旅行記

GWにおすすめ!大阪まいしまシーサイドパーク・ネモフィラ祭りに行ってきた

大阪まいしまシーサイドパーク・ネモフィラ祭り

今回は大阪まいしまシーサイドパークの「ネモフィラ祭り」についての記事です。

大阪まいしまシーサイドパークは2018年に閉園した大阪舞洲ゆり園が生まれ変わった場所です。

2019年4月13日(土)~5月6日(月)の期間中「ネモフィラ祭り」が行われ、会場では空、海、ネモフィラの3色のブルーの共演が楽しめます。

この記事では大阪まいしまシーサイドパーク「ネモフィラ祭り」の

  1. 開催期間やアクセスなどの基本情報
  2. 実際に行った旅行記

を紹介します。

大阪まいしまシーサイドパーク「ネモフィラ祭り」の基本情報・アクセス

大阪まいしまシーサイドパークのネモフィラ祭り

見頃時期:4月中旬~5月初旬

開花情報:TwitterInstagramFacebook

規模:約100万株

イベント:ネモフィラ祭り
→期間:4月13日(土)~5月6日(月)
→時間:9時~17時(最終入園16時30分)
※2019年5月27日(土)~5月5日は9時~18時30分(最終入園18時)に延長
※雨天時は17時閉園

住所:大阪市此花区北港緑地2

TEL:06-4804-5828

開園時間:9時~17時

入園料金:中学生以上900円、4歳~小学生500円
※団体料金、障害者料金、その他パック券もあるので、HPをチェックしてください。

バス:JR「桜島駅」もしくは地下鉄「コスモスクエア駅」からバス、下車ご徒歩スグ。

車:阪神高速五号湾岸線「湾岸舞洲出口」より約5分

駐車場:普通車700円、バイク・自転車無料

公式サイト:https://seasidepark.maishima.com/nemophila/

地図:

お得な入園券の買い方

普通に買うと入園券は900円、パック券を買うと割安という感じですが、パックでついてくるものが不要という方も多いと思います。

そこで「PassMe!るるぶレジャーチケット」を利用すると、前売券価格の

  • 大人(中学生以上):900円→700円
  • 子ども(4歳~小学生):500円→300円

で入園券を購入できます。
もちろん買った当日に利用できます。
※日時指定チケットの場合は指定した日時のみ

このPassMeはスマホ専用サービスで支払いはクレジットカードのみなので、これらを準備して利用してください。
あと会員登録も必要です。

>>【割引】大阪まいしまシーサイドパーク「ネモフィラ祭り」 大阪府|前売りチケットはPassMe!

 

大阪まいしまシーサイドパーク「ネモフィラ祭り」旅行記

大阪まいしまシーサイドパークのネモフィラ祭り

ここからは実際に行った旅行記です。

2019年4月28日に大阪まいしまシーサイドパークを訪れました。
天気は曇り。
晴れ予報でしたが、残念ながら曇りとなりました。

JR桜島駅から大阪まいしまシーサイドパークまではバス

車がないので、JR桜島駅よりバスで大阪まいしまシーサイドパークに向かうことにしました。

桜島駅に10時過ぎに到着すると、同じく大阪まいしまシーサイドパークに向かう人が大量に(^_^;)

▼バス停に並ぶ行列
大阪まいしまシーサイドパークのネモフィラ祭り

バス停には行列で、このバス乗りたいなーと見込んでいた時間のバスには定員オーバーで乗れず、その次のバスに乗ることになりました。
バスは2台体制で運行していましたが、とにかく人が多い(^_^;)
バス利用の人は駅到着時間から一番近い時間のバスの次か、その次になることを覚悟しておくのがいいでしょう。

次のバスを待ちきれずにタクシーで会場に向かう人たちも多かったです。
タクシーの運ちゃんによると運賃は1,500~1,600円くらいとのことでした。
4人で乗ると一人400円くらいなので、複数人ならタクシーもありだと思います。

ぼくは一人だったので、バスで行きました。
運賃は210円で現金支払いのみ。ICカードは使えません。
両替は千円札のみなので注意しましょう。

大阪まいしまシーサイドパークでネモフィラ祭りを楽しむ

大阪まいしまシーサイドパークのネモフィラ祭り

さて満員のバスに乗って、会場到着です。
入園券を購入して、ネモフィラ祭り会場に入ります。

大阪まいしまシーサイドパークのネモフィラ祭り

入園券はホテルランチバイキングや日帰り温泉とのセット券などもあるので、お好みの券を購入しましょう。
ぼくは900円の入園券のみです。
クレカなどの現金払い以外はできないようでした。
るるぶレジャーチケットならクレカで事前に割引料金で購入することもできます。

以下写真です。

▼奥のテントみたいなところが売店
大阪まいしまシーサイドパークのネモフィラ祭り

▼奥には大阪湾が見えます
大阪まいしまシーサイドパークのネモフィラ祭り

青空なら…(^_^;)

ネモにゃん(ΦωΦ)
大阪まいしまシーサイドパークのネモフィラ祭り

ネモフィラ祭り会場に何匹かいらっしゃいますので、探してみると楽しいです(*^^*)

大阪まいしまシーサイドパークのネモフィラ祭り

▼ここが端っこ
大阪まいしまシーサイドパークのネモフィラ祭り

会場の端に上って写真が取れる台が置かれていて、そこに列ができていました。

▼遊覧ヘリコプターもやってます
大阪まいしまシーサイドパークのネモフィラ祭り

遊覧ヘリコプターは約4分、大人5,200円、子ども4,600円で利用できます。
ぼくには値段が高く感じますが、結構待ちの人がいたので、人気のようです。

大阪まいしまシーサイドパークのネモフィラ祭り

ぐるっと丘の上から大きく回りながら下っていって、上の写真のテント辺りに行きます。

大阪まいしまシーサイドパークのネモフィラ祭り 大阪まいしまシーサイドパークのネモフィラ祭り

▼最後のネモにゃん
大阪まいしまシーサイドパークのネモフィラ祭り
ぼくは3体見つけました。
1体は人がたかってたので、撮るのを諦めましたが(^_^;)

会場は広さ約3万㎡とめちゃめちゃ広いので、人口密度は高くありません。
そんなにストレスを感じずにネモフィラを楽しめると思います。
混雑を感じるのは出入り口付近と端っこの写真スポット、売店くらいでした。

▼ネモフィラブルーソフト「ブルーアイ」
大阪まいしまシーサイドパークのネモフィラ祭り

ソフトクリームを食べて、終了しました(*^^*)
500円です。
ラムネ味でうまいです(*’ω’*)

この他、お土産の販売や大道芸、写真撮影サービス(自前のカメラ不可)もあります。

あと所要時間は2時間弱でした。
ぼくはウロウロしながら写真を撮っていたので、スムーズに回ると1時間~1時間半くらいになるかと思います。

 

おわりに

大阪まいしまシーサイドパークのネモフィラ祭り

ぼくは11時頃に会場入りして、13時頃に出ました。

出るころにはぼくが入園したとき以上に入り口に列ができていたので、やはり混雑のピークはお昼に来そうです。

多少なりとも空いてる時間なら、開園すぐか閉園前がいいでしょう。
閉園前の時間なら夕日も見ることができるようです。

View this post on Instagram

大阪まいしまシーサイドパークさん(@osaka_maishima_seasidepark)がシェアした投稿

広い会場で、回るのにも時間がかかりますので、時間に余裕を持って行動するようにしましょう。

ちなみにバスはわりと遅い時間まで運行してます。
西九条駅までのバスもありましたよ。(西九条からのバスはないです)

関西では最大のネモフィラを楽しめるスポットですので、ぜひ一度は行ってみてください(*^^*)
ぼくは今回くもりだったので、元気があれば今年中にもう一度行くかもしれません。

そんな感じで終わりです!
読んでいただき、
ありがとうございました(*’ω’*)