奈良の絶景

【2021年】奈良のおすすめひまわり畑「県営馬見丘陵公園」|見頃・開花情報、アクセスなどを紹介

馬見丘陵公園のひまわり

今回は奈良県のひまわり畑「県営馬見丘陵公園」についての記事です。

「奈良県営馬見丘陵公園」は奈良県北葛城郡にある奈良県営公園。馬見古墳群と言われる古墳の密集地「馬見丘陵」に作られた公園で、一年を通して色々な花を楽しむことができます。

夏には園内に合計15万本のひまわりが咲く、奈良県内では最大規模のスポットです。

この記事では「奈良県営馬見丘陵公園」の

  1. ひまわりの情報(見頃・開花情報など)
  2. アクセス・駐車場情報

を紹介していきます。

県営馬見丘陵公園の基本情報

奈良県営馬見丘陵公園は香芝市・広陵町・河合町など、2市3町にまたがる広大な公園。東西約3km、南北約7km、標高70mに及ぶ低い丘陵地にあり、国内有数の古墳群と自然環境が残されています。

秋のコスモス

園内では一年を通して四季折々の花を楽しむことができる花の名所としても有名。春には桜やチューリップ、夏にはバラや花菖蒲、ひまわり、秋にはダリアやコスモスなどが咲き誇ります。

住所 奈良県北葛城郡河合町佐味田2202(地図)
TEL 0745-56-3851
料金 無料
営業時間 24時間出入り自由
休日 無休
公式サイト http://www.pref.nara.jp/1780.htm

県営馬見丘陵公園のひまわり情報|見頃や開花情報

馬見丘陵公園のひまわり
  • 例年の見頃:7月下旬~8月下旬
  • 規模:約10万本

馬見丘陵公園のひまわりは公園内5ヶ所に分かれ、合計10万本以上が咲きます。

ひまわりが咲いているのは以下の5ヶ所です。

公園全体MAP
  1. 集いの丘エリア
  2. 花見茶屋エリア
  3. 花の道エリア
  4. 公園館周辺エリア
  5. カリヨンの丘・夏の花畑エリア

「夏の花畑」は上の地図上では「春まちの丘」となっている場所です。

これらの中でも「花の道エリア」と「カリヨンの丘・夏の花畑エリア」は特におすすめです。

馬見丘陵公園のひまわり
夏の花畑エリア

馬見丘陵公園のひまわり

引用元:奈良県公式ホームページ

上の写真は花のみちエリアのひまわりです。ぼくが行ったときは見頃にほど遠かったため、奈良県公式ホームページより引用させていただいています。

ちなみに2020年のカリヨンの丘はコキアが咲いており、ひまわりはありませんでした。

2020年のカリヨンの丘周辺

とはいえ花畑エリアにはひまわり畑が広がっていたので、おすすめには変わりありません。

ひまわりの例年の見頃は7月下旬~8月上旬。最新の開花情報は奈良県公式サイトの馬見花だよりから見ることができます。数日おきに現在の様子が写真で紹介されているので、開花状況がわかりやすいです。事前にこちらで開花状況を確認してから行くと失敗が少ないかと思います。

ちなみに公園の利用は無料で、公園の出入は自由。定休日はありません。

馬見ひまわりウィーク|例年7月末から約1週間開催

馬見丘陵公園では例年、ひまわりの見頃に合わせて「馬見ひまわりウィーク」が開催されます。

例年7月下旬~8月上旬の約1週間実施されますが、2021年の開催時期は未発表です。

2020年は7月25日(土)~8月2日(日)だったので、7月24日~8月1日か7月31日~8月8日ではないかと思われます。

ひまわりウィーク期間中は花見茶屋エリアにて

  • 真夏のフードマルシェ(土日祝開催)
  • 真夏の野菜マルシェ(土日祝開催)
  • cafe +f(常設店舗)
  • 大道芸パフォーマンス(土日祝開催)

といった各種イベントが開催されるので、期間中に馬見丘陵公園に行かれる方は花見茶屋エリアに立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

県営馬見丘陵公園へのアクセス・駐車場情報

アクセス・駐車場情報まとめ
  • アクセス:
    近鉄田原線「池辺駅」より緑道北口まで徒歩約2分(会場まではさらに約18分)
    近鉄大阪線「五位堂駅」よりバスにて約16分「馬見丘陵公園」下車スグ
  • 駐車場:無料・872台(8~19時/6~8月)
  • 地図:

馬見ひまわりウィーク期間中は例年周辺道路や公園駐車場が混雑します。

ですので馬見丘陵公園へのアクセスは公共交通機関の利用がおすすめです。

公共交通機関|近鉄池部駅または近鉄五位堂駅を利用

近鉄「池部駅」

馬見丘陵公園へは近鉄田原線「池辺駅」もしくは近鉄大阪線「五位堂駅」からのアクセスが便利です。

池部駅からは徒歩で馬見丘陵公園に向かいます。

池部駅から馬見丘陵公園の緑道北口までは徒歩約2分ですが、緑道北口からひまわり畑がある北エリアまでは徒歩約18分かかるため、ヒマワリが見れるまでは徒歩約20分となります。

五位堂駅からはバスでのアクセスがおすすめです。

バス概要

最寄りバス停は「馬見丘陵公園」バス停。徒歩で中央エリア入り口から馬見丘陵公園に入園し、徒歩約10分で馬見ひまわりウィーク会場に到着できます。

車・駐車場

北駐車場
駐車場情報まとめ

【利用時間】

  • 通常期:8時~18時
  • 6月~8月:8時~19時
  • 11月~2月:8時~17時

【駐車台数】合計872台

  • 北駐車場:290台(障がい者用駐車スペースあり)
  • 北臨時駐車場:60台
  • 中央駐車場:204台(障がい者用駐車スペース、大型車スペースあり)
  • 東駐車場:79台(障がい者用駐車スペースあり)
  • 中央臨時駐車場:143台
  • 南駐車場:44台(障がい者用駐車スペースあり)
  • 南臨時駐車場:52台

駐車場は年中無休で利用できますが、閉場時間が季節によって異なります。ひまわりが見頃になる時期は8時~19時まで利用可能です。

また駐車場は公園内各地に分散しており、合計872台収容できます。中央臨時駐車場以外なら、どこに停めてもどこかのエリアのひまわり畑の近くです。

まとめ|奈良県営馬見丘陵公園のひまわりはいいぞ

以上、奈良県営馬見丘陵公園を紹介してきました。

馬見丘陵公園はひまわりだけでなく、同じ時期にノウゼンカズラ、サルスベリ、スイレンなど色々な花が園内に咲いています。ひまわりと一緒に色々な花を楽しむのがおすすめです(*^^*)

他にも奈良県のおすすめのひまわり畑を別の記事でまとめて紹介していますので、そちらもあわせて見てみてください(*^^*)

奈良のおすすめひまわり畑
【2021年版】奈良のおすすめひまわり畑2選|見頃・開花情報、アクセスなどを紹介関西でおすすめのひまわり畑「奈良県編」です。 2ヶ所をピックアップし、ひまわり情報(見頃・開花情報、料金など)とアクセスを各所でまとめて紹介しています。...

そんな感じで終わりです!
読んでいただき、
ありがとうございました(*’ω’*)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA