旅行・お出かけ

【2019年版】京都のあじさい名所「三室戸寺」|見頃・開花情報、アクセスを紹介

三室戸寺あじさい園

今回は京都のお寺「三室戸寺」についての記事です。

三室戸寺は約1万株のあじさいが咲く「あじさい寺」として有名で、期間限定で公開されるあじさい園ではライトアップも行われ、昼夜あじさいを楽しむことができます。(※あじさい園は昼夜入れ替え制)

この記事では三室戸寺の

  • 基本情報|宗派や拝観時間、拝観料など
  • あじさい園|開園期間、見頃、ライトアップなど

を紹介していきます。

三室戸寺はどんなお寺?|宗派やご本尊、拝観時間、拝観料など

 

この投稿をInstagramで見る

 

takuya-MT-ATさん(@jozukatakuya)がシェアした投稿

  • 宗派:本山修験宗別格本山
  • 御本尊:千手観音
  • 創建:770年
  • 重要文化財:木造阿弥陀如来及び両脇侍坐像と木造釈迦如来像、木造毘沙門天立像、十八神社本殿

三室戸寺は京都府宇治市にあるお寺で、宗派は本山修験宗別格本山、お御本尊は千手観音です。
770年に光仁天皇の勅願により創建されたと言われています。

西国三十三所の第十番札所、神仏霊場巡拝の道第124番札所(京都44番)でもあり、多くの参拝者が訪れます。

春には2万株のツツジ、初夏には1万株のあじさいやハスの花が咲く、花の名所としても有名です。

基本情報|拝観時間、拝観料など

住所:京都府宇治市菟道滋賀谷21

TEL:0774-21-2067

拝観時間:8時30分~16時30分(最終受付16時)

拝観料(平常時):大人500円、小人300円

定休日:無休

公式サイト:https://www.mimurotoji.com/

地図:

三室戸寺へのアクセス・駐車場

公共交通機関

最寄り駅は京阪「三室戸駅」で、三室戸駅から三室戸寺までは徒歩約15分ほどです。

JR・京阪宇治駅からバスも出ています。
「門前」「三室戸」どちらかで下車し、そこから三室戸寺まで徒歩になります。

JR宇治駅(2番のりば)
【40、40A】→約11分→「門前」下車→徒歩約8分→三室戸寺
【250A】→約10分→「三室戸」下車→徒歩約12分→三室戸寺

京阪宇治駅(3番のりば)
【40、40A】→約5分→「門前」下車→徒歩約8分→三室戸寺
【130、250、250A】→約10分→「三室戸」下車→徒歩約12分→三室戸寺

あじさいの開花時期にはJR・京阪宇治駅から臨時バス「あじさい号」が出ています。
2019年は6月8日(土)~6月23日(日)の期間で運行しています。

ちなみにバスの運賃は通常便も臨時便も
大人210円、小人110円
になります。

駐車場(有料)

  • 台数:300台
  • 乗用車:500円
  • バス:2,000円

三室戸寺の駐車場は上の通りです。

その他、周辺のコインパーキングは京阪「三室戸駅」周辺に多くあるので、駐車場が満車のときにはそちらを使うといいでしょう。
あじさいが見頃の休日だと、三室戸寺の駐車場は混雑します。




三室戸寺のあじさい情報|見頃・開花情報、ライトアップなど

見頃時期:6月上旬~7月上旬

開花情報:InstagramFacebook公式ブログ

規模:50種類・1万株

イベント:あじさい園の公開とライトアップ

期間:2019年6月1日(土)~7月7日(日)
時間:8時30分~16時30分(最終受付16時)

ライトアップ:
期間:2019年6月8日(土)~6月23日(日)の間の土日のみ
時間:19時~21時(最終受付20時30分)
※昼夜入れ替え制です

料金:大人800円 小人400円(あじさい園開園期間中のみ)
※あじさいライトアップも同額

あじさいの見頃は上の通り6月上旬~7月下旬頃で、例年ピークを迎えるのは6月中旬~下旬頃となります。
毎年多少ズレますので、事前に公式ブログをチェックするのがおすすめです。

あじさい園の開園期間中は拝観料金が平常時よりも高くなります。
とはいっても大人800円と平常時より300円アップのみですが。

あじさい園のライトアップは期間中の土日のみなので注意してください。
毎日ライトアップしているわけではありません。

またあじさい園は昼夜入れ替え制になっていますので、昼も夜もあじさい園にいる場合は、一旦外に出され、料金が昼夜それぞれかかります。



三室戸寺あじさい園の写真

View this post on Instagram

yuzuさん(@kyoto.yuzu)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

三室戸寺 あじさい寺さん(@mimurotoji)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

mint_cさん(@mint_co0423)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

温泉巡りしてます。ご一緒しませんか?さん(@sakura3310_33102018)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

Yumiko Tさん(@yumilyumily)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

エノさん(@eno_noe_22)がシェアした投稿





まとめ|三室戸寺であじさいを楽しんだ後は平等院鳳凰堂へ

三室戸寺あじさい園

ということで京都のあじさい寺「三室戸寺」を紹介しました。

ここは人気のあじさいスポットですので、休日はなかなか混雑します。
ライトアップは休日限定ということもあって、特に人が多くなっています。
そうでなくても通路は広くないこともあり、三脚は禁止です。
写真を撮りに行く人は三脚を立てないでくださいね。

その他、世界遺産「平等院」が三室戸寺から近いです。
10円に描かれている鳳凰堂が有名ですね。
あじさい期間は宇治駅までの臨時バスが運行していますし、宇治駅は三室戸駅の隣の駅です。
アクセスは良好なので、時間がある方は合わせて平等院に行くのもおすすめになります(*^^*)

そんな感じで終わりです。
読んでいただき、
ありがとうございました(*’ω’*)