りは昼でも薄暗いので、ISO感度を800~1600くらいまで上げてシャッタースピードを稼いで撮影しています。

まとめ

裏天満ちょうちん通り(ウラテンマチョウチンドオリ)

以上、裏天満ちょうちん通りをご紹介しました。なかなか他では見られないフォトジェニックな撮影スポット。JR天満駅から徒歩でスグなので、大阪に住んでいる方や働いている方は気軽に撮影できておすすめです。

また裏天満ちょうちん通りは飲食店街なので食事もできます。若者やサラリーマンが集まる人気のグルメスポットとのことです。ぼくは昼も夜も飲食店の営業時間外を狙って行きましたが、撮影ついでに食事をしてみるのもいいのでは。

この他、大阪でおすすめの絶景スポットを以下にてまとめていますので、よければあわせてご覧ください。

https://ryotawada.com/zekkei-osaka-matome/

以上になります!
最後まで読んでいただき、
ありがとうございました(*’ω’*)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA