旅行記

【兵庫旅行記】みなとこうべ海上花火大会に行ってきた!神戸空港から撮影

みなとこうべ海上花火大会

こんにちは、リョウタです(*’ω’*)

2019年8月3日に開催された兵庫県神戸市の花火大会「みなとこうべ海上花火大会に行ってきました!

ぼくは年に何回かは神戸を訪れるのですが、みなとこうべ海上花火大会は今回が初めてです。
神戸という華やかな街で開催される花火大会なので混雑必至。
ぼくは人混み嫌いなので避けてきましたが、今回行ってみることにしました。

この記事では「みなとこうべ海上花火大会」の

  • 旅行記
  • 撮影場所

などについて紹介しています。

みなとこうべ海上花火大会の概要

兵庫県神戸市・神戸港で開催される花火大会。
1971年から始まり、2019年で49回目です。
神戸は関西でも特に人気のある都市ということもあって、多くの見物客で賑わいます。

尺玉やスターマイン、仕掛け花火など多彩な花火が打ち上がって、神戸港周辺の夜景と花火の共演を楽しめるのが特徴です。

花火玉数:6,500発

昨年の人出:約28万人

有料席:
【メリケンパーク展望広場】
→ペアシート1組(2名用):1万5,000円
→一般協賛席:4,500円
【神戸ハーバーランド高浜岸壁】
→一般協賛席:4,000円
【新港第2突堤】
→一般協賛席:3,100円
【新港第4突堤】
→一般協賛席:3,100円

時間:19時30分~20時30分(予定)

会場:神戸港(新港突堤~メリケンパーク南側海上)

TEL:078-333-3372

公式サイト:https://kobehanabi.jp/

地図:

アクセス:JR「三ノ宮駅」、阪急・阪神「神戸三宮駅」から徒歩約20分

駐車場:なし

【旅行記】みなとこうべ海上花火大会

神戸空港にて場所取り

みなとこうべ海上花火大会を撮影できる場所はいくつかあって、有名なのは有料エリアの「ポーアイしおさい公園」と「山の上」です。
神戸港周辺の観覧席は基本的に三脚の使用が禁止されており、ポーアイしおさい公園に2ヶ所だけ三脚使用可のスペースが用意されています。

ぼくは当初しおさい公園に行くつもりでしたが、今回は神戸空港の展望デッキに行きました。
神戸空港からも撮れるとPL花火でお話ししたカメラマンの方に聞いたからです。

神戸空港からだと

  1. 人が少ない
  2. ゆっくり行っても大丈夫
  3. 待ち時間に飛行機撮れる
  4. 涼しい
  5. トイレが綺麗
  6. ランドマーク(ポートタワーなど)が見える
  7. 帰りの電車が座れる

と聞いて、即変更。

結果的にランドマークはポートタワーが小さく見えるだけでしたが、快適に過ごせました。

17時ごろに神戸空港に到着しましたが、展望デッキの市街地側にはレジャーシートに座って楽しんでいるグループと三脚が並んでいる状態(^_^;)
聞いてた話だと17時30分までは大丈夫とのことでしたが、なんとかギリギリで最前線に三脚を立てることができました。

みなとこうべ海上花火大会17時ごろは人は少ないけど、最前列は取られてます。

飛行機を見たり、Kindleで本を読んだり、近くに三脚を立ててたカメラマンの方とお話ししたりしながら時間を潰すこと2時間。
19時30分にようやく打ち上げ開始です。

このころには展望デッキいっぱいに、たくさんの人が来ており、人口密度と熱を感じます(笑)

みなとこうべ海上花火大会暇つぶしに飛行機見てる人が多い

みなとこうべ海上花火大会開始!

みなとこうべ海上花火大会

手前のポートアイランドが下部を隠していますが、ちゃんと見えてます。

今年は6,500発と去年の半分近くになっているものの、豪華な花火がたくさん打ち上がっていました。

みなとこうべ海上花火大会

風があるせいか、足元でどこかの子どもが騒いでいるせいか、ちょい写真がブレたりしながら、最後まで撮りきりました。

みなとこうべ海上花火大会 みなとこうべ海上花火大会 みなとこうべ海上花火大会 みなとこうべ海上花火大会

帰りはやっぱり混雑

帰りは神戸空港からポートライナーで三ノ宮へ。
花火終了後、少し夜景を撮ったりして時間を30分くらい潰してからポートライナーに乗りました。
神戸空港から出る電車なので、当然座れます。

途中、しおさい公園などの観覧スポットがある駅で徐々に人が乗ってきて、最後は満員に。
各駅で乗る人数を制限しているっぽくて、乗れてないっぽい人たちが見えました。

ポートアイランドから徒歩で三ノ宮に向かう人たちも大量に見えます。

みなとこうべ海上花火大会まぁこれくらいの密度ならそんなに不快でもないかな…。

ぼくは座って三ノ宮までのんびりでしたが、周りは大混雑。
三ノ宮に着いたあとは駅前に人があふれ返っている状態です。

電車にスグ乗るつもりはなかったので、三宮から高速神戸駅まで移動。
途中晩ごはんを食べてから、自分の最寄り駅に帰るための最終電車に乗りました。

そんなに混まないと噂の阪神電鉄で、しかも23時前の電車でしたが三宮で一気に満員に(^_^;)
高速神戸駅からだと座ることもできましたが、この日はどう頑張っても帰りに混むのは必死です。




撮影場所としての神戸空港

神戸空港は上でも書いた通り

  1. 人が少ない
  2. ゆっくり行っても大丈夫
  3. 待ち時間に飛行機撮れる
  4. 涼しい
  5. トイレが綺麗
  6. ポートタワーも小さく見える
  7. 帰りの電車が座れる

などなど色んなメリットがあります。

個人的には17時頃に着いても大丈夫なのが大きいです。
他のスポットではかなり早めに場所取りをしないといけないので(^_^;)
早くから来ていた人によると、16時くらいから三脚が増えだしたようです。

展望デッキには屋根があるので直射日光にさらされることはないですし、風が通って涼しいです。
暇つぶしに飛行機も撮れるし、なんなら花火前に飲食店で食事もできます。(花火終わりには閉まってます)
帰りは座って三宮まで行けるのも嬉しい(*^^*)

デメリットはポートアイランドで下が完全に隠れているのはやはり物足りないなぁというところ。
展望デッキは広くないので、出遅れると見るのも撮るのもやりづらそうです。

また柵?があるので、三脚も自分も立った状態で撮影する必要があるので、後ろの人の邪魔だろうなぁ…と。
必要以上に三脚を立てないようにしたり、なるべく隣の人の三脚に近づけてコンパクトにするなどしていましたが、なかなかプレッシャーでした。
ちなみに最前線はほぼ全て三脚が陣取っていたので、神戸空港で鑑賞だけしたい人はめっちゃ早く来るか、三脚があるのを覚悟する必要があります。

まぁメリット・デメリットを色々考えてみると、なかなかいい穴場だと思いますよ(*’ω’*)

他の撮影ポイントの場所取りについて

神戸空港以外の撮影ポイントは場所取りがなかなかハードです。

有名なのは「ポーアイしおさい公園」と「神戸の山々(六甲山や摩耶山、市章山など)」です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

釜次位空之介さん(@seetyanzd750)がシェアした投稿

「ポーアイしおさい公園」には三脚を立てられエリアが2ヶ所あり、14時までは場所取りが禁止されています。
14時を過ぎると一斉に場所取りが開始され、いい場所を取りたいなら最低でも14時台に現地に入りたいところです。

多少遅れても16時までには入らないと場所があるかないかわかりません(^_^;)

 

この投稿をInstagramで見る

 

みか吉 Hyogo 🇯🇵さん(@mikanino_2016)がシェアした投稿

山の上からなら六甲山や摩耶山、市章山の展望台が有名ですが、場所取りは遅くても当日午前中に入りたいところです。
気合が入ってる人は数日前から場所取りをするようで、そのうち禁止されるかもしれません。
下のようなニュースも…。
>>花火数日前から三脚ズラリ… 神戸市が「不法占有」ステッカーで警告:J-CASTニュース

ポーアイしおさい公園や神戸の山々に行かれるなら、マナーを守りつつ熱中症対策もしっかりしないといけないですね。




まとめ|みなとこうべ海上花火大会はいいぞ

みなとこうべ海上花火大会

という感じで初めてのみなとこうべ海上花火大会を神戸空港から見てきました。

わりとゆったり場所取りできましたし、待ち時間も快適。
さすがに遠いしポートアイランドが下側を隠してしまうので、写真が好きな人にはちょっと物足りないかもですが、ゆるく楽しむにはおすすめです(*^^*)

もし来年この花火大会に行くなら、次はポーアイしおさい公園で撮影したいと思います。

そんな感じで終わりです!
読んでいただき、
ありがとうございました(*’ω’*)