旅行・お出かけ

【2019年版】関西でおすすめのラベンダー名所6選|見頃・開花情報、アクセスまとめ

関西でおすすめのラベンダーの名所

今回は関西でおすすめのラベンダーの名所についてです。

ラベンダーと言えば、とても香りが豊かなハーブで、初夏から夏にかけて見頃を迎える花です。
全国的な名所では北海道の富良野が有名で、香り高く一面を紫に染める様子は必見です。

ですが、この記事では北海道ではなく関西でおすすめのラベンダーの名所の見頃・開花情報、アクセスなどの基本情報を紹介していきます。

ラベンダーの基本情報|関西の見頃は6月中旬~7月初旬ごろ

関西でおすすめのラベンダーの名所
  • 分類:シソ科ラベンダー属
  • 開花時期:4~7月
  • 花言葉:沈黙、あなたを待ってます、期待

ラベンダーは「ハーブの女王」ともいわれるように、ハーブの代表的な花です。
香りがとても強く、その香りにはリラクゼーション効果や抗菌効果、防虫効果、美容など幅広い効果があります。

高温多湿に弱いため、よく北海道などで見られ、特に北海道・富良野のラベンダー畑が有名です。
ラベンダーの開花時期は4~7月で、関西では特に6月中旬~下旬に見頃を迎えます。
ちなみに北海道・富良野では7月中旬~下旬が見頃です。

花言葉の「沈黙」はラベンダーのリラクゼーション効果から由来すると言われています。
「あなたを待っています」の由来はラベンダーという名前の少女が美少年に恋をしたものの、告白できずに待ち続けた末に一輪の花になってしまったというヨーロッパの伝説から来ています。



関西でおすすめのラベンダーの名所6選

関西でおすすめのラベンダーの名所

1.メナード青山リゾート(三重県伊賀市)

 

この投稿をInstagramで見る

 

ryoさん(@n_ryono)がシェアした投稿


「メナード青山リゾート」は三重県伊賀市・青山高原に位置する総合リラクゼーションリゾートです。
宿泊施設や温泉、エステ、ビューティ&ヘルシープログラム、ゴルフ場、ハーブガーデン、創作体験施設など豊富に施設が揃っています。

中でもハーブガーデンが人気で、広さは8haにも及び、年間300種類以上のハーブが咲き誇ります。
6月中旬から7月中旬まではラベンダーフェスタが行われ、約5万株のラベンダーがあたり一面に一面を紫色に染め上げます。

基本情報・アクセス

見頃情報:6月下旬~7月上旬

開花情報:スタッフブログ

規模:5万株

ハーブガーデン開園時期:2019年4月26日(金)~11月24日(日)

ラベンダーフェスタ:2019年6月15日(土)~7月15日(月)

時間:9時~17時(16時受付終了)

定休日:無休

料金:入場料 中学生以上1,080円、小学生540円(季節により異なる、体験料別途要)

住所:三重県伊賀市霧生2356

TEL:0595-54-1326

公式サイト:https://www.menard.co.jp/resort/index.html

地図:

アクセス:近鉄「伊賀神戸駅」「榊原温泉口駅」より予約制定期送迎バスが運行

駐車場:100台・無料

2.ラベンダーパーク多可(兵庫県多可郡)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Nagisaさん(@naggie0917)がシェアした投稿


「ラベンダーパーク多可」は兵庫県多可郡多可町の丘陵地にある西日本最大級のラベンダーパークです。

眼下には棚田の原風景、見上げれば東播磨最高峰の千ヶ峰(1,005m)が望め、振り返れば丹波霧が見渡せる大井戸山(794m)が雄大な姿を見せるなど、絶好のロケーションを誇っています。

広さ5haの園内には地元の人が大切に育てたラベンダーが約2万株が植えられており、見頃も5月中旬~7月中旬と早咲きから遅咲きまで約2ヶ月楽しむことができます。

オリジナルのラベンダー精油やルームスプレーなどラベンダーグッズを揃えるショップの他、6月中旬から7月中旬にはラベンダー精油抽出の見学コーナーも期間限定で開かれます。
また人気の食事処「ごはん亭」は多可町特産の播州地卵とコシヒカリが食べ放題で、ファンも多数。
ラベンダーパーク多可に行くなら、ぜひ立ち寄ってみてください(*^^*)

基本情報・アクセス

見頃情報:5月中旬~7月中旬

開花情報:InstagramFacebookTwitter

規模:約2万株

時間:9時~17時

定休日:水曜(5月中旬~7月中旬は無休)

料金:高校生以上500円、小中学生200円(ラベンダーシーズン以外は無料)

住所:兵庫県多可町加美区轟

TEL:0795-36-1616

公式サイト:https://www.lavender-park.jp/

地図:

アクセス:
JR「西脇市駅」より神姫バスにて「山寄上行き」または「鳥羽上行き」に約60分乗車。「轟」バス停下車後、徒歩約15分
「神戸三宮駅」から神姫バス「西脇市営業所行き」に終点まで120分乗車。下車後、「山寄上行き」または「鳥羽上行き」に約60分乗車。「轟」バス停下車後、徒歩約15分

駐車場:95台・無料

3.神戸布引ハーブ園(兵庫県神戸市)

 

この投稿をInstagramで見る

 

神戸布引ハーブ園/ロープウェイさん(@kobe_nunobiki_herb_gardens)がシェアした投稿


「神戸布引ハーブ園」は兵庫県神戸市六甲山中腹にある約200種・約7万5,000株の花屋ハーブが咲き集う日本最大級のハーブ園。
テーマの異なる12のガーデンには、四季折々、様々な花やハーブが咲き集います。

ラベンダーは5月下旬から見頃を迎え、2019年は5月11日~7月7日に「ラベンダー&ローズフェア2019」が開催。
期間中にはラベンダー摘み取り、ラベンダースティックづくりが行われます。

ラベンダーは900株と他のラベンダーの名所と比べると規模は小さめですが、神戸の眺望、夜景なども合わせて楽しめます。

基本情報・アクセス

見頃情報:5月下旬~7月上旬

開花情報:InstagramFacebook公式ブログ

規模:900株

ラベンダー&ローズフェア2019:2019年5月11日(土)~7月7日(日)
→ラベンダー摘み取り:参加無料、6月毎土日、14時~14時30分
→ラベンダースティックづくり:1,000円、6/29(土)、30(日)、7/6(土)、7(日)、11時~15時(定員に達し次第終了)
→ローズカフェ:5/11(土)~6/30(日)、11時~15時

時間:10時~17時(ハーブ園)

定休日:無休(荒天の場合は運休、休園の場合あり)

料金:高校生以上1,500円、小中学生750円(ロープウェイ往復乗車券込)

住所:兵庫県神戸市中央区北野町1-4-3

TEL:078-271-1160

公式サイト:http://www.kobeherb.com/

地図:

アクセス:神戸布引ロープウェイハーブ園山麓駅からハーブ園山頂駅下車スグ

駐車場:ロープウェイでのアクセスのみのため、ANAクラウンプラザホテル神戸など近隣の有料駐車場に停車後、ロープウェイを利用

4.兵庫県立但馬牧場公園(兵庫県但馬)


「兵庫県立但馬牧場公園」は兵庫県美方郡にある但馬牛が放牧される牧場です。
但馬牛のPRと生活拠点、羊・山羊などの動物や自然のふれあいを通した地域活性化を目的にオープンしました。

動物のふれあい、アスレチック、パンケーキやそば打ち体験などの農産物加工体験など、様々な遊びが揃っています。

公園内・愛宕山山頂にある花園ではラベンダーやコスモスなど季節ごとに色々な花を見ることができます。

※各SNSで最新情報を発信していると公式サイトにあったのですが、確認するとFacebook以外は長期間更新されていませんでした…。

基本情報・アクセス

見頃情報:6月中旬~7月中旬

開花情報:FacebookTwitterInstagrameoおでかけ

規模:ラベンダー中心に約2万株のハーブ

時間:9時~17時

定休日:木曜(祝日の場合は翌日)

料金:入場無料

住所:兵庫県美方郡新温泉町丹土1033

TEL:0796-92-2641

公式サイト:http://www.tajimabokujyo.jp/

地図:

アクセス:
JR「八鹿駅」より全但バス約70分乗車し「湯村温泉」まで。下車後、タクシー利用
JR「浜坂駅」より全但バス約25分乗車し「湯村温泉」まで。下車後、タクシー利用
「阪急三番街(大阪)」「三宮(神戸)」より特急バス(要予約)にて約3時間30分乗車し「湯村温泉」まで。下車後、タクシー利用

駐車場:200台・無料

5.和泉リサイクル環境公園(大阪府和泉市)


「和泉リサイクル環境公園」は大阪府和泉市にある環境公園。
かつて民間の産業廃棄物最終処分場だった跡地が整備され、「自然あふれる、憩いの空間」として生まれ変わりました。

一年を通して四季折々の花を咲かせ、市民を楽しませています。
6月にはラベンダーが見頃を迎え、期間中には「ラベンダーオイル抽出体験会」も行われます。
(2019年も開催予定で電話にて参加受付中/日程は記載なし/2018年は6月20日)

ラベンダーの一種でもあるデンダータ、ストエカスラベンダーは春と秋に見頃を迎えます。
そちらもおすすめです(*^^*)

基本情報・アクセス

見頃情報:6月
デンダータ・ストエカスラベンダー:4月上旬~5月上旬、11月上旬~下旬

開花情報:Facebook公式ブログ

規模:8万株(公式には記載なし)

時間:8時~17時(最終入園16時)

定休日:月曜・年末年始

料金:無料

住所:大阪府和泉市納花町407番地の15

TEL:0725-55-6969

公式サイト:https://www.dinsgr.co.jp/park/

地図:

アクセス:泉北高速鉄道「和泉中央駅」から南海バス「和泉青葉台」「慎尾山口」「父鬼」「和泉青葉台・納花」行きに乗車し「納花」まで。下車後、徒歩約15分

駐車場:140台・無料

6.西庄ふれあいの郷ハーブ園(和歌山県和歌山市)

 

この投稿をInstagramで見る

 

大屋 健太郎 けんぼー[●▲●]ダンボーさん(@ooya_kentarou)がシェアした投稿


「西庄ふれあいの郷ハーブ園」和歌山県和歌山市にあるハーブ園です。
ラベンダーやミントなど四季折々のハーブに彩られた香り豊かな場所です。

見頃は他の地域のラベンダーよりも早く、5月頃にピークを迎えます。
毎年5月に満開となったラベンダーの花摘み体験(要予約)が行われ、詰んだラベンダーを持ち帰ることができます。

開花情報を発信している場所はないので、確認したい方は電話をするのが確実です。

基本情報・アクセス

見頃情報:4月上旬~5月下旬

開花情報:Twitter検索(西庄ふれあいの郷 ラベンダー)

規模:約3万本

時間:9時~17時

定休日:火曜(祝日の場合はその日に近い休日ではない日)

料金:無料(ゲートゴルフ場は別途料金要)

住所:和歌山県和歌山市西庄1107-36

TEL:073-456-3533(ハーブ園管理事務所)

公式サイト:http://www.city.wakayama.wakayama.jp/shisetsu/kouen_sp_shisetsu/1006085/1006321.html

地図:

アクセス:南海電鉄加太線「西ノ庄駅」より徒歩約30分

駐車場:無料・台数不明



まとめ|関西のラベンダー名所で癒やされよう

関西でおすすめのラベンダーの名所
  1. メナード青山リゾート
  2. ラベンダーパーク多可
  3. 神戸布引ハーブ園
  4. 兵庫県立但馬牧場公園
  5. 和泉リサイクル環境公園
  6. 西庄ふれあいの郷ハーブ園

以上、6ヶ所のラベンダーの名所を紹介しました。

北海道・富良野のイメージで7月が見頃というイメージを持っていた方もいると思うのですが、関西では6月です。

日々の生活に癒やしがほしくなったら、ラベンダーの名所で香り高いラベンダーに囲まれてみるといいですよ(*^^*)

ちなみに同じくらいの時期にあじさいも見頃を迎えます。
以下の記事に関西のあじさいの名所をまとめましたので、あわせてこちらもどうぞ。

そんな感じで終わりです。
読んでいただき、
ありがとうございました(*’ω’*)