奈良の絶景

【2020年版】奈良の彼岸花の名所「明日香村」|見頃や開花情報、アクセスを紹介!

明日香村の彼岸花

本記事は奈良の明日香村の彼岸花群生地についての記事です。

明日香村は飛鳥時代に都が置かれた場所で、飛鳥時代の史跡や見どころが多く残っています。
歴史に触れられる場所として多くの観光客が訪れる人気の観光地。
お彼岸のころには彼岸花祭りが行われる彼岸花の名所でもあります。

この記事では

  • 明日香村の彼岸花情報(見頃や開花情報など)
  • 明日香村へのアクセス・駐車場情報
  • 明日香村の彼岸花の写真

などを紹介していきます。

見頃や彼岸花祭りはいつ?|明日香村の彼岸花情報

明日香村の彼岸花は広い範囲で点在。
主なスポットは稲渕地区の「稲渕棚田」で、稲穂が混じる黄緑の棚田に赤の彼岸花がよく映えています。

他にも飛鳥川古宮土壇など稲渕・飛鳥寺・橘寺周辺一帯に咲いており、散策しながら彼岸花を探してみるのがおすすめです。

以前は石舞台でも彼岸花が見られましたが、現在では見られなくなっています。

明日香村の彼岸花の見頃は9月中旬~下旬ごろ
例年9月20日過ぎから見頃で、9月末ごろまでキレイに見られます。

開花情報は飛鳥観光協会が毎年配信
毎日配信されていますので、行く前に飛鳥観光協会の公式サイトをチェックしましょう。

明日香村/飛鳥光の回廊・彼岸花まつり岡寺のライトアップ

また毎年9月下旬には「飛鳥光の回廊・彼岸花祭り」が開催されます。

彼岸花祭りでは案山子コンテストなどイベントやコンテストを開催。
飛鳥光の回廊では各観光名所でライトアップを実施
石舞台や飛鳥寺、岡寺、川原寺など村内各所で様々な見ごたえあるライトアップが行われます。

ライトアップの詳細はイベント公式サイトで確認してください。※2020年中止

祭り期間中は無料シャトルバスも運行されるので、明日香村を効率よく見て回れます。
ちなみに稲渕地区には駐車場がないので、車で行く方は気をつけてくだい。

2020年の飛鳥光の回廊・彼岸花祭りは中止となりました。

基本情報まとめ


明日香村の彼岸花スポット(稲渕棚田)へのアクセス・駐車場

ここでは明日香村の彼岸花は村中に点在していますので、メインの稲渕棚田へのアクセスを紹介します。

公共交通機関|近鉄飛鳥駅から徒歩・レンタサイクル・バス

明日香村の彼岸花|近鉄飛鳥駅近鉄飛鳥駅

公共交通機関でアクセスする場合、最寄り駅は近鉄飛鳥駅になります。
近鉄飛鳥駅には大阪阿部野橋駅から約44分、大和西大寺駅から約1時間です。

近鉄飛鳥駅からの移動方法は以下の3通り。

  • バス
  • レンタサイクル
  • 徒歩

バスの場合は「明日香周遊バス赤かめ」に16分乗車し、「石舞台」バス停で下車(運賃270円)。
下車後、徒歩で約20分です。

徒歩の場合は飛鳥駅から稲渕棚田まで約43分になります。

リョウタ
リョウタ
結構歩きますし、アップダウンがあるので、歩きやすい靴で行きましょう。

レンタサイクルは村内4ヶ所の営業所+橿原神宮前の1ヶ所、計5ヶ所で貸し出ししています。
電車利用の方は飛鳥駅前の営業所で借りるといいでしょう。

種類と料金は

  • 自転車:平日900円/日、土日祝1,000円/日
  • 電動自転車:1,500円/日
  • 原付バイク:2,000円/日

となっています。
自分の体力に合わせて選ぶといいでしょう。

飛鳥光の回廊・彼岸花祭り期間中はシャトルバス運行

2020年はイベント中止のため、シャトルバスは運行しません。
気になる方だけ以下をクリックしてください。

シャトルバスの詳細はこちら

飛鳥光の回廊・彼岸花祭り期間中にはシャトルバスが運行します。

彼岸花祭りでは9時~16時に稲渕会場への無料シャトルバスが運行します。
ルートは

  • 近鉄飛鳥駅⇔稲渕会場
  • 石舞台⇔稲渕会場

の2種類。
最終便は

  • 近鉄飛鳥駅・石舞台→稲渕会場:15時30分発
  • 稲渕会場→近鉄飛鳥駅・石舞台:16時

です。

光の回廊では17時10分~21時35分に有料シャトルバスが運行します。
料金は1乗車につき、大人(中学生以上)100円、小人50円
※現金のみ

運行ルートは

  • 橿原神宮前東口~万葉文化館~石舞台
  • 飛鳥駅~川原~石舞台

最終便は

  • 石舞台発、橿原神宮前行き:21時35分
  • 石舞台発、飛鳥駅行き:21時30分

となっています。

車・駐車場

車で行く場合、主要都市から明日香村までは

  • 大阪市から50分(有料区間あり)~1時間3分
  • 奈良市から40分~54分
  • 京都市から1時間25分(有料区間あり)~1時間33分

という感じです。(Googleマップ調べ)

駐車場は明日香村中に点在していますが、稲渕地区にはありません。

近くの駐車場ですと、石舞台古墳にある駐車場がおすすめです。
無料と有料がありますが、無料は台数が少ないため、有料に駐車することになると思います。

国営飛鳥歴史公園石舞台地区駐車場
  • 料金:無料
  • 台数:普通14台、身障者用2台
  • 地図:
石舞台駐車場
  • 料金:500円/1回
  • 台数:普通150台、大型20台
  • 地図:

レンタサイクルを利用する方は営業所の近くの駐車場がいいですし、稲渕棚田以外の名所の近くに駐車してもいいかと思います。

明日香村の駐車場は無料と有料の場所があり、有料の場合の駐車料金は全て普通車500/1回となります。

駐車場の詳細(場所や台数、どこが有料、無料など)は下の明日香村の観光ポータルサイトを見てください。


明日香村の彼岸花の写真(SNSから引用)


まとめ|明日香村で彼岸花を楽しもう!

明日香村の彼岸花

ということで明日香村の彼岸花についてでした。
棚田と彼岸花のコントラストはとてもキレイですよ(*^^*)

どうせ行くなら飛鳥光の回廊・彼岸花祭り期間中がおすすめで、お昼は彼岸花、夜はライトアップと1日中楽しむことができます。

イベント期間外でも、飛鳥寺や岡寺、石舞台などにも立ち寄ってみるのがおすすめですよ(・∀・)

その他、関西の彼岸花の名所を下の記事でまとめていますので、こちらも読んでみてください。

そんな感じで終わりです!
秋の旅行やお出かけの参考になれば嬉しいです(*^^*)

読んでいただき、
ありがとうございました(*’ω’*)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA