関西から行く絶景一覧

【2022】三重でおすすめの梅の名所「結城神社」|見頃や開花情報、アクセスなどを紹介!

三重県のしだれ梅の名所「鈴鹿の森庭園」

この記事では、三重の梅の名所「結城神社」についてご紹介します。

結城神社は三重県津市にある神社で、しだれ梅の名所として有名です。見頃には多くの参拝客が観梅に訪れています。

この記事では結城神社の梅の見頃や開花情報、結城神社へのアクセスなどを紹介していきます。「結城神社のしだれ梅をよく知らない」という方はぜひ参考にしてください。

見頃はいつ?結城神社の梅情報

結城神社の梅
  • 見頃情報:2月中旬~3月中旬
  • 開花情報:観光三重花カレンダー、Twitter検索(結城神社 梅)
  • 規模:約300本
  • 種類:しだれ梅など
  • 梅まつり:2月中旬~3月中旬
    ※2022年2月11日~3月中旬

結城神社では、境内の神苑に約300本のしだれ梅に加え、10種80本の梅の木が植えられています。

例年早咲きの梅が1月下旬より開花。2月中旬頃から見頃を迎え、3月中旬ごろまで梅を楽しめます。結城神社の梅の木の大半を占めるしだれ梅は例年3月上旬ごろが見頃です。

神苑が開園する「梅まつり」は例年2月中旬~3月中旬に開催。神苑への入苑には大人500円、子ども200円が必要です。

神苑はめちゃめちゃ広いというわけではありませんが、敷地内にしだれ梅などが高密度で植えられており、満開時はとても華やか。

神苑内にはベンチが点在しているので、疲れたら休憩しながら、観梅を楽しめます。

結城神社のしだれ梅とメジロ

また、結城神社はメジロがたくさんいることでも知られており、梅とメジロの通称「ウメジロー」を撮影しようと多くのカメラマンも訪れています。

ウメジローを撮影したい方にもおすすめです。

住所 三重県津市藤方2341(地図)
TEL 059-228-4806
時間 9時~16時
休日 無休
料金 大人500円、子ども200円
公式サイト 津市観光協会公式サイト レッ津ゴー旅ガイド

結城神社の写真

結城神社へのアクセス・駐車場情報

アクセス JR・近鉄津駅よりバスにて「結城神社前」まで乗車
駐車場 約200台・無料

地図

公共交通機関|津駅よりバスにてアクセス

公共交通機関でアクセスするなら、JR・近鉄「津駅」からバスを利用しましょう。

「米津」「天白(三雲町役場)」「サンバレー」行きバスに乗車し、「結城神社前」で下車。徒歩約3分で到着です。

車・駐車場

結城神社の駐車場

車でアクセスする場合、伊勢自動車道「津IC」から東へ約15分となります。

結城神社の駐車場は200台分用意されており、駐車料金は無料です。

梅が満開期の休日には混雑しやすいため、公共交通機関を利用するのをおすすめします。

まとめ|結城神社のしだれ梅はいいぞ

以上、結城神社の梅について紹介しました。

結城神社の梅は2月中旬~3月中旬が見頃。中でもメインのしだれ梅は3月上旬に見頃を迎えます。

三重県には鈴鹿の森庭園や、いなべ市農業公園 梅林など、梅の名所が豊富なので、あわせて訪れてみるのもおすすめです。

以下の記事では、関西でおすすめの梅の名所をまとめているので、ぜひあわせてご覧ください。

以上になります!
読んでいただき、
ありがとうございました(*’ω’*)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA