和歌山の絶景

福定の大銀杏|宝泉寺の境内にそびえ立つ天然記念物の紅葉を見に行こう

関西の紅葉名所「宝泉寺 福定の大銀杏」

福定の大銀杏」は和歌山県田辺市中辺路町福定にある「宝泉寺」の境内にそびえ立つ巨大なイチョウです。樹齢推定400年で、町の天然記念物に指定されています。

幹の周囲5.3m、高さ22m、根元から4mの高さで幹が数本に分かれていることから「千本銀杏」とも呼ばれています。

福定の大銀杏は熊野古道の中心地「中辺路」にあるので、熊野古道を歩く人がよく訪れている紅葉の名所です。

福定の大銀杏の基本情報
  • 住所:和歌山県田辺市中辺路町福定(地図)
  • TEL:0739-64-1470(中辺路観光協会)
  • 時間:24時間自由
  • 休み:無休
  • 料金:無料
  • 公式サイト:なかへち観光協会

福寿の大銀杏の紅葉は黄色い絨毯が見どころ

和歌山の紅葉名所「宝泉寺 福定の大銀杏」写真提供:公益社団法人 和歌山県観光連盟

福定の大銀杏の見どころは何と言っても紅葉です。

紅葉が見頃になると、黄金色になった福定の大銀杏が離れた場所からも簡単に見つけられます。

和歌山の紅葉名所「宝泉寺 福定の大銀杏」写真提供:公益社団法人 和歌山県観光連盟

見頃は毎年10月下旬~11月中旬頃で、熊野古道を歩く人々が福定の大銀杏を楽しみます。

大銀杏もさることながら、落ち葉が敷き詰められた黄金の絨毯も見どころです。

リョウタ
リョウタ
あたりが黄金色になった景色はぜひ見てほしい!

紅葉の色づき情報を公式に出している媒体はないので、日本気象協会TwitterなどのSNSで確認するのがおすすめです。

福定の大銀杏の紅葉情報

宝泉寺 福寿の大銀杏へのアクセス・駐車場情報

アクセス・駐車場情報まとめ
  • 公共交通機関:JR「紀伊田辺駅」から龍神バス熊野本宮線に約50分乗車。「氏山橋」下車後、徒歩約5分
  • 車:阪和自動車道「南紀田辺IC」から約45分
  • 駐車場:10台・無料
  • 地図:

公共交通機関|電車+バス

公共交通機関を利用する場合はJR「紀伊田辺駅」から龍神バスを利用します。

熊野本宮線の「本宮大社・発心門王子方面行」にて約50分、「氏山橋」バス停まで乗車。下車後、徒歩約10分で福定の大銀杏に到着です。

龍神バス熊野本宮線のバスは便数が少ないため、事前によく確認しておくのがおすすめです。

龍神バス時刻表:紀伊田辺駅氏山橋

車・駐車場情報

車でアクセスする場合は阪和自動車道を利用します。

阪和自動車道「南紀田辺IC」から約30km・約45分で福定の大銀杏に到着です。

各都市からの所要時間は以下の通り。

福定の大銀杏への所要時間
  • 大阪市から:約2時間45分
  • 和歌山市から:約1時間50分
  • 白浜町から:約50分
  • 串本町から:約1時間35分

駐車場は宝泉寺の無料駐車場を利用できます。

収容台数は10台ほどです。

「大銀杏」の看板がある三叉路を看板従って左折し、少し走ると駐車場が出てきます。

まとめ|宝泉寺 福定の大銀杏の紅葉は必見

和歌山の紅葉名所「宝泉寺 福定の大銀杏」写真提供:公益社団法人 和歌山県観光連盟

以上、和歌山県田辺市中辺路町の紅葉名所「宝泉寺 福定の大銀杏」について紹介しました。

和歌山県内では知られているスポットですが、アクセスがあまり良くないため、穴場的なスポットです。

リョウタ
リョウタ
温泉やパンダで有名な白浜町から約50分ほどなので、白浜に旅行する方は立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

POSTED COMMENT

  1. ハウオリ より:

    初めまして。見事な大銀杏ですね。こんな大きな木を見たことがありません。

    • リョウタ より:

      ハウオリさん、はじめまして!
      コメントありがとうございます!

      ほんとに大きくて圧巻ですよ(*’ω’*)
      福定の大銀杏、ぜひ見に行ってみてください(*^^*)

      また読んでいただけると嬉しいです!
      ありがとうございました!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA