和歌山の絶景

【2022】和歌山の紫陽花(あじさい)園「あじさい曼荼羅園」見頃・開花情報、アクセスを紹介

和歌山のあじさい園「あじさい曼荼羅園」

今回は和歌山のあじさい園「あじさい曼荼羅園」についての記事です。

あじさい曼荼羅園」は和歌山県南部で最古・最大の開運・厄除けの霊場「救馬渓観音(すくだまにかんのん)」が運営するあじさい園です。

あじさい園としては和歌山県下最大で、約1万株のあじさいが園内に咲き誇ります。

この記事ではあじさい曼荼羅園の

  • あじさい情報|開園期間や見頃、開花情報など
  • アクセス・駐車場情報
  • 写真

を紹介していきます。

2022年は6月1日(水)~7月10日(日)に開園予定です!

あじさい曼荼羅園のあじさい情報|見頃、開園時間など

和歌山の紫陽花(あじさい)園「あじさい曼荼羅園」見頃・開花情報、アクセスを紹介

引用元:あじさい曼荼羅園

あじさい曼荼羅園はあじさい好きが集まり、救馬渓観音の境内にあじさいの苗を植え始めたのが始まり。現在では園内約2,000坪に約120種類・約1万株の規模になっています。

例年の見頃の時期は6月中旬~下旬頃。リアルタイムの開花情報は「あじさい曼荼羅園」の各種SNSか管理人ブログを確認してください。

リョウタ
リョウタ
電話は開園期間中は多忙のため、繋がらないことがほとんどのようです。

また、あじさい曼荼羅開園期間中には、楽器演奏を中心としたイベントが開催されます。すべて週末にはなりますが、気になるイベントがあればぜひ行ってみてください。

※2022年のイベント開催が発表されないため、2019年のイベントを以下に置いておきます。

  • 6/2(日)14時~:ギター弾き語り教室
  • 6/9(日)10時30分~:琴・尺八演奏会
  • 6/15(土)11時~:熊野高校吹奏楽部演奏会
  • 6/15(土)13時30分~:フルート演奏会
  • 6/16(日)11時~:バンド演奏会
  • 6/23(日)10時~:あじさい祭り
  • 6/23(日)14時~:説法Live
  • 6/29(土)13時30分~:あじさい曼荼羅園Live

リョウタ
リョウタ
ちなみに「あじさい曼荼羅園」は救馬渓観音の聖域となっているので、園内での飲食はできません

住所 和歌山県上富田町生馬313(地図)
TEL 0739-47-1140(救馬溪観音)
時間 9時30分~16時
料金 大人500円、小・中学生250円、未就学児無料
公式サイト あじさい曼荼羅園




あじさい曼荼羅園へのアクセス

公共交通機関 ◯JR「紀伊田辺駅」または「白浜駅」からタクシーで約20分
◯JR「紀伊田辺駅」から龍神バスにて「峠」もしくは「熊野高校前」下車後、徒歩約30分
※JR「朝来駅」が最寄り駅ですが2時間に1本なので、上記の2駅からが便利
自動車 紀勢道「上富田IC」より約5分
駐車場 500台・無料

地図

公共交通機関|電車+タクシーが現実的

公共交通機関でのアクセスは、電車+タクシーもしくは電車+バスになります。

あじさい曼荼羅園へのアクセスに便利な駅はJR「紀伊田辺駅」もしくは「白浜駅」です。

また、「朝来駅」からも行けなくはないので、それぞれ紹介していきます。

JR紀伊田辺駅から

JR紀伊田辺駅からは「タクシー」または「バス」でアクセスできます。

タクシーなら所要時間約15分、料金目安2,260円です。
※所要時間・料金目安はNAVITIME調べ

バスなら龍神バス熊野本宮線・道の駅奥熊野行で「峠」もしくは「熊本高校前」バス停まで乗車し、下車後はどちらのバス停でも徒歩約30分ほどになります。

  • 「峠」バス停までは所要時間11分・運賃300円、下車後は徒歩約30分
  • 「熊本高校前」バス停までは所要時間16分、運賃440円、下車後は徒歩約30分

ただしバスは1日に4本しか出ていないので、タクシー利用が現実的です。

JR白浜駅から

JR白浜駅からはバスが出ていないため、アクセスはタクシーになります。

タクシーなら所要時間約13分、運賃2,350円です。
※所要時間・運賃は目安でNAVITIME調べ

JR朝来駅

実は、あじさい曼荼羅園の最寄り駅はJR「朝来駅(あっそえき)」です。

しかし、電車は2時間に1本。駅からあじさい曼荼羅園まで、徒歩約40分かかるため不便です。

朝来駅を利用する場合、事前に時間を確認し、余裕を持って行動しましょう。

車・駐車場情報

車であじさい曼荼羅園へ行く場合、紀勢道「上富田IC」が最寄りのIC。上富田ICからあじさい曼荼羅園までは、約5分です。

また、あじさい曼荼羅園には、合計500台収容の無料駐車場があります。

リョウタ
リョウタ
あじさい曼荼羅園開園期間中は、入園料のみ必要です

あじさい曼荼羅園は山頂付近にあり、駐車場から行く場合は途中に坂道・階段などがあるため、注意が必要です。

バリアフリーではなく、足が悪い・車椅子・ベビーカーといった方は、入園が困難な場合があります。




あじさい曼荼羅園の写真

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

TRIPROUD(@triproud_travel)がシェアした投稿

 
 
 
View this post on Instagram

syouchan.wさん(@syouchan.w)がシェアした投稿

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

ⓜⓐⓢⓐⓜⓘ◡̈*さん(@masami328)がシェアした投稿

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

shiro zaituさん(@zaitu0618)がシェアした投稿

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

shiro zaituさん(@zaitu0618)がシェアした投稿

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

kukkaさん(@keltainenkukka)がシェアした投稿





まとめ|あじさい曼荼羅園はいいぞ

関西・和歌山のおすすめ紫陽花(あじさい)園「あじさい曼荼羅園」

ということで和歌山のあじさい園「あじさい曼荼羅園」を紹介しました。

他の同程度規模のあじさい園と比べると、空いている方だと思います。さすがに休日やイベント日は混雑しますが、1万株規模のあじさい園でゆったり見たいなら「あじさい曼荼羅園」はおすすめです。

あじさい祭りではご住職と六地蔵をめぐる催しも実施されるので、タイミングが合う方は行ってみるといいですよ(*^^*)

他にも関西でおすすめのアジサイ園を以下の記事にて紹介していますので、あわせて読んでいただけると嬉しいです(・∀・)

http://ryotawada.com/?p=21

そんな感じで終わりです。
読んでいただき、
ありがとうございました(*’ω’*)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA