京都の絶景

【2020年】哲学の道の桜|見頃や開花情報、アクセスなどを紹介

この記事は京都の桜の名所「哲学の道」についてです。
哲学の道は銀閣寺近くを通る琵琶湖疏水分線の沿った約2kmの小径。永観堂近くにある「若王子橋」を南端に銀閣寺近くの「銀閣寺橋」まで続きます。

「哲学の道」の名前は明治時代に哲学者・西田幾太郎や田辺元らが思案を巡らしながら散策したことに由来し、春の桜、夏の新緑、秋の紅葉、冬の雪景色が美しく、一年を通して景観を楽しめる人気のスポットです。

今回はその中でも哲学の道の桜について

  1. 見頃や開花情報などの桜情報
  2. アクセス・駐車場情報

を詳しく紹介していきます。

  1. 今年初めて哲学の道に桜を見に行く
  2. 哲学の道に行くか検討している

という方におすすめです。

見頃はいつ?哲学の道の桜情報

京都の桜の名所「哲学の道」|見頃や開花情報、アクセスなどを紹介

哲学の道の桜は疎水の両岸に植えられており、約2kmの間、約450本のソメイヨシノがボリュームたっぷりに桜のトンネルを創り出します。

例年の見頃は4月上旬~中旬頃
2019年は4月上旬に満開。本記事の写真は2019年4月9日に撮影されたものです。
2020年は記録的な早さという予想になっており、1週間以上早くなりそうです。

開花情報は哲学の道保勝会の公式サイトもしくはFacebookで発信しています。
Facebookのほうが更新頻度が高いので、Facebookを確認するのがおすすめ。
ただし、2019年は満開頃まで開花情報の発信がされていなかったので、更新がされていな買った場合は日本気象協会TwitterなどのSNSを確認しましょう。

基本情報まとめ

哲学の道の所要時間は?桜を見ながらだと40~50分

京都の桜の名所「哲学の道」|見頃や開花情報、アクセスなどを紹介

哲学の道を端から端まで歩く場合、Googleマップでは約20分と出ます。

ですが桜を見ながらになると写真を撮るので、もう少し時間がかかります。
とりあえず40分~50分は見ておくといいでしょう。

ちなみにぼくが行った時は写真をたくさん撮っていたので、1時間20分くらいかかりました(^_^;)

哲学の道の桜は混雑する?おすすめの時間帯は?

京都の桜の名所「哲学の道」|見頃や開花情報、アクセスなどを紹介

哲学の道は人気の観光スポットが周辺にあることもあり、基本的にはいつも混雑しています。
銀閣寺の参拝が始まる8時30分以降はどんどん増加。
ぼくが訪れたの満開の平日11時前で、無人で撮影するのはあきらめました。

人の少ない時間を狙うならやはり早朝がおすすめです。
地元の方もいるので無人ではありませんが、タイミングが良ければ無人で撮影することもできます。
カメラマンだと同じ頃に満開となる「蹴上インクライン」に行く方が多いですし。

夕方も人は減りますが、朝と比べて光量不足になるので早朝の方がいいでしょう。

哲学の道へのアクセス・駐車場情報

京都の桜の名所「哲学の道」|見頃や開花情報、アクセスなどを紹介
哲学の道へのアクセス・駐車場情報

【電車】京都市営地下鉄東西線「蹴上駅」より徒歩約20分

【バス】

  • 永観堂側:「南禅寺・永観堂道」バス停から徒歩約3分
  • 銀閣寺側:「銀閣寺道」バス停から徒歩約2分

【駐車場】なし(周囲の有料駐車場を利用)

電車|蹴上駅より徒歩20分

哲学の道の最寄り駅は京都市営地下鉄東西線「蹴上駅」

哲学の道の南端「若王子橋」まで徒歩で約20分と少し離れていますが、電車では「蹴上駅」が最も近い駅です。

蹴上駅から哲学の道までの間には「蹴上インクライン」や「南禅寺」といった桜の名所があるので、桜の名所ハシゴをしながら哲学の道まで行くのがおすすめです。

バス|バス停からは徒歩スグ

京都市営バスを利用するなら、

  1. 永観堂側にある「南禅寺・永観堂道」バス停
  2. 銀閣寺側にある「銀閣寺道」バス停

が最寄りのバス停になります。

バス停からは徒歩で2~3分ほどなので、近くまで乗り物で行きたい人におすすめです。

銀閣寺側から行きたい人はまず銀閣寺に行くのもいいでしょう。
銀閣寺は桜の時期は8時30分から参拝できます。

駐車場|周辺の有料駐車場を利用

哲学の道用の駐車場はありません。
ですので、車で行かれる方は周辺の有料駐車場を利用する必要があります。

近くで最も大きな駐車場は「京都市銀閣寺観光駐車場」です。
ただし繁忙期にはマイカーの駐車場が利用できない事があります。
行く前に駐車場に連絡して確認しましょう。

京都市銀閣寺観光駐車場
  • 住所:京都府京都市左京区浄土寺石橋町62(地図)
  • TEL:075-771-0783
  • 料金:乗用車1,040円/1日、二輪車410円/1日
  • 収容台数:普通車40台

また周辺には小さなコインパーキングがたくさんあります。
時間あたりの料金や一日の最大料金はコインパーキングのほうが安くなる場所も。
ただ1ヶ所あたりに停められる台数が少ないのがデメリットです。

以下、駐車料金が安い駐車場を2ヶ所を紹介します。

フルーツパーク鹿ヶ谷西寺ノ前町
  • 住所:京都府京都市左京区鹿ケ谷西寺ノ前町91(地図)
  • 料金:200円/60分、最大料金700円
  • 収容台数:5台
リパーク哲学の道西
  • 住所:京都府京都市左京区鹿ケ谷西寺ノ前町58(地図)
  • 料金:200円/60分、最大料金なし
  • 収容台数:4台

その他のコインパーキングは以下の参考リンクを参照してみて下さい。

まとめ|哲学の道の桜はいいぞ

京都の桜の名所「哲学の道」|見頃や開花情報、アクセスなどを紹介

以上、哲学の道の桜について紹介してきました。

個人的に京都の桜で最もインパクトを受けた名所の一つです。
満開時に見せてくれるボリューム満点の桜並木が約2km続く景観はまさに圧巻。
ぜひ満開時にゆっくりと哲学の道を散策してみて下さい。

また近隣には蹴上インクライン南禅寺平安神宮などなど桜の名所が集中しているので、一日で何ヶ所も桜の名所を巡れます。
哲学の道に行くなら、その辺りも色々調べてみてください。

その他、関西でおすすめの桜の名所を以下の記事でまとめていますので、合わせて読んでいただけると嬉しいです(・∀・)

関西のおすすめ桜の名所「又兵衛桜(本郷の瀧桜)」
【2020年】関西のおすすめ桜の名所19選|春ならではの華やかな絶景にぜひ!今回は「関西のおすすめ桜の名所」についてです。 関西の桜といえば京都というイメージが強いですが、他の府県にも京都に負けない、見ると...

そんな感じで終わりです!
読んでいただき、
ありがとうございました(*’ω’*)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA