京都の絶景

【2020年】京都のあじさい寺「丹州観音寺」|見頃やアクセスなどを紹介!

京都のあじさい寺「丹州観音寺」|見頃やアクセスなどを紹介

本記事は京都の紫陽花(あじさい)寺「丹州観音寺」についてです。

丹州観音寺は京都府福知山市のお寺で、関西花の寺院第一番札所でもあります。

四季折々の花の中でも特にあじさいが100種類1万株が植えられている名所。
見頃には境内を色鮮やかに埋め尽くすことから「丹波あじさい寺」とも呼ばれています。

この記事では丹州観音寺の

  1. あじさいの見頃、開花情報などの紫陽花(あじさい)情報
  2. アクセス・駐車場情報

を紹介していきます。

見頃はいつ?丹州観音寺の紫陽花(あじさい)情報

 

この投稿をInstagramで見る

 

TRIPROUD(@triproud_travel)がシェアした投稿

丹州観音寺のあじさいの見頃は6月上旬~7月上旬で例年の最盛期は6月18日~6月30日頃です。
最盛期には白・青・紫・ピンクと100種類1万株の色とりどりのあじさいが境内に咲き乱れます。

特に仁王門から続く参道や七観音巡りの小道が見どころで、多くの参拝客が写真を撮るフォトスポットです。

開花情報は丹州観音寺の公式Facebookにて配信されていますので、行く前に確認するといいでしょう。

丹州観音寺は普段は拝観料は無料ですが、あじさいが見頃になるあじさい拝観期間は拝観料350円が必要です。
※2020年は自粛拝観となるため、拝観料は300円
2020年は6月10日~7月5日があじさい拝観期間となります。

また毎年6月第4日曜日には「あじさいまつり」が開催。
あじさいまつりではご住職の法話やアトラクションなど様々なイベントが用意されます。
まつり当日には多くの参拝客が訪れるため、駐車場が混雑することが多いです。
あじさいまつりに行かれる方は早めに行くようにして下さい。

※2020年は中止になりました!

丹州観音寺にはニワトリが放し飼い

 

この投稿をInstagramで見る

 

wasabitool(@wasabitool)がシェアした投稿

丹州観音寺・社務所前の庭では数羽の小国鶏というニワトリが放し飼いになっており、あじさいとニワトリという他では見られない組み合わせを見ることができます。

小国鶏は天然記念物に指定された美しいニワトリですが、元は闘鶏用の品種です。
穏やかな性格ですが、下手に手を出さずに鑑賞・撮影するだけにしておきましょう。

2020年はあじさい拝観は自粛拝観へ

2020年は自粛拝観が呼びかけられており、以下の条件を守るようにとのことです。

1、指示板に従って下さい。
2、拝観料300円を拝観料箱に入れて下さい。
3、手指の消毒をしてください。
4、マスクをつけて下さい。
5、一方通行で進んで下さい。
6、接触しないよう間隔をあけて下さい。
7、トイレの使用はできるだけご遠慮下さい。
8、三脚の使用禁止
9、本堂、詩風館の内拝中止
10、あじさいまつり中止、法話もありません。

引用元:http://www.tanba-ajisaidera.com/

以上の他、混雑具合によって御朱印が御朱印帳への「直書き」から「書き置き」になり、混雑が酷い場合は拝観自体を中止にすることも検討しているようです。

あじさいの見頃に丹州観音寺に行く方は、公式サイトにて中止になっていないか確認の上、行くようにして下さい。

紫陽花(あじさい)情報まとめ

紫陽花(あじさい)情報まとめ
  • 見頃時期:6月上旬~7月上旬
  • 開花情報:Facebook
  • 規模:約100種類・約1万株
  • あじさい拝観期間:2020年6月10日~7月5日
    (2020年は時間が9時~16時に短縮)
  • あじさいまつり:毎年6月第4日曜日
    ※2020年は中止
  • 時間:9時~17時
  • 定休日:無休
  • 料金(※あじさい拝観期間のみ):300円
  • 住所:京都府福知山市観音寺1067(地図)
  • TEL:0773-27-1618
  • 公式サイト:丹波あじさい寺 補陀落山 華觀音寺




丹州観音寺へのアクセス・駐車場情報

アクセス・駐車場情報まとめ
  • 電車:JR「石原駅」から徒歩約15分
  • バス:「観音寺」バス停から徒歩約10分
  • 駐車場:無料(80台)
  • 地図:

電車|JR石原駅から徒歩約15分

丹州観音寺の最寄り駅はJR石原駅。
駅から丹州観音寺までは徒歩約15分で到着します。

関西の主要駅からJR石原駅までの所要時間は以下の通りです。

主要駅~JR石原駅の所要時間
  • 【JR大阪駅から】
    ⇒特急あり:約1時間45分~
    ⇒特急なし:約3時間10分~
  • 【JR京都駅から】
    ⇒特急あり:約1時間30分~
    ⇒特急なし:約2時間~
  • 【JR三ノ宮駅から】
    ⇒高速バス利用(福知山駅から電車):約2時間

JR石原駅のある福知山市は京都の北側寄りなので、大阪や京都市内からはそこそこ遠いです。
特に大阪駅は特急を利用するかしないかで、1時間以上所要時間がかかってしまいます。

JR三ノ宮駅からは高速バスでJR福知山駅まで行って、電車に乗り換えるのがおすすめ。
三ノ宮駅から電車だと、一度大阪駅や京都駅まで行って、特急に乗り換えることになります。
時間もお金もかかってしまうので、三ノ宮駅からは高速バスを利用しましょう。

路線バス|観音寺バス停から徒歩約10分

JR福知山駅もしくはJR綾部駅から丹州観音寺まではバスでのアクセスも可能です。

それぞれの駅から観音寺バス停までは約15分で、バス停から丹州観音寺までは徒歩約10分でアクセスできます。

ただ電車で福知山駅または綾部駅まで行って、バスに乗り換えるのは効率が悪いです。
近隣にお住まいの方以外にはおすすめできません。

車・駐車場情報|駐車場は無料

可能であれば、車で行くのがおすすめです
公共交通機関よりも早くアクセスできますし、丹州観音寺以外へも自由に移動できます。

主要都市から丹州観音寺までの車での所要時間は以下の通りです。
(GoogleMap調べ)

主要都市~丹州観音寺の所要時間
  • 【大阪市から】
    ⇒有料区間あり:約1時間20分
    ⇒有料区間なし:約1時間35分
  • 【京都市から】
    ⇒有料区間あり:約1時間30分
    ⇒有料区間なし:約1時間40分
  • 【神戸市から】
    ⇒有料区間あり:約1時間20分
    ⇒有料区間なし:約1時間40分

京都市からはあまり変わりませんが、大阪市はかなり所要時間が短縮されます。

駐車場は丹州観音寺の駐車場が無料で利用可能です。
十分な収容台数があるので、丹州観音寺に車で行くならこちらを利用しましょう。

丹州観音寺駐車場
  • 収容台数:約80台
  • 駐車料金:無料
  • 地図:




まとめ|丹州観音寺の紫陽花(あじさい)はいいぞ

京都のあじさい寺「丹州観音寺」|見頃やアクセスなどを紹介

以上、「京都のあじさい寺・丹州観音寺」について紹介しました。

境内であじさいが咲き乱れる様子は「あじさい寺」の名にふさわしく、小国鶏とあじさいの組み合わせは他では見られない光景です。

京都の北側にあるのでアクセスしづらい方も多いかと思いますが、週末のドライブや1泊2日の旅行に訪れてみてもいいかと思います。

他にも関西でおすすめのあじさいの名所を以下の記事でまとめていますので、あわせて読んでいただけると嬉しいです(*^^*)

関西でおすすめのあじさい名所
【2020年版】関西でおすすめの紫陽花(あじさい)名所13選|見頃・開花情報・アクセスまとめ関西でおすすめの紫陽花(あじさい)園についての記事です。 各紫陽花(あじさい)園の見頃・開花情報やアクセスなどをまとめて紹介しています。...

以上になります!
読んでいただき、
ありがとうございました(*’ω’*)

POSTED COMMENT

  1. ヒロポン より:

    はじめまして^-^ランキングから来ました!!
    このご時世ですから、ルールを守って拝観しないといけませんね!
    近くだったら行ってみたいですね^-^
    東北に住んでまして、京都に行く機会があれば立ち寄ってみます。

    • リョウタ より:

      ヒロポンさん、何度もコメントありがとうございます!

      そうですね、みんなでルールを守って気持ちよくあじさいを楽しみたいですね!
      京都に行く機会があればぜひ行ってみてください!
      京都市内からは離れているので、旅程の組み立てだけ、ご注意ください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA