カメラのレンタル

【徹底比較】カメラ・レンズのおすすめサブスク5選|メリット・デメリットも解説

「カメラを始めたいけど、続けるかわからない」
「最新の機材を使ってみたい」

という方におすすめなのがカメラ機材のサブスクリプションサービス。カメラやレンズなどのカメラ機材を定額で一定期間レンタルできます。

この記事ではカメラ機材をお得にレンタルできるサブスクサービスについて

  • サブスクを使うメリット・デメリット
  • サブスクサービスの比較
  • おすすめのサブスクランキング

を紹介します。カメラ・レンズのサブスクに興味がある方はぜひご覧ください。

先に最もおすすめのサブスクをお伝えしておくと、CAMERA RENT(カメラレント)」です

月額制サブスクサービスで、価格の安さや補償の手厚さ、補償の手厚さが魅力。迷ったらカメラレントを選んでおくと間違いはありません。

  • 最も安いサブスク
  • 385円/月で過失ありの傷・汚れも補償対象
  • 利用料金の5%をポイント還元
所有しているかのように利用できるカメラのサブスク

カメラ・レンズのサブスクとは

カメラ・レンズのサブスクリプションサービス

サブスクとは、「サブスクリプション」略語。サブスクリプションは、定期購読や継続購入を意味しており、商品なサービスを購入するのではなく、一定期間利用できる権利にお金を支払う仕組みです。

カメラやレンズのサブスクでは、定期的に一定額を支払うことで、一定期間機材をレンタルできます

例えば、カメラレントというサブスクでは、月3,850円を支払うことで、ブロンズランクのCanonのミラーレス一眼カメラ「EOS M100」のダブルズームキットなどを1ヶ月間レンタル可能です。

期間や金額については、サービスによって異なりますが、月額制が多い傾向にあります。

カメラ・レンズのサブスクのメリット・デメリット

カメラ・レンズのサブスクにはメリット・デメリットがあるので、きちんと把握した上で、利用するのがおすすめです。

メリット・デメリットは以下のとおり。

メリット
デメリット
  • 短期レンタルよりお得
  • ゆっくりお試しできる
  • 初期費用を抑えられる
  • 使用したい機材がすぐにレンタルできない場合がある
  • 長期間使用していると購入した方が安くなる
  • レンタルしなくても料金が発生するサービスがある

以下にて、それぞれ詳しく解説します。

カメラ・レンズのサブスクのメリット

カメラ・レンズのサブスクを利用するメリットは以下のとおりです。

それぞれ詳しく解説します。

短期レンタルよりお得

カメラやレンズのレンタルは短期レンタルと比べて、長期のレンタルの方がお得です。

月額制などの長期レンタル用に設定されている料金は、3泊や4泊などの短期レンタルの料金と比べても、それほど差がありません。

たとえばタムロンのソニーEマウント用標準ズームレンズ「28-75mm F/2.8 Di III RXD (Model A036)」をR社で3泊4日レンタルしようとすると9,980円必要です。

ですが、月額制サブスクのカメラレントなら7,150円でレンタルできます

3泊4日のレンタルよりも1ヶ月レンタルのほうが2,830円お得です。

このように短期レンタルより月額制でレンタルするほうが安いこともあります

短期レンタルより安くならなくても大きく価格差はありません。価格差がないなら、サブスクでレンタルするほうがレンタル期間が長く、焦って返却する必要もないのでおすすめです。

ゆっくり試せる

サブスクなら1ヶ月などの長期間利用できるので、ゆっくりとカメラやレンズを試せます

2泊3日や3泊4日などだと、機材に慣れる前に返却しないといけないため、特に初心者は十分に検討できません。

その点、月額制などの長期レンタルでは、何度も機材を試せます。週末だけ使うとしても、8日間以上は使用できるため、機材が自分に合うかどうか試すには十分。

晴れの日や雨の日、朝昼晩など、さまざまな天候や時間帯で試すこともできるため、購入前のお試しに最適です。

初期費用を抑えられる

サブスクを利用すると、カメラやレンズを購入する際の初期費用を抑えられます。

一眼レフやミラーレス一眼といったカメラを買おうと思うと、ある程度まとまった初期費用が必要です。

たとえばタムロンのソニーEマウント用標準ズームレンズ「28-75mm F/2.8 Di III RXD (Model A036)」を購入しようとすると、価格ドットコムの最安価格で10万7,728円(23/12/12時点)かかります。

ですが、カメラレントだと7,150円で1ヶ月レンタル可能です。もしレンズが自分に合わなくても、7,150円で済むので、損を小さく抑えられます。

カメラ・レンズのサブスクのデメリット

サブスクのデメリットは以下のとおりです。

それぞれ詳しく解説します。

使用したい機材がすぐにレンタルできない場合がある

サブスクでは使いたい機材をすぐにレンタルできない場合があります

できない理由は以下のような理由です。

  • サブスク側がレンタルしたい機材を取り扱っていない
  • 他の利用者がレンタルして在庫が切れてしまったりしている

取り扱っていない場合はサブスク側に機材をリクエストして、取り扱われるように願うしかありません。

在庫切れの場合は予約しておくのがおすすめです。サブスクはレンタル予約を受け付けていることが多く、予約しておくとレンタル可能になったら案内が来ます。

ただし案内が来るのは予約してから1ヶ月間のみなど、期間が設定されていることがあるため、ご注意ください。

長期間使用していると購入したほうが安くなる

サブスクは初期費用を抑えるのに役立ちますが、同じ機材を長期間レンタルしていると、結局購入したほうが安くなってくるため、注意が必要です。

たとえばソニーのミラーレス一眼カメラ「α7Ⅲ」だと

  • 価格ドットコムの最安値で約22万円
  • カメラレントでレンタルすると月額1万3,750円

かかります。

単純計算で16ヶ月レンタルすると購入金額と同額になります。

1つの機材を長く使うタイプの方は、レンタルでお試ししたら、早めに購入するのがおすすめです。

一方、新しい機材を次々に買い替えるタイプの方はサブスクが有力な選択肢。メンテナンスもサブスク側でやってくれるため、気軽に機材を所有できます。

レンタルしなくても料金が発生するサービスもある

カメラのサブスクの中には、機材を返却してレンタルしていない間にも料金が発生するサービスもあります

料金が発生するサービスでも、会員資格の休止・停止申請をすれば、退会しなくても料金の発生を止められるところがほとんどです。

しかし、申請を忘れてしまうと、使っていない間にも料金が発生してしまいます。

申請を忘れる不安がある方は、カメラレントがおすすめです。カメラレントは返却すると自動的に無料会員へ移行するので、余分な料金は発生しません。

サブスク貧乏になりがちな方で、カメラのサブスクを利用したい方は、カメラレントがおすすめです。

カメラ・レンズのサブスクで最安値!

関連記事:カメラのサブスク「カメラレント」の評判口コミは?料金や審査なども徹底解説

カメラ・レンズのサブスク5社を比較

カメラ機材のサブスクで、長期レンタル可能なプランが用意されているサービスは以下の5つです。

  • CAMERA RENT(カメラレント)
  • GOOPASS(グーパス)
  • Cam’Lens(カメレン)
  • Rentio(レンティオ)
  • モノカリ

これらを価格や品揃え、補償制度、サービス面で比較していきます。

比較表

サービスカメラ機材
の品揃え
料金
※α7Ⅲの場合
送料最短
レンタル期間
保険料保証内容身分証明書
の提出
公式サイト
Camera Rentカメラレント1,227件月額1万3,750円無料
※返送は有料
1ヶ月月額385円
※未加入でも過失なしは全額保証
過失あり:全額保証
※有償保証加入時
あり公式サイトを見る
GOOPASSGOOPASS2,012件月額1万9,580円梱包料1配送1,650円
※月1回無料チケット付与
1ヶ月無料過失なし:全額保証
過失あり:上限5,000円
あり
※プランによる
公式サイトを見る
カメレンCam’Lens243件月額1万5,600円無料1週間~
※商品により異なる
レンタル料金の5%
※一部製品は8%
※未加入でも過失なしは全額保証
過失あり:上限2,000円
※安心保証加入時
あり公式サイトを見る
Rentio(レンティオ)
Rentio
1,157件月額2万2,000円無料3ヶ月
※長期レンタルの場合
無料過失なし:全額保証
過失あり:上限2,000円
なし公式サイトを見る
モノカリモノカリ445件長期レンタルなし
(3日間2万800円)
無料無料過失なし:全額保証
過失あり:上限2,000円
あり公式サイトを見る

価格で比較|カメラレントが最安

価格で比較した場合、カメラレントが最安のサービスです。

ソニーの人気フルサイズミラーレス一眼カメラ「α7Ⅲ」で比較してみます。

カメラレント1万3,750円
GOOPASS1万9,580円
カメレン1万6,700円
レンティオ2万2,000円
(最低3ヶ月レンタル)
モノカリ長期レンタルなし
(3日間2万800円)

上記のとおり、α7Ⅲで比較すると、カメラレントが最安です。機材によって多少変動する場合がありますが、ほとんどの場合でカメラレントが最も安くなります。

機材以外の返送料や有料補償サービス料などを含めても、カメラレントが安くなるので、価格重視なら、カメラレントを選ぶのがおすすめです。

カメラ・レンズのサブスクで最安値!

関連記事:カメラのサブスク「カメラレント」の評判口コミは?料金や審査なども徹底解説

品揃えで比較|GOOPASSが最多

カメラ・レンズなど、カメラ機材の品揃えはGOOPASSが最多。1,500種類以上の機種を取り扱っており、フラグシップ機も入れ替え放題です。

一眼レフカメラやミラーレス一眼カメラ、交換用レンズはもちろん、GoProや三脚、ドローンなどなど、さまざまなカメラ機材をレンタルできます。

豊富な機材の中から自由に選びたい方は、GOOPASSを選ぶのがおすすめです。

カメラ・レンズを入れ替え放題!

関連記事:カメラのサブスク「GOOPASS(グーパス)」の評判口コミは?使い方や解約方法も解説

補償制度で比較|カメラレントが手厚い

補償制度は、カメラレントが手厚くなっています

カメラレントの補償は、無料付帯の補償と有料補償サービスの2つ用意されていることが特徴です。

無料付帯の補償でも、過失のない傷・汚れの場合は全額補償。ですが、過失ありの場合は、実費負担が必要です。

そこで、月額385円の有料補償サービスに加入していると、過失ありの傷・汚れでも補償の対象となります。

385円で過失ありの傷・汚れであっても補償の対象となるのはカメラレントだけ。月額料金もわずかなので、加入しておくのがおすすめです。

保険料を支払いたくない場合は、「レンティオ」か「モノカリ」がいいでしょう。どちらも修理費用が上限2,000円までに設定されているため、大きな負担はありません。

なお、どのサブスクも修理不可の場合や紛失・盗難の場合は、実費請求となるので、注意してご利用ください。

カメラ・レンズのサブスクで最安値!

関連記事:カメラのサブスク「カメラレント」の評判口コミは?料金や審査なども徹底解説

サービスで比較|GOOPASSが充実

サービス内容ではGOOPASSが充実しています

GOOPASSは契約中のRank以下の商品であれば、自由に入れ替え可能。他のサービスはサブスクといいつつ、他の機材と自由に入れ替えできません。

他の機材をレンタルしたい場合は、レンタルして1ヶ月経過するのを待って入れ替えるか、追加で契約する必要があります。

その点、GOOPASSなら梱包料の無料チケットがあれば、無料で入れ替え可能。柔軟に入れ替えできるため、さまざまな機材を試したい方に便利です。

また、GOOPASSでは、1Weekレンタルも魅力

1Weekレンタルは、1週間だけ契約したRankの2つ上までの機材をレンタルできる制度です。1週間という短期間にはなりますが、ハイランクの機材を格安でレンタルできます。

このように、GOOPASSでは他のサブスクにはないサービスが充実しています。サービス内容を重視するなら、GOOPASSを利用するのがおすすめです。

カメラ・レンズを入れ替え放題!

関連記事:カメラのサブスク「GOOPASS(グーパス)」の評判口コミは?使い方や解約方法も解説

カメラ・レンズのサブスクおすすめ5選

カメラ・レンズのサブスクをおすすめ順に紹介します。

1.CAMERA RENT(カメラレント)|価格と補償が◯

CAMERA RENT(カメラレント)では1,227点(5月10日時点)もの商品の中から、料金プランに応じた種類のカメラやレンズといった撮影機材をレンタルできます。

料金プランは以下の6つ。

ブロンズプラン 3,850円/月(税込)
シルバープラン 7,150円/月(税込)
ゴールドプラン 1万450円/月(税込)
プラチナプラン 1万3,750円/月(税込)
ダイヤモンドプラン 1万9,250円/月(税込)
ハイエンドプラン 2万6,950円/月(税込)

カメラレントの最大の魅力は価格の安さです。

2~3泊の短期レンタルの場合なら、カメラレントより安くなるサービスもあります。ですが、もう少し長い期間レンタルするなら、カメラレントが最安値の場合がほとんど

機材によっては短期レンタルと比べてもカメラレントの方が安くなることもあるため、迷ったらカメラレントを選んでおくと間違いありません。

さらにカメラレントではポイント制度があり、レンタル料金に対して5%のポイントが付与されます。ポイントは支払いに使用できるため、実質5%引きです。

また、有償補償制度が設けられているのも特徴

補償未加入でレンタル商品に傷や汚れをつけてしまったら、

  • 通常使用の範囲内:全額補償
  • 通常使用の範囲外:修理代負担

という形です。

しかし、1商品あたり月額385円(税込)の有料補償に加入すると、通常使用の範囲外でも修理代の負担は不要になります。

長期間レンタルしていると、万が一のことが起こる可能性は出てきます。

ですが有償保証に加入しておくと、高額になりがちな修理代も負担する必要がないため、安心してレンタル可能です。

カメラ・レンズのサブスクで最安値!

関連記事:カメラのサブスク「カメラレント」の評判口コミは?料金や審査なども徹底解説

2.GOOPASS(グーパス)|柔軟に機材を入れ替えられる

GOOPASS(グーパス)トップページ

「GOOPASS(グーパス)」は2,012点(5月10日時点)という圧倒的な品揃えが特徴です。最新のカメラやレンズも気軽にレンタルできます。

オリジナルのレンズキットも多数用意されているのもメリット。サードパーティ製レンズとの組み合わせも多数あり、カメラとレンズを別々でレンタルするよりもお得な価格でレンタルできます。

レンタルできる機材は、以下の料金プランに応じて異なります。

パス 月額料金(税込) 利用可能な機材のRank
Lv1パス 6,380円 Rank1のみ
Lv2パス 1万780円 Rank1~2
Lv3パス 1万5,180円 Rank1~3
Lv4パス 1万9,580円 Rank1~4
Lv5パス 2万6,180円 Rank1~5
Lv6パス 3万2,780円 Rank1~6
Lv7パス 4万3,780円 Rank1~7
Lv8パス 5万4,780円 Rank1~8
Lv9パス 8万7,780円 Rank1~9
Lv10パス 10万9,780円 Rank1~10

どのパスも月額料金制で、利用可能な機材であれば交換し放題

たとえば、Lv1パスを月に3回交換すれば、合計20万円近くの機材をレンタルすることも可能です。パスを増やせば、1度にレンタルできる機材も増やせます。

また、「1Weekレンタル」という制度も魅力です。

1Weekレンタルは、自分のパスから最大2Rank上の機材を1週間レンタルできるオプションサービスです。

たとえば、Lv3パスならLv5の機材を1週間レンタル可能。ほとんどのレンズを選べます。

使えるのは月1回のみですが、かなりお得に使えるオプションサービスです。

品揃え重視、柔軟に機材を入れ替えたい、中上級者には、GOOPASSをおすすめします

カメラ・レンズを入れ替え放題!

関連記事:カメラのサブスク「GOOPASS(グーパス)」の評判口コミは?使い方や解約方法も解説

3.Cam’Lens (カメレン)|1週間・1ヶ月・半年間でレンタル可能

Cam’Lens(カメレン)はカメラやレンズを月・半月・週単位の期間でレンタルできるサービス。

「月単位では長すぎるけど、3泊4日では短すぎる」という方にぴったりです。

たとえばソニーのミラーレス一眼カメラ「α7Ⅲ」の料金表は以下のとおり。

1週間から 11,400円
半月から 13,300円
1ヶ月から 15,600円

ただし1週間でレンタルすると1週間単位で料金がかかります。1週間でレンタルしたけど、結局1ヶ月レンタルした場合、1週間×4~5の料金が必要ですのでご注意ください。

また商品によって選べるレンタル期間が異なります。週単位のレンタルができない場合もあるで、レンタル時にご確認ください。

月・半月・週単位でレンタル期間を選べる

4.Rentio(レンティオ)|カメラ機材以外の品揃えが豊富

Rentio(レンティオ)トップページ

Rentio(レンティオ)でも、月額レンタルプランが用意されており、カメラを長期間お得にレンタルすることが可能です。

ただし、最低レンタル期間が設定されていることが難点。例えば、最低レンタル期間が3ヶ月のカメラなら、必要なのは1ヶ月でも3ヶ月はレンタルする必要があります。

そのため、いくら月額が安くても、必要以上に費用がかかってしまうことがあるため、注意が必要です。

なお、レンティオはカメラ機材以外にも、さまざまな商品をレンタルしていることがメリットです。

ルンバやオーブンレンジといった家電、キャンプ・アウトドア用品、寝具などもレンタル可能です。

>>レンティオでレンタルする

5.モノカリ|東京なら当日からレンタル可能

モノカリトップページ

モノカリでも、1ヶ月の長期レンタルが可能です。

しかし、短期レンタルしかできないものも多いため、長期レンタルを考えている方には向かないかもしれません。

ただし、モノカリは東京に店舗があり、当日レンタルが可能です。

急ぎで機材をレンタルしたい場合は、モノカリも検討してみてください。

>>モノカリでレンタルする

なお、急ぎでレンタルしたい場合は、APEXレンタルもおすすめです。

APEXレンタルでも、長期レンタル用の料金などはありませんが、店舗で最短当日からレンタルが可能。しかも、東京・大阪・名古屋に店舗を構えています

以下の記事にて、APEXレンタルを詳しく紹介していますので、興味がある方は、ぜひご覧ください。

東京・大阪・愛知で当日レンタル可能!

関連記事:カメラ・レンズのレンタルサービス「APEXレンタル」の評判は?実際に使って検証!

まとめ|カメラのサブスクはいいぞ

カメラ機材のサブスクサービスについて紹介しました。

カメラやレンズは高額のため、気軽に購入できません。

ですがサブスクを利用すれば、大きな費用がかからずカメラやレンズをレンタルできるので、

  • カメラを始めたいけど、続けるかわからない
  • 最新の機材を試したい

という方におすすめです。

お試しじゃなくても、「花火大会の期間だけいいレンズで撮影したい」といった一定期間だけの利用にも便利なので、ぜひカメラのサブスクでカメラライフを楽しんでください。

カメラのサブスクサービスはいくつも展開されていますが、最もおすすめなのがカメラレントです。最も安くて補償も手厚いので、迷ったらカメラレントにしておくと間違いありません。

  • 最も安いサブスク
  • 385円/月で過失ありも補償対象
  • 利用料金の5%をポイント還元
所有しているかのように利用できるカメラのサブスク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA