兵庫の絶景

【2020年】兵庫のおすすめ菜の花畑「あわじ花さじき」|見頃やアクセスを紹介!

兵庫のおすすめ菜の花畑「あわじ花さじき」

あわじ花さじき」は兵庫県淡路島北部丘陵地域の頂上部にある花の名所です。標高235~298mのなだらかな高原に四季を通して様々な花畑が広がります。

あわじ花さじきで特に有名なのが100万本の菜の花畑。12月中旬には早咲きが咲きはじめ、暖かくなる3月~4月には、黄色い絨毯のような菜の花畑があわじ花さじきを埋め尽くします。兵庫県だけでなく、関西屈指の菜の花の名所です。

この記事では「あわじ花さじきの菜の花畑」について紹介していきます。

関西のおすすめ絶景スポット「あわじ花さじき」
【2020年】関西のおすすめ菜の花畑9選|見頃や開花情報、アクセスを紹介!関西の菜の花畑の名所についての記事です。 おすすめの9ヶ所をピックアップして、菜の花情報(見頃・開花情報など)、アクセスをそれぞれ紹介しています。...

あわじ花さじきの菜の花情報

兵庫のおすすめ菜の花畑「あわじ花さじき」

菜の花は12月中旬ごろから早生の品種が咲き、4月下旬頃の晩生の品種まで見頃が続きます。特に3上旬~4月中旬はほぼ全園に菜の花が広がるのでおすすめ!

青い海と空をバックに一面の花畑を覆う黄色の菜の花が見渡せる景観はまさに絶景ですよ(・∀・)

例年12月中旬頃~3月上旬には「早春菜の花まつり」、3月中旬~4月下旬には「菜の花まつり」が開催されます。

本年度は

  • 早春菜の花まつり2019年12月14日(土)~2020年3月1日(日)
  • 菜の花まつり:2020年3月20日(金・祝)~4月19日(日)

という日程です。

兵庫のおすすめ菜の花畑「あわじ花さじき」

引用元:あわじ花さじきホームページ

上の図はあわじ花さじきの全体図と花の移り変わりです。

早咲きの菜の花の見頃の12月~2月にはストックが、晩生の菜の花が見頃の3月下旬以降はムラサキハナナとリナリアが見頃となり、それぞれの花畑と菜の花と一緒に楽しめます。

開花情報公式サイトの最新情報もしくは公式Facebookにて配信しています。確認してから行くのがおすすめです。

あ、ちなみに入園料金は無料ですよ(・∀・)

所要時間はだいたい1時間が目安。写真を熱心に撮る方は2時間以上かかってしまうかと思います(^_^;)

菜の花・アクセス情報

  • 例年見頃:3月上旬~4月中旬、
  • 開花情報:公式サイト公式Facebook
  • 規模:約15ha・約40万本(早咲き)・約100万本(晩生)
  • 早春菜の花まつり:2019年12月14日(土)~2020年3月1日(日)
  • 菜の花まつり:2020年3月20日(金・祝)~4月19日(日)
  • 時間:9時~17時(16時30分最終入園)
  • 定休日:年末年始
  • 料金:無料
  • 住所:兵庫県淡路市楠本2865-4(地図)
  • TEL:0799-74-6426
  • 公式サイト:あわじ花さじき



あわじ花さじきへのアクセス・駐車場情報

電車+高速バス

車を利用しないなら、電車と高速バスでのアクセスが一般的です。

JR「舞子駅」もしくは山陽電鉄「舞子公園駅」
↓徒歩スグ
「高速舞子」バス停
↓高速バス 約25分・630円
東浦バスターミナル

という流れです。時間帯によっては三宮から高速バスに乗るパターンもありますので、乗換案内アプリなどで調べてみてください。

ちなみに大阪駅から東浦バスターミナルまでは所要時間1時間30分~2時間、1,500円弱となります。

東浦バスターミナルからはタクシーもしくは徒歩。
タクシーなら約10分で料金の目安は1,990円です。(ナビタイム調べ)
徒歩なら約1時間かかるので、タクシーで行くのがいいかと思います。

明石港から船|淡路ジェノバライン

明石港~淡路島の岩屋港間にある「淡路ジェノバライン」という航路も利用できます。

所要時間は約13分、料金は大人530円、小人270円です。

岩屋港からはタクシーを利用。所要時間は約12分、目安料金は3,160円となります。

公式サイト:淡路ジェノバライン

フラワーリングバス

毎年3月中旬~11月上旬の土日祝限定で「フラワーリングバス」という淡路島の花の名所を巡る観光バスが運行。もちろん「あわじ花さじき」にも停車します。

2020年が運行するかは未発表ですが、「東浦バスターミナル」や「岩屋港」にも停まるので、高速バスや淡路ジェノバラインを利用する方にもおすすめです。

料金は一日乗り放題で大人500円、小・中学生250円となっています。(2019年の場合)

車の場合は神戸淡路鳴門自動車道「淡路IC」下車後、約12分で到着。大阪市からだと約1時間13分かかります。(Googleマップ調べ)

明石海峡大橋の通行料金は以下の通りです。

垂水IC~淡路IC間(片道)※ETC搭載料金

  • 普通車:900円(平日土日祝問わず)
  • 軽自動車:750円(平日土日祝問わず)

ちなみに帰路は周辺の道路事情が悪いため、往路と違う道順で行くようにしてください。

[往路]

  1. 神戸淡路鳴門自動車道「淡路IC」を降りる。
  2. 「淡路IC」出口の交差点を直進、県道157号線沿いに南へ約12分(約7km)。

[帰路]

  1. 県道157号線を南へ。
  2. 県道71号線を経由、北淡町震災記念公園へ約17分(約10km)
  3. 国道28号を経由、淡路夢舞台(奇跡の星の植物館)・国営明石海峡公園へ約25分(約15km)
  4. 神戸淡路鳴門自動車道「東浦IC」へ約20分(約12km) 経由してハイウェイオアシスへ入場可能

引用元:あわじ花さじき

駐車場

駐車場乗用車は130台が駐車可能駐車料金は無料です。

兵庫のおすすめ菜の花畑「あわじ花さじき」

引用元:あわじ花さじきホームページ

駐車場は全部で4ヶ所に分かれており、花畑に近いのは第1駐車場、第2駐車場で、最も広い駐車場は第3駐車場。第4駐車場はちょっと遠いですね。

現在はあわじ花さじきの整備中で第1、第2駐車場は利用できなくなっています。
リニューアルオープンするのは3月なので、菜の花のピークの時期には間に合う予定です。



あわじ花さじきの菜の花写真(SNSから引用)

 

この投稿をInstagramで見る

 

toshihiro(@toshihiro7183)がシェアした投稿



まとめ|あわじ花さじきはいいぞ

兵庫のおすすめ菜の花畑「あわじ花さじき」

以上、あわじ花さじきの菜の花について紹介してきました。

海を背景に咲く100万本の菜の花は関西が誇る菜の花の絶景!
一面に広がる菜の花と海と空の黄と青の美しいコントラストは関西にいるなら一度は見ておくべきです(・∀・)

車なら色んな所を回れますし、淡路島観光も一緒にしちゃいましょう。見頃の時期にはいちご狩りなんかもおすすめですよ。

この他、以下の記事で関西のおすすめ菜の花畑をまとめていますので、あわせてお読みください(・∀・)

関西のおすすめ絶景スポット「あわじ花さじき」
【2020年】関西のおすすめ菜の花畑9選|見頃や開花情報、アクセスを紹介!関西の菜の花畑の名所についての記事です。 おすすめの9ヶ所をピックアップして、菜の花情報(見頃・開花情報など)、アクセスをそれぞれ紹介しています。...

そんな感じで終わりです!
読んでいただき、
ありがとうございました(*’ω’*)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA