和歌山の絶景

【2020年版】和歌山のススキの名所「生石高原」|見頃やアクセスなどを紹介!

関西・和歌山のススキの名所「生石高原」

生石高原」は和歌山県北部の長峰山脈にある高原で、関西随一とも言われるススキの名所として有名です。

秋になると生石高原は一面ススキで覆われ、さながらススキの海となります。

リョウタ
リョウタ
夕方に空もススキも黄金に染まる様子はまさに絶景です。

この記事では生石高原のススキの

  • 見頃や開花情報などのススキ情報
  • アクセス・駐車情報

などを詳しく紹介していきます。

見頃はいつ?生石高原のススキ情報

生石高原のススキの見頃は例年9月下旬~11月上旬

約1ヶ月以上と長い期間、見頃が続きます。

開花状況は紀美野町の公式サイトにて配信中。更新は週1回程度で、写真付きなのでわかりやすいですよ(・∀・)

リアルタイムな情報がほしい場合はTwitterなどSNSで検索するといいと思います。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Keikoさん(@wacamera)がシェアした投稿

生石高原ならではの撮影ポイントといえば上の「火上げ岩」。

昔、日照りが続いた時に集落のお百姓が護摩を焚いて雨乞いをした場所というのが名前の由来となっています。

火上げ岩に立つと断崖絶壁の様に見えるということもあって、季節を問わず人気のスポットです。

リョウタ
リョウタ
誰か立っていると、とても絵になります!

その他、天気のいい日は六甲や淡路島、四国を望むことができるなど、見どころがとても多いですよ(・∀・)

またススキのおすすめ時間帯はやはり夕方。夕日に照らされて黄金に染まる様子は絶景です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Akira Funatsuさん(@akirafunatsu)がシェアした投稿

また生石高原は星空鑑賞の名所でもあるので、昼から夜までたっぷり楽しむこともできますよ。

休憩や食事には生石高原にあるレストハウス「山の家おいし」が便利です。

リョウタ
リョウタ
「卵かけご飯」や生石山の水、サイフォンで淹れるコーヒーが人気とのことです。
ススキ情報まとめ




生石高原へのアクセス・駐車場情報

大前提として、生石高原へのアクセスは車の利用がおすすめです

リョウタ
リョウタ
公共交通機関の利用はなかなか大変で面倒ですよ。

公共交通機関

「JR海南駅」から大十バスが運行するオレンジバスの「登山口行」に乗ります。

バスは片道運賃580円、所要時間約30分です。時刻表はこちら

次に終点「登山口」バス停にて紀美野町コミュニティバス小川線に乗り換えます。

リョウタ
リョウタ
乗り換え後に降りるバス停は「小川八幡」

登山口から小川八幡までは片道運賃200円、所要時間約31分です。時刻表はこちら

バス下車後は小川八幡バス停の近くに生石高原への登山口があるので、登山口から徒歩で登っていきます。

リョウタ
リョウタ
登山口から生石高原までは3時間ほどかかるようです…。

こちらのYAMAPというサイトで登山道がどんな感じか写真が載っていたので、徒歩で行くなら参考になりますよ。

ちなみに登山口~小川八幡の往路便は7時25分、11時47分、15時33分の3本しかありません。(2020年11月現在)

リョウタ
リョウタ
さらにキツイのは小川八幡バス停から乗れる復路の便がないことです

小川八幡から歩いて15分ほどの場所にある「福井橋」というバス停まで歩く必要があるので、気をつけてください。

利用できそうなのは16時16分発の1便だけなので要注意。紀美野町コミュニティバスの時刻表はこちらで確認してください。

リョウタ
リョウタ
夕焼けを見るなら、車じゃないと厳しいです

ちなみにタクシーを利用する場合、駅はJR藤並駅が近いので、藤並駅から乗車します。

藤並駅から生石高原までは所要時間約56分、タクシー料金目安は1万1,080円です。(NAVITIME調べ)

リョウタ
リョウタ
レンタカー借りるほうがずっと安いです!

車・駐車情報

アクセスはやはり車がおすすめ

「山の家おいし」に近い第一駐車場をはじめ、第二駐車場、有田川駐車場と合計約200台駐車可能です。

約200台と多めではあるものの、見頃の休日などは混み合います。

リョウタ
リョウタ
途中の道が狭いので、道も混み合います。

スムーズに停めたいのなら、朝早くに行くのがおすすめです。

最も人気の夕方だと駐車場の混み合い、さらに生石高原近くの狭い山道で渋滞が発生するおそれがあります。

リョウタ
リョウタ
夕焼けを見たい方も時間に余裕を持って行くのがおすすめです。

ちなみに上の公共交通機関で紹介した小川八幡近くに生石ヶ峰登山者用駐車場もあるので、車で行く方も登山を楽しんでみてもいいかと思います。




まとめ|生石高原はいいぞ

関西・和歌山のおすすめススキ名所「生石高原」

以上、生石高原のススキを紹介してきました。

季節を問わず、楽しめる生石高原ではありますが、やはり行きたいのは秋のススキの見頃。

「火上げ岩」をはじめ、撮影ポイントはたくさんありますし、スケールの大きなススキの大草原を実際に見てほしいです。

リョウタ
リョウタ
ぜひ夕焼けも!

車がないと行きづらいというのが難点ではありますが、登山・ハイキングにもおすすめですので、秋のお出かけにぜひ!

その他、関西でおすすめのススキの名所を下の記事でまとめていますので、こちらも読んでいただけると嬉しいです(・∀・)

そんな感じで終わりです!
秋の旅行やお出かけの参考になれば嬉しいです(*^^*)

読んでいただき、
ありがとうございました(*’ω’*)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA