旅行・お出かけ

プチ熊野古道体験!大門坂(熊野那智大社参拝道)|アクセスと道中

熊野那智大社・大門坂

今回の記事は「熊野那智大社・大門坂」についての記事です。
普段は車で熊野那智大社まで直行しますが、今回は熊野古道の一部「大門坂」を上りました。

日本三大古道の一つ、熊野古道を通る大門坂は、熊野詣で栄えた当時の面影を特に美しく残しており、聖地「那智山」へと全長約600メートル、高低差約100メートルの石畳が続きます。

引用元:熊野古道 大門坂 – 那智勝浦町観光協会

この記事では「大門坂へのアクセス」と「大門坂から熊野那智大社までの道中」の様子を写真を交えてで紹介します。

ちなみに大門坂入口から那智山駐車場まで約24分かかりました。

大門坂へのアクセス

自動車|大門坂駐車場

自動車で行かれる方は、大門坂手前の「大門坂駐車場」に車を停めましょう。
大門坂駐車場から大門坂の入口までは徒歩で約4分になります。

100台駐車可能な大きな駐車場ですので、初詣などの特別なイベント時以外はたいてい駐車できます。
ぼくが行ったのは1月下旬の土曜お昼ごろでしたが、ガラガラでした。

駐車料金は無料なので、ゆっくり参拝しても大丈夫ですよ(*^^*)

公共交通機関|駅から徒歩orバス

最寄駅はJR那智駅です。
那智駅からはバス、もしくは徒歩で大門坂に向かいます。

バス

那智駅からは那智山方面行きのバスに乗ります。
本数は1時間に1本程度。

那智駅~大門坂の料金は

  • 大人:340円
  • 小児:170円

となります。

大門坂バス停は大門坂駐車場とほぼ同じ場所で、大門坂の入口までは徒歩約4分です。

またこのバスは紀伊勝浦駅から出ているので、紀伊勝浦で宿泊、下車の人は紀伊勝浦駅からバスに乗る方がいい場合もあります。

詳しくはこちら
>>熊野交通株式会社|乗合バス|時刻表、運賃表

徒歩

那智駅から徒歩で大門坂に向かうと、約1時間3分で入口に到着します。

熊野古道体験の一環で、駅からがっつり歩く人も案外いるんですよ。

ゆるく上り坂を歩くことになるので、大門坂駐車場の手前にある「那智ねぼけ堂」や道中のカフェなどで休憩するといいですよ。

帰りはバスを使う人も多い

ちょっと熊野古道を体験したいという人は、大門坂を徒歩で登り、帰りはバスを使うのもおすすめです。

車で来ている人はちょっともったいなく感じるかもしれませんが、体力と時間を30分くらい節約できます。
まぁバスの時間に合うかどうかにもよりますが(^_^;)

無理して歩くと帰りに怪我するをかもしれませんので、帰りにバスというのも検討してみてください。

【スポンサーリンク】

 

大門坂を歩いて熊野那智大社へ

さてここからは実際に歩いた大門坂の様子です。

普段はボッチですが、このあたりは地元から近いので、親と一緒に車で来て、大門坂手前でひとり車を降ろされました。
結局ボッチ(^_^;)

大門坂石碑(入口)~大門坂茶屋

▼ここからスタート(11時22分)
和歌山|熊野古道「大門坂」

▼大門坂石碑
和歌山|熊野古道「大門坂」

最初は道が舗装されています。
民家も見えるので、生活道路にもなっている感じですね。

和歌山|熊野古道「大門坂」
この分かれ道は左。鳥居の方へ。

和歌山|熊野古道「大門坂」

▼鳥居手前には、和歌山の偉人「南方熊楠」が滞在した旅館跡が
和歌山|熊野古道「大門坂」
ごめんなさい、入ってないです(^_^;)

和歌山|熊野古道「大門坂」
この鳥居を過ぎたあたりから、石畳の道になっていきます。

▼鳥居をくぐったところにあった案内図
和歌山|熊野古道「大門坂」
那智大社まで約1.2km。
坂道だからちょっと長く感じる(^_^;)

和歌山|熊野古道「大門坂」

先程の案内図から徒歩すぐの場所に「大門坂茶屋」というお店があります。

和歌山|熊野古道「大門坂」

ここでは平安衣装着付が体験できるそうです。

和歌山|熊野古道「大門坂」

料金は

  • 夫婦杉周辺散策:2,000円
  • 那智大社周辺散策:3,000円

着付け時間5分。
男性衣装、子供衣装もあるそうです。
下のブログ記事がかなり詳しく着付体験をレポートしているので、興味がある方はこちらもチェックしてみてください。
>>「大門坂茶屋」で変身!平安衣装体験 日本国内/和歌山特派員ブログ | 地球の歩き方

夫婦杉~多富気王子~那智山駐車場

さて大門坂茶屋を過ぎると、「夫婦杉」が見えてきます。

▼夫婦杉(11時27分)
和歌山|熊野古道「大門坂」
ドン!とでかい。

ここから石畳の階段に左右に木や竹が立ち並び、本格的に熊野古道っぽくなります。

和歌山|熊野古道「大門坂」

足元に注意して歩かないと、足首がグキッと行きそうになります(^_^;)

多富気王子跡(11時29分)
和歌山|熊野古道「大門坂」

夫婦杉から少し歩くと多富気王子跡が見えてきます。

和歌山|熊野古道「大門坂」

熊野古道たくさんの王子社が点在していて、この多富気王子はその最後の社になります。

王子社とは、熊野の神様の御子神(ミコガミ)が祀られているところであり、参詣者の休憩所でもありました。

引用元:田辺探訪(和歌山県田辺観光協会) :: 王子社と熊野参詣道

和歌山|熊野古道「大門坂」

さらに歩いていきます。

和歌山|熊野古道「大門坂」
車道との合流点がありました。
ここで車と合流したりするのかな?
ちょうどカーブだし、危ないかな?

▼まだまだ長い階段が続きます。
和歌山|熊野古道「大門坂」
なんか熊野古道を歩いてるって気分になります(*^^*)

▼十一文関跡(11時37分)
和歌山|熊野古道「大門坂」
昔、通行税を取ったところです。
今はベンチが置かれた休憩所になってます。

途中で変な切り株?が
和歌山|熊野古道「大門坂」
海外の人に「ここに入ったところを写真撮って」と頼まれました(笑)

和歌山|熊野古道「大門坂」

ここを上るといよいよ

和歌山|熊野古道「大門坂」
大門坂終了です!(11時43分)

大門坂みたし茶屋という表示がありますが、どこに茶屋が?(笑)
ただベンチがあるだけで、茶屋らしきものは影も形もありませんでした(^_^;)

▼大門坂解説板はありました。
和歌山|熊野古道「大門坂」

あとは那智山への参拝道、那智山駐車場まで歩いていきます。

和歌山|熊野古道「大門坂」

右巡礼道

和歌山|熊野古道「大門坂」
右巡礼道なので、写真に写っている看板の矢印とは逆方向に進みます。
左に行けば茶屋があったのかな?

もうここからの道は舗装されてます。

和歌山|熊野古道「大門坂」

この階段を登ると

和歌山|熊野古道「大門坂」

那智山駐車場前に出ます!(11時46分)
大門坂からはほんとにすぐです。

あの那智山観光センターが茶屋の正体かな?

那智山駐車場前まで来ると、食事処やお土産屋さんが多く立ち並んでいます。
一度休憩してもいいですし、そのまま参拝道を突き進んで熊野那智大社へ行ってもいいです。

熊野那智大社まではまた急な階段をのぼることになりますが(^_^;)

ぼくは車で先に上まで登った家族が急かすので、一気に熊野那智大社まで上ってしまいました。

【スポンサーリンク】

 

おわりに

大門坂を登り切るには約24分かかりました。
大門坂石碑(入口):11時22分

那智大社駐車場:11時46分

一人で写真を撮りながら上っていて、途中で人を抜いたり抜かれたりしていました。
早い人は20分もあれば登れるでしょうし、ゆっくり上っても30分くらいで考えておけばいいのではないのでしょうか。
ベンチで休憩するなら40分くらいかな?

このあと熊野那智大社・青岸渡寺・那智の滝と周りましたが、大門坂だけで長くなってしまいましたので、また別で書いていきます。

ちなみに大門坂→那智山・観光→大門坂をすべて徒歩なら3時間は見ておいたほうがいいですよ!

そんな感じで終わりです!
読んでいただき、
ありがとうございました(*’ω’*)