旅行・お出かけ

【2019年版】GWにおすすめ!関西のネモフィラ畑6選|見頃時期、開花状況、アクセスまとめ

関西でおすすめのネモフィラの名所

近年人気がどんどん急上昇しているネモフィラ。

全国的には茨城県の国営ひたち海浜公園が特に有名で、桜の時期がすぎるとインスタグラムがネモフィラのブルーでにぎわいます(*^^*)

今回の記事では関西でネモフィラが楽しめるスポットを紹介していきます。

ネモフィラとは|関西おすすめネモフィラ畑

関西のおすすめネモフィラ畑

ネモフィラはムラサキ科ネモフィラ属北アメリカ原産の一年草で和名を瑠璃唐草(るりからくさ)といいます。

ネモフィラが群生すると、一面が青空のようにきれいに染まります。

関西の見頃は?|関西おすすめネモフィラ畑

関西のおすすめネモフィラ畑

今回まとめたネモフィラ畑では

4月下旬~5月上旬

であれば、どこのスポットでも見頃です。
ちょうどGWに重なるので、この辺りに混雑しそうですね。

季節や場所によって、もう少し早くから、もう少し長くというスポットもありますので、行く前にそれぞれの開花状況を確認してください。

 

関西のおすすめネモフィラ畑6選

関西のおすすめネモフィラ畑

1.淡路島国営明石海峡公園(兵庫県淡路市)

View this post on Instagram

淡路島国営明石海峡公園さん(@akashikaikyopark)がシェアした投稿

淡路島の「淡路島国営明石海峡公園」ではポプラの丘と大地の虹に約9万株のネモフィラが植えられています。

ネモフィラの開花時期に合わせて4月22日(月)~5月19日(日)に「ブルーアイランドパーティ」が開催されます。

基本情報・アクセス

見頃時期:4月下旬~5月上旬

見頃情報:公式サイトInstagram/Facebook

規模:約9万株

住所:兵庫県淡路市夢舞台8-10

TEL:0799-72-2000

開園時間:9時30分~18時

入園料金:大人450円、シルバー210円、中学生以下無料

公式サイト:https://awaji-kaikyopark.jp/

地図:

高速バス:JR「舞子駅」もしくは「三宮駅」から「夢舞台前」もしくは「聖隷淡路病院前」へ。下車後、徒歩約5分。

車:神戸淡路鳴門自動車道「淡路IC」から約5分。もしくは「東浦IC」から約10分

駐車場:普通車500円、自動二輪100円

2.大阪まいしまシーサイドパーク(大阪府大阪市此花区)

View this post on Instagram

大阪まいしまシーサイドパークさん(@osaka_maishima_seasidepark)がシェアした投稿

約100万株と関西最大規模のネモフィラ畑です。

2018年7月に閉園した「大阪舞洲ゆり園」が「大阪まいしまシーサイドパーク」として生まれ変わり、期間限定で「ネモフィラ祭り」を行われています。
初開催の2019年は4月13日(土)~5月6日(月)まで行われていますので、見逃さないようにしましょう。

大阪湾の海、空とネモフィラの青の共演が楽しめます(*^^*)

※追記:2019年4月28日に行ってきました(*’ω’*)

www.ryotawada.com

基本情報・アクセス

見頃時期:4月中旬~5月初旬

見頃情報:TwitterInstagramFacebook

規模:約100万株

イベント:ネモフィラ祭り
→期間:4月13日(土)~5月6日(月)
→時間:9時~17時(最終入園16時30分)

住所:大阪市此花区北港緑地2

TEL:06-4804-5828

開園時間:9時~17時

入園料金:中学生以上900円、4歳~小学生500円
※団体料金、障害者料金、その他パック券もあるので、HPをチェックしてください。

公式サイト:https://seasidepark.maishima.com/nemophila/

地図:

バス:JR「桜島駅」もしくは地下鉄「コスモスクエア駅」からバス。下車ご徒歩スグ。

車:阪神高速五号湾岸線「湾岸舞洲出口」より約5分

駐車場:普通車700円、バイク・自転車無料

3.花博記念公園鶴見緑地(大阪府大阪市鶴見区)

View this post on Instagram

markrouxさん(@markroux0611)がシェアした投稿

平成2年に「国際花と緑の博覧会(花博)」が開催された会場跡地の公園です。

ネモフィラは 風車の丘に植えられており、まずはチューリップとの共演。
チューリップが終わるとネモフィラが風車の前一面に広がります。

基本情報・アクセス

見頃時期:4月中旬~5月上旬

見頃情報:公式サイトInstagram

規模:不明

住所:大阪府大阪市鶴見区緑地公園2-163

TEL:06-6912-0650

開園時間:自由

入園料金:無料

公式サイト:https://www.tsurumi-ryokuchi.jp/

地図:

電車:地下鉄長堀鶴見緑地線「鶴見緑地駅」下車後、徒歩約5分

車:近畿自動車道「門真IC」もしくは「大東鶴見IC」よりスグ。

駐車場:100円/20分、
※上限駐車料金、毎日1,000円

4.堺・緑のミュージアム ハーベストの丘(大阪府堺市南区)

View this post on Instagram

ハーベストの丘さん(@harvest_hill)がシェアした投稿

大阪堺市にある体験型農業公園「堺・緑のミュージアム ハーベストの丘」にも春にはネモフィラが見頃を迎えます。

ハーベストの丘では他にも動物とのふれあい体験、料理を作るグルメ体験、アクセサリーなどを作るクラフト体験など、楽しめるイベントが多く開催されています。
(別料金のイベントもあります)

また遊具やアスレチックなど体を使って楽しむ施設も揃っていますので、一日楽しんでください(*^^*)

基本情報・アクセス

見頃時期:4月中旬~5月上旬

見頃情報:TwitterInstagramFacebook

規模:約10万本

住所:大阪府堺市南区鉢ヶ峯寺2450-1

TEL:072-296-9911

開園時間:9時30分~17時30分(土日祝は18時)

入園料金:大人900円、シルバー600円、学生(中学生以上)600円、子供(4歳以上)500円、幼児(3歳以下)など

公式サイト:https://farm.or.jp/

地図:

バス:南海「泉ヶ丘駅」より「ハーベストの丘」まで。下車後徒歩スグ。

車:阪和自動車道「堺IC」より約15分、堺・泉北有料道路「太平寺出口」より約15分。

駐車場:無料

 

5.馬見丘陵公園(奈良県北葛城郡河合町)

View this post on Instagram

uma9_chuwaparkさん(@uma9_chuwapark)がシェアした投稿

馬見古墳群内に位置する、奈良県下最大級の都市公園です。
園内には多数の古墳が点在しています。

ネモフィラは中央エリアの「花の道」、北エリアの「集いの丘」にて見ることができます。

馬見丘陵公園はネモフィラ以外にも色々な花が咲いており、この時期ではツツジやヤマブキ、ライラックも楽しめますよ(*^^*)

基本情報・アクセス

見頃時期:4月中旬~5月中旬

見頃情報:公式サイトInstagramFacebook

規模:不明

住所:奈良県北葛城郡河合町佐味田2202

TEL:0745-56-3851

開園時間:自由

入園料金:無料

公式サイト:http://www.pref.nara.jp/1780.htm

地図:

電車:近鉄田原本線「池部駅」下車後、徒歩約2分

バス:近鉄大阪線「五位堂駅」より「馬見丘陵公園」まで。下車後、徒歩スグ

車:西名阪自動車道「法隆寺IC」より約8分

駐車場:無料

6.ブルーメの丘(滋賀県蒲生郡日野町)

ブルーエの丘は農業と観光、ドイツ・バイエルン地方の文化を融合させた観光施設です。
ネモフィラはブルーメの丘のメインの花畑にて見ることができます。
ただしこの時期は13万本のチューリップがメインになっており、一面に広がるネモフィラ畑を見たい!という方には物足りないかもしれません(^_^;)

ブルーメの丘では花以外にも、カピバラさんなどとのふれあい体験、農業体験、酪農体験、クラフト工房といった体験ものや各種遊具など楽しむ施設がたくさんあります。
ブルーメの丘は友達、家族で行くと、より楽しめる場所ですよ(*^^*)

基本情報・アクセス

見頃時期:4月下旬~5月中旬

見頃情報:公式サイトTwitterInstagramFacebook

規模:5,000本

住所:滋賀県蒲生郡日野町大字西大路864-1

TEL:0748-52-2611

開園時間:10時~17時(土日祝9時30分~18時)

休園日:毎週水曜日(水曜が祝日、GWは営業)

入園料金:大人1,000円、子供(4歳~小学生)600円、幼児(3歳以下)無料

公式サイト:http://www.blumenooka.jp/

地図:

バス:「JR近江八幡駅南口」もしくは「近江鉄道日野駅」より「幅野町」まで。下車後、徒歩約10分
※土日祝は日野駅より無料シャトルバスあり(1日4本)

車:名神「八日市IC」より約20分、新名神「甲賀土山IC」より約25分、蒲生スマートIC(ETC専用)より約20分

駐車場:無料

おまけ|6選以外のスポット

6ヶ所おすすめのネモフィラ畑を紹介してきましたが、それ以外にもネモフィラを楽しめる場所がありますので、紹介しておきます。

小規模なのでおすすめからは外しましたが、京都府立植物園でもネモフィラが楽しむことができます。

大阪では万博記念公園もスポットとして挙げらることが多いのですが、公式サイトやSNSを確認する限り、ネモフィラについては2018年以前の情報しか出てこなかったので外しています。
万博記念公園は今年もネモフィラが植えられているようなら、おすすめに入れたいと思います(*^^*)

お近くの方はこの2ヶ所も検討してみるといいですよ(*^^*)

 

まとめ|関西もネモフィラを楽しみましょう(*^^*)

関西のおすすめネモフィラ畑

このように関西でもネモフィラを楽しめるスポットがたくさんあります。

特に2019年に誕生した「大阪まいしまシーサイドパーク」は関西最大のネモフィラを楽しめるスポットで、海・空・ネモフィラと3つの青が楽しめるので特におすすめです。

どのネモフィラ畑もちょうどGWに見頃を迎えていますので、旅行でも日帰りでもぜひ行ってみてください(*^^*)

そんな感じで終わりです!
読んでいただき、
ありがとうございました(*’ω’*)